堕ちた人生にさす光。本当はもう一度信じたい・・・・。


キタハラリイさんの作品です。けっこう暗かったですが、攻くんの一途さにキュンとなった作品です。個人的にはジェラテリアスーパーノヴァのほうが作品としては好きかな?と思ったのですが・・・こちらはちょっとアダルトな感じ。
元AV男優のフリーターと、ひとまわりも違う大学生くんとの純愛系ストーリーです。純愛系なのですが取り巻く環境はわりとダーク。というのもやはり元AV男優とあるのですが、このAV男優になったことも切ないしその後も切ない。

だけれど、大学生くんと出会ったことで諦めてたものからまた向き合おうとするのは良かったと思います。

コミックス情報&評価


はきだめと鶴【電子限定漫画付き】 
キタハラリイ/竹書房 (2016/10/17)Qpaコレクション
評価項目評価・★
絵柄★★★★☆
ストーリー★★★★☆
エロ★★★☆☆
独自性★★★★☆


4 満足度


内容紹介


映画館でバイトとして働く、元AV男優の澄川螢、35歳、フリーター。澄んだ川に蛍だなんてうすら寒い冗談の様な名前に、“綺麗”なんて言葉とは相容れない至極どうしようもなく堕ちた人生。

毎週日曜日のレイトショー、螢の働く映画館にやって来ては螢のことを「ほたるさん」と呼びやたらと懐いてくる一回りも年下の男・岡崎準太に“綺麗”だの“一目惚れ”だのと言われつい口を衝いて出た言葉……。

「僕ね、今の映画館でバイトする前はゲイビに出てたの バリネコでハードなやつ」

綺麗だなんて 何も知らないくせに 馬鹿馬鹿しい――。

※電子限定で描き下ろしの4ページ漫画が収録されています。

※ワタクシはRenta!さんで読みました。
元AV男優×大学生 年の差BL ヤクザ関連 表題作のみ

切ない ツライ過去 重いストーリー



はきだめと鶴の感想は以下より。感想にはネタバレ含みます


» 記事の続きを読む