【追憶】憎しみが愛に、興味から愛へ・・・いろいろな感情が混ざり合ったストーリー展開は面白かった!


私、こういう絵柄が好きなんですよね。ちょっと青年誌?のような感じの絵柄。
ちょっと昭和チックな感じ。古い時代背景にそして細かく書き込まれた背景。
すごく丁寧に描かれているなぁと思ってサンプルを見てこれは読んでみよう!と読んでみた作品。

小山田あみさんの作品を読むのは初めて。
と言ってもたぶんこれがコミックスとして出ているのでは初めて!?なのかな?
挿絵はよく描かれているようです。とてもきれいな絵ですよね。

コミックの中身はというと・・・絵柄は文句なしの魅力でしたね!
ストーリーはシリアスな展開でsしたがもう少し何かひねりがあったほうがより面白かっただろうなと思ったけれど
絵柄とストーリーがマッチしているなと思った作家さんだったので感想を書くことに。


追憶
<作品内容>
“変人”の異名を持つ官能小説家・霧村の担当となった森山。自堕落な生活を送る霧村に振り回される森山だったが、作家の亡父と彼の編集者の話をした途端、霧村の態度が急変する。荒々しく森山を抱く霧村……彼の瞳に宿る哀しみの意味は……? 陸上部の幼なじみラブ「スタートライン」も同時収録!

絵柄 ★★★★☆
ストーリー ★★★☆☆
エロ ★★★☆☆(エロはあるけれど、あっさりとした感じ)

もう少し欲をいえば絵柄がすごくいいのでもう少しエロがいろっぽかったら文句なし~!(n*´ω`*n)
ちょっと絵柄的にもかたい感じなので、エロがあるけれどエロさにちょっと物足りなさがあるのかも。






» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None