ひだまりが聴こえる―リミット―のカテゴリ記事一覧

BL本の感想をおもに書いています。日高ショーコさん、夏目イサクさん・ウノハナさん・ヨネダコウさん・座裏屋蘭丸さん・束原さきさん・文乃ゆきさん・エンゾウさん・スカーレット・ベリ子さん・志水ゆきさんなど大好きな作家さんを中心に書いています。ブログ内の画像及びテキストの無断転載固く禁じます。

  • ホーム
  • »
  • ひだまりが聴こえる―リミット―

カテゴリ:ひだまりが聴こえる―リミット―

ひだまりが聴こえる―リミット―のカテゴリ記事一覧。BL本の感想をおもに書いています。日高ショーコさん、夏目イサクさん・ウノハナさん・ヨネダコウさん・座裏屋蘭丸さん・束原さきさん・文乃ゆきさん・エンゾウさん・スカーレット・ベリ子さん・志水ゆきさんなど大好きな作家さんを中心に書いています。ブログ内の画像及びテキストの無断転載固く禁じます。

2016-12-25 ひだまりが聴こえる―リミット―
文乃ゆき先生のひだまりが聴こえる続編第2話。まだBL色は少ないものの・・・アンソロジーCanna掲載分の感想です。今回は珍しく巻末掲載でしたね。引き続き太一と千葉さんのやり取りからのストーリーでした。残念ながら航平の登場はなかったものの・・・太一がしっかりと航平のことを思い出しているシーンがあってちょっとキュンとなってしまいました。あと、電子配信が始まったCanna Vol.50!記念号でとっても豪華です!終わってし...

記事を読む

2016-10-26 ひだまりが聴こえる―リミット―
Canna Vol.50より続編スタート!リミットというサブタイトルが気になって仕方がない。始まりましたね!!!楽しみ半分、不安半分の続編です。そして不安が大きくなった要素としてこの「リミット」というサブタイトル。「限界」や「限度」そして「境界」「区域」など・・・限界と捉えればなんだかネガティヴな感じになっちゃうのですが、境界や区域となるとまた別の捉え方もできるのかな?と・・・どんなストーリーになっていくのか...

記事を読む

ひだまりが聴こえる-リミット-第2話 Canna Vol.51掲載分感想。(ネタバレ注意)-文乃ゆき

文乃ゆき先生のひだまりが聴こえる続編第2話。まだBL色は少ないものの・・・


アンソロジーCanna掲載分の感想です。今回は珍しく巻末掲載でしたね。引き続き太一と千葉さんのやり取りからのストーリーでした。残念ながら航平の登場はなかったものの・・・太一がしっかりと航平のことを思い出しているシーンがあってちょっとキュンとなってしまいました。

あと、電子配信が始まったCanna Vol.50!記念号でとっても豪華です!
終わってしまった作品の番外編なども多数ですので、気になる人は是非チェックしてみてください。



ラインナップ

会川フゥ「虎次さんのことが好きなんですが」番外編
青井秋「百草の裏庭」第二話
青山十三「もぬけの朝」
糸井のぞ「グレーとブルーのあいまで」番外編
伊藤倭人「遊星の恋人」番外編
原作:犬時、漫画:笑平「勇者IN魔王んち」番外編
井上ナヲ「君のとなり空いてますか?」番外編
上田アキ「来たる晴れかけの明日よ」番外編
ウノハナ「石橋防衛隊(個人)」最終回最終回の記事はこちら
絵津鼓「SUPER NATURAL JAM 」04
カサイウカ「両想いなんて冗談じゃない!!~素知らぬふりして24時~」
桂小町「花と純潔」番外編
琥狗ハヤテ「Marchen」番外編
久間よよよ「さびのゆめ」(‥)
黒岩チハヤ「恋と呼ぶには早すぎる」第2話
黒岩チハヤ「ひとつ屋根の下のケダモノ&孤独な鷹は人恋しくて」番外編
小嶋ララ子「君とパレード」番外編
小松「うつくしいたましい」第2話
里つばめ「FILES」#002
笑平「ダッチの胃は宇宙」4回目
高津「おかえりオーレオール」03
夏目くも「この世のふたり」番外編
ハジ「Red Hood」04
はらだ「にいちゃん」4話目
文乃ゆき「ひだまりが聴こえる -リミット-」第1話
陵くみこ「兎洞くんと狩野くん」番外編
陵くみこ「兎洞くんと狩野くん」6
三田織「山田と少年」番外編
宮城とおこ「忘れる男」第5話
芽玖いろは「Clothed」
元ハルヒラ「虎穴ダイニング」その16
文善やよひ「鴆」番外編
ymz「さよなら、ヘロン」番外編
雪路凹子「背後にメガネ」番外編
ゆくえ萌葱「乙女心に恋心」番外編

Canna Vol.50の感想はこちらに記載しています。➡ちょこっと感想。



50号はかなり買いの号かと思います。今後この番外編が収録されるかもわかりませんので、気になる作品がもしあったらぜひ!個人的には、カサイウカ「両想いなんて冗談じゃない!!~素知らぬふりして24時~」の二人にすごく萌えました!ショートなのにぐっときてこれを読んで過去の本編が読みたくなったくらいです(o^―^o)

ではでは、ひだまりが聴こえる-リミット-第2話の感想は別ブログに記載しています。ネタバレ盛大につき、ネタバレオッケーという人のみお進みくださいませ。




ネタバレは少しでいいと言う方のために・・・ちょこっと感想を。

千葉さんの考え方には個人的には大賛成。千葉さんだからこそそのように考えるのだなぁというのがわかった第2話。それに千葉さんは太一が嫌いで厳しいのではなくって、本当に聴覚障害を持つ人の負担を少しでも軽くできるように今は厳しくしているのだとわかりました。

太一は太一で・・・バッと怒ったけれど千葉さんの気持ちを天童さんに教えてもらい、自分はそこまで考えていなかったと反省。

そして・・・あるアクシデントがあってその時に航平を思い浮かべるところでキュンとなりました。どんな関係か!?と考える太一ですが、彼の中では確実に「トモダチではない」と思っているのがわかってとても嬉しかったです(n*´ω`*n)

まだまだ雰囲気的に二人の雲行きが怪しいの!?と思うような描写があるのですが・・・・二人には手を取り合って乗り越えて行ってほしいなと思います。

という簡単ですいません。

個人的には早く航平と太一の絡み(エロじゃないですヨ)が欲しいなぁ~。。。。航平大好きなので航平が出ている回がやっぱり好きです。

文乃ゆき『ひだまりが聴こえる―リミット―』新章第1話の感想。

Canna Vol.50より続編スタート!リミットというサブタイトルが気になって仕方がない。


始まりましたね!!!楽しみ半分、不安半分の続編です。そして不安が大きくなった要素としてこの「リミット」というサブタイトル。「限界」や「限度」そして「境界」「区域」など・・・限界と捉えればなんだかネガティヴな感じになっちゃうのですが、境界や区域となるとまた別の捉え方もできるのかな?と・・・どんなストーリーになっていくのかドキドキです。

ひだまりが聴こえる/シリーズの感想






ひだまりが聴こえる―リミット―第1話の掲載誌情報


オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.50オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.50
プランタン出版 (2016/10/22)

電子

 


ひだまりが聴こえる―リミット―新章第1話の感想は以下より。ネタバレ盛大です。


まだコミックスになっていないシリーズ最新話の感想です。コミックス派の方、ネタバレ不要な方はご注意ください。

» 記事の続きを読む

スポンサーリンク
Copyright © BLメモリー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます