お前は骨になっても美しい。純粋か歪みか・・・・色々な愛し方。


いやぁ難しい。一読しただけではなかなか天羽の気持ちがストンと入ってこなくて、何度も何度も読み返してしまいました。純粋なのか何なのか。彼にとってはジョゼは『神』。そんな彼への愛や愛し方が描かれていましたね。

二人にしかわからない空間や世界があって、それでもすれ違って・・・。本当はずっとお互いを好きなのだけれどうまく口にすることも出来ず気持ちを試すような事をしたり。とにかく天羽が純粋なようで歪んでいるのか!?と思えるような作品でした。

コミックス情報&評価


渾名をくれ 新井煮干し子
祥伝社 (onBLUE comics)/2016年8月25日
評価項目評価・★
絵柄★★★☆☆
ストーリー★★★★☆
エロ★★☆☆☆
独自性★★★★★


4 満足度


内容紹介


「ジョゼはおれの神様だった。」
愛されるより愛したい絵描き×対等に愛し合いたいモデル。
超純粋ラブストーリー。

愛で溢れているのに、すれ違うのはなぜだ。
有名イラストレーター・天羽(あもう)と超人気モデルのジョゼは同居中。天羽は美しいジョゼを愛し、ジョゼが他の男と寝ても、帰らない日が続いても、召使いのように従順に受け入れる。「愛されるより愛したい」。それが天羽という男だった。
しかし、ジョゼの恋心が自分に向かっていることを知り、天羽の心中は――。

愛されることを望まない絵描きと、対等な恋人になりたいスーパーモデルの純粋すぎるラブストーリー。
「おまえを独占するなんて、どんなに望んでも叶わないと思ってた――」


渾名をくれ/感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。


» 記事の続きを読む