新年一発目の記事は何にしよう?と考えまして。大好きな作家さんの感想から始めよう!と思い探していたら・・・えっ?書いてなかった?と驚いたこちら。『NithtS』『或る夜』。大好きだ大好きだと言いながら書いてない作品てどのくらいあるんでしょうか。

こちらはヨネダコウさんの作品の中でも重くなく、どちらかというとキュン萌え作品だと思います。ヨネダコウさんの作品読みたいけど重いのは読むの怖いと言う人はこちらの2作品を読むことをおススメします!

NitgtSの中には『リプライ』とう作品が入っているのですがこれがまたすっごく面白いです。BLならではの葛藤や切なさ、そしてあま~い蜜月が収録されていますよ(o^―^o)お気に入りのコミックスですので今更?と思われる方が大多数でしょうが・・・書き残しておきたいと思います♪

あっ、言い忘れました。改めて新年あけましておめでとうございます!こちらも無事に新年迎えました!そして旅行から帰宅しました。頑張って記事を書いていこうと思いますので、これからもお付き合いいただけると嬉しいです。

謹賀新年!これからもどうぞよろしくお願い致します。BLメモリー


NightS & ある夜のコミックス情報&評価


  NightS

NightSの二人の続きはこちら 

或る夜‐NightS‐<電子限定> 
評価項目評価・★
絵柄★★★★★
ストーリー★★★★★
エロ★★★☆☆
独自性★★★★★

5 大好き!



内容紹介


「今一瞬、アンタにむしゃぶりつきたくなった」運び屋の唐島は、どこか秘密めいていて色気のあるヤクザ・穂積の仕事を引き受ける。惚れて、探って、騙して、裏切られ……はぐらかされた本心はいつも見えないまま。黒社会の駆け引きと大人の恋の心理戦は、やがて息を呑む圧巻のラストへ――。他、笑わない営業マンと整備士それぞれの視点で紡がれる「リプライ」、男子高校生の恋の始まりを爽やかに描いた「感情スペクトル」。男と男の感情を精緻に描いた傑作集。



NightS & 或る夜の感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください


» 記事の続きを読む