2015年07月の記事一覧

BL本の感想をおもに書いています。日高ショーコさん、夏目イサクさん・ウノハナさん・ヨネダコウさん・座裏屋蘭丸さん・束原さきさん・文乃ゆきさん・エンゾウさん・スカーレット・ベリ子さん・志水ゆきさんなど大好きな作家さんを中心に書いています。ブログ内の画像及びテキストの無断転載固く禁じます。

月別アーカイブ:2015年07月

2015年07月の記事一覧。BL本の感想をおもに書いています。日高ショーコさん、夏目イサクさん・ウノハナさん・ヨネダコウさん・座裏屋蘭丸さん・束原さきさん・文乃ゆきさん・エンゾウさん・スカーレット・ベリ子さん・志水ゆきさんなど大好きな作家さんを中心に書いています。ブログ内の画像及びテキストの無断転載固く禁じます。
No Image

2015-07-31 ウノハナ
BLコミックでおすすめのウノハナの甘く激しい一途な愛!声はして涙は見えぬ濡れ烏のネタバレあり感想のパート②になります。パート①を見てない方はこちらを読んでからパート②読んでくださいね!ではでは早速いきます!凛を優しくつつむ大きな腕父親の3回忌に聖人と会った凛。雨の中を歩いて帰ってきました。そんな凛を優しく引き寄せる会沢。凛の表情などから何かあったと悟ります。お父さんの法事で何かありましたか?と聞く会沢...

記事を読む

No Image

2015-07-31 ウノハナ
何度でも読んでしまうウノハナの声はして涙は見せぬ濡れ烏のネタバレ感想デビューです本当にねこれ大好きなんです・・・。ウノハナさんにはまってしまった作品でもあるので。最初は絵柄が好きになれなくて、、、でも気づけばウノハナスキーですよ。ほんと。こちらの作品はスピンオフなんですよね。ハイブリッド・スターダストというのが本編ですおそらく~。私は濡れ烏のほうを先に読んだので先入観なかったのですが。先にハイブリ...

記事を読む

No Image

2015-07-28 読んだコミックの紹介
BLコミック電子版での新刊から古いものまでをいろいろ読みました7月に購入したコミックパート①、パート②の感想も書いてないんだけれど・・・またいろいろ読みました。一口感想で今回は終わるかな。その前に・・・ランキングの応援をしていただけると記事をUPする励みになります☆BL ブログランキングへハジメくんとふたりのえっちな先輩のとろとろラブ 雨宮かよう人気があるようなので借りてみたコミック。基本的に3人というのは好...

記事を読む

No Image

2015-07-26 鳴坂リン
鳴坂リンの大人気連載 彼の特別な彼を読みました!前回、瞳の独占欲の感想を書きました。瞳の独占欲は私はイマイチだったんですが、この彼の特別な彼は面白かったです!それぞれのキャラが生きているというか、恋愛感情を抱く過程もしっかり書いてあるので読んでて惹きつけられましたね。全2巻ですが、まだまだスピンオフも展開されるであろう終わり方なので今後が期待です。彼の特別な彼生徒会長の達也が世話役をするハメになっ...

記事を読む

No Image

2015-07-26 鳴坂リン
画力も安定の鳴坂リンさんのBLコミック。彼の特別な彼が面白かったので読んでみました案外BLの設定って「モデル」が多いですよね。今回もモデル同士の恋バナでした。ではでは作品紹介から瞳の独占欲事務所社長宅に居候中の新人モデル・心平。彼のルームメイト兼教育係は、憧れだった大人気のトップモデル・諒! ところが、実際の彼は“女子の理想”というイメージから程遠く、初対面から暴言連発。挑発されたり押し倒されたり(!)...

記事を読む

No Image

2015-07-25 香坂あきほ
人気のBL小説のコミック化。オリジナル番外編付きのレビューです著者・香坂あきほ 原作 青野ちなつ の不遜な恋愛革命 を読みました。サンプルで面白そうだから購入したのですが・・・正直読んで損したなぁ~という作品でした。辛口でごめんなさい。設定はトップモデルとハーフの子とのおはなし。ハーフの子といっても格式高い家の子で後妻の子。家では風当たりの強い生活をしていたんだけれど、モデルの泰生と出会ったことで生...

記事を読む

2015-07-25 僕はすべてを知っている
ほのぼのコメディタッチのBLコミック。僕はすべてを知っているのネタバレあり感想レビューです1巻感想からちょっと時間経っちゃいましたね。2巻の感想です。1巻の感想はこちらをご覧になってくださいね。もうね~美チンだのチ○コ連発のコミックです(笑)千博が真顔で言うのもツボ。これは面白いしくすっと笑いたい時に何度でも読んじゃうな。2巻ではね・・・美チンの持ち主の歩に協力なライバルが出現!それで歩が悩んじゃうん...

記事を読む

No Image

2015-07-24 桜賀めい
ワルイコトシタイシリーズの無慈悲なアナタ 七王と久遠のBLストーリー無慈悲なオトコの感想はこちらを参考になさってくださいね。さてさて無事にくっついた久遠と七王ですが・・・付き合ってからもお互いなんだかお互いがつかめずにいました。久遠はものすごく執着している感じがするんですが、七王は嫌われたら嫌なのか、どうも一線引いちゃう感じ。それにトラウマになってしまった七王の「初めての相手」が登場して久遠の嫉妬炸...

記事を読む

No Image

2015-07-24 桜賀めい
シリーズものではまったのは久々!ワルイコトシタイシリーズの最新巻まで読破しました桜賀めい ワルイコトシタイシリーズは今12まで出ています。もうね・・・けっこうハマっちゃって全部一気に購入してしまいました。1から12までレビューしたいんですが、時間かかりそうなのでその中でも好きなものから行こうかなと。シリーズの中では4カップルの話が動いています。1冊それぞれのカップリングの話というのが多いのでそれがお気...

記事を読む

2015-07-21 僕はすべてを知っている
名医とショップ店員とのBL。以外に胸キュンするストーリでおすすめですいやぁこれ面白かったです。とはいえ今Renta!さんでは2巻しか出ていなくて・・・調べたら現在4巻まであるそうです。紙書籍しかないようなのでどうしようか検討中・・・面白いからはやく読みたい・・・。感想は後ほど・・・続きから読んでくださいね。では作品紹介です。僕はすべてを知っている著者  高久尚子 発行  徳間書店 全203ページ Renta!では6...

記事を読む

声はして涙は見えぬ濡れ烏のネタバレあり感想パート②

BLコミックでおすすめのウノハナの甘く激しい一途な愛!


声はして涙は見えぬ濡れ烏のネタバレあり感想のパート②になります。
パート①を見てない方はこちらを読んでからパート②読んでくださいね!ではでは早速いきます!

凛を優しくつつむ大きな腕
父親の3回忌に聖人と会った凛。雨の中を歩いて帰ってきました。
そんな凛を優しく引き寄せる会沢。凛の表情などから何かあったと悟ります。

お父さんの法事で何かありましたか?と聞く会沢ですが凛は別に・・・2年前と同じだと言います。
聖人は生意気に育ってて、自分の欲にしか興味のない大人の中で一人ぼっちで座ってたと・・・。

認めたくない 受け入れたくない それなのに 縛られて離れられない 
ガキと一緒だ コイツよりずっと 俺の方が・・・ガキだ


凛は聖人とあったことで気持ちに変化が現れましたね。今まで嫌だ嫌だと思っていたことですが
聖人を・・・あの大人の中から守りたいと思ったのではないでしょうか。
縛られたくないと思っていたのに結局は久喜宮の中に入っていかないと行けなくなったんだと悟ったのでしょうかね。

そして凛にとっては誤算がもう一つ。会沢の存在。
気づかない内に弱い自分をさらけ出してしまうくらい近い存在になっていたということ。
身体だけでいいなんて言いながら・・・本当は会沢が欲しくてたまらないのではないのかな~なんて勝手な解釈してます。

2人の距離はもう近づきすぎてて離れられないんだなぁと思いました。だってね、やっぱり凛にとっても
会沢の隣は居心地が良さそうなんですよね。
会沢にすきだと言われると頬を染めて照れるくらいは会沢のこと好きです・・はい。

会沢も凛のクセを見つけながら本心ではないというのを見透かしているのもね~。なんだかんだで凛は踊らされているんじゃないの?って思います★

凛と父親と祭り
祭りの季節になり、祭りに誘う会沢。祭りは好きじゃないという凛ですが無理矢理会沢に引っ張られて行きます。
無理矢理でも行く凛がかわいいですよね。

祭りに行きながら小さい頃、両親といった祭りを思い出す凛。
そこへあんず飴を買ってくる会沢。。。父親と会沢を重ねる凛・・・。

父親の笑った顔しか記憶にないことに気がつきます。会沢と似ている感じの人だったのかなぁ~?

そして会沢は金魚を増やそうと金魚すくいに挑戦します。それを笑顔で見ている凛。
結局戦利品は1匹(笑)

高級金魚のプレゼントありがとうと凛は言います。もっとほかのものをという会沢に対しこれがいいといいます。

金魚は恥ずかしがり屋さんだからじっと睨むと逃げてしまう、目をつぶって救うといいと言われたと凛が話します。
凛のお母さんがいいそうですね~という会沢に、父親が言ったことだと・・・。

何が可笑しいんだか いつも笑っている人だった

そして事故でなくなる前に一度だけ自分に会いに来たこと、何度も会いたいと言われてたけど
許せなかったから無視していたこと、会いに来た時に冷たいことを言ってしまったこと・・・。

父親がそれから事故で亡くなってしまって謝ることすらできなくなって後悔しか残ってないことなどを
会沢に話します。

それを優しく優しく包み込む会沢。
お父さんも凛が言ったことは本心じゃないって見抜いているはず。父親なんだから自分の息子が人一倍
素直じゃないなんてことわかってますよと。

大丈夫、後悔なんてしなくていいんですよ凛さん。。。と会沢の言葉が凛の後悔を軽くさせます。

そしてお前もいつも笑っているなと凛は言います。
会沢は凛さんと違って真面目な顔が苦手なんです それに凛と2人分ですからといいます。

凛さん 俺がついてないとダメでしょ?
多分なんだかんだで凛が自分のことを好きでいてくれているのもわかっているのかな会沢。
それに弱さをさらけ出せるのも「自分だけ」だと。

凛にとっては会沢は本当に大切な人なんだと思います。弱さをさらけ出せる貴重な存在であり
弱さをさらけ出してしまう人物だからこそ近づきすぎてはいけない人・・・そんな感じです。

そして身体を重ねる2人。今回のこの1冊は結構なエロがあります。どれもこれも凛の気持ちの変化で
重なり方が変わってきているので読んでいて単なるエロではなく物語としてのエロで満足です。

今回はかなり濃厚で凛が積極でした。
満足そうな会沢は自分の旅してきた国のことなどを凛に話します。

そしていつか一緒に色々な国に行きたいと言っていた会沢がどこにしますか?と問います。
凛はどこでもいいよ連れてってくれと言います。

凛が素直にそんなことを言うからか、急に会沢は不安に襲われます。
嬉しいハズの答えなのに急に不安になるんですね。

約束ですよと言う会沢にコクと首を縦にふる凛。

ようやくこんな風に 好きなだけこの人に触れられて 受け入れて貰ったのに・・・とそれでも不安で仕方ない感じです。

寝ている会沢に凛がポツリ・・・ごめんなと。
きゃ~これは「別れ」が来ますね。凛はやはり久喜宮に入ることを決心していたんだと思います。

自由な会沢が羨ましくもあり、でもその会沢と「触れあう」ことで他人のことを見るようになり
聖人のことを考え一人ぼっちにはできないと感じ喜宮に帰る決心をしたのかなと。

一人だと自由に生きれると言っていた金魚も今はお友達ができましたしね。
一人ではさみしいよという気持ちがわかったんだと思います。

だからこそ一人になってしまいそうな聖人がほっとけないんでしょうね。なんだかんだで会沢の存在ありきで
自分には会沢がいるという気持ちがあるからこそ起こせる行動なのかな~なんて思っています。

別れ
別れは突然やってきました。サークル活動で1週間留守にしている間に凛が久喜宮に帰ってしまったんです。
大学もやめていました。

急いで家に行くと世話を頼むという置き手紙のみ。
世話というのは家もそうなんでしょうが金魚のことです。携帯も通じなくなってました。

ここで会沢はなんであんな不安に襲われたのか理由がわかりました。
会沢自身もこうなると心のどこかで感じてたからこそ不安になっていたのだと。

2年半後・・・
凛は社長代理として働いていました。
会社では常務たちから結構な嫌がらせをされているようですね。

2年半もあればそんな嫌がらせにはまんまと乗らないと思うりんですが2年半と言う「年月」にしんみりする凛。

久喜宮の血から逃れたいと思っていたのに結局縛られることを選んだことを思い返しています・・・
そして会沢のことも。

未練は断ち切ってきたつもりなのに もう少し時が経てばこの小さな罪悪感と
あの人を食ったような笑顔もまとめてわすれられるんだろうか


凛は結局会沢のこと好きで仕方なかったんですね・・・なんだか切なくなりました。
この言葉がのっている会沢の笑顔も・・・切ないです。

なんだかんだで色々と会沢のことを思い出していますね凛・・・

再会
再会は突然やってきました。なんと新入社員リストに会沢の名前を見つけたんです。
会沢はトップで入ってきたようですね。案外できる奴だったんですね会沢~。
いきなり管理部署かぁトップで入ってきた奴は違うな~という同僚に

俺はそのためにここへ来たから
この言葉からも会沢は凛のためにこの会社にやってきたことがわかりますね。

どこまでも会沢で安心しました。失恋というか凛が消えてしまってグレてたらどうしようかと思っちゃった・・・。
そんなこんなで同僚と話しているところに凛が通りかかります。

顔色変えずに通り過ぎる凛でしたが・・・通り過ぎた後の顔がね・・・切ない顔してますよ全く。
会沢は見逃してません。

そして会沢とあった凛はメモ帳にグリグリを落書きを(笑)
もうね~ツンデレさん健在で愛らしいです。あんなにクールを装って通りすぎたのにメモ帳に「グリグリですよ!

そして社長室に会沢がやってきました。

凛さん やっと・・・話せた
自分が入ってから1週間も立っているのに連絡がなかったと。内定が決まった時も連絡があるかと期待していたと7.

内定は知らされてなかったから・・・という凛に俺のことなんか忘れちゃったのかと心配しちゃいましたと・・・
そんな会沢に

バカか?おまえは・・・なんでこんな所にいる!?
日本の企業なんて退屈だって言ってただろうが!
と怒る凛。

そんなこと言ってましたっけ???という会沢に
夢はどうしたんだよ!?海外で暮らすんだろ? いろんな国で自由に生きていくんだろ?

と感情をぶつけます。そんな凛にそっと優しく会沢は答えます。
仕方ないでしょ?凛さんがここにいるんだから

そういう会沢に、
おまえは俺とは違う。もともと男が好きなわけでもない 背負っていくものなんてないはずだ
俺なんか忘れろ これから普通に結婚でもしてお前らしい人生を・・・

と言いますがここは会沢です。

出来ませんよ 貴方以外とは
ほんとこの場面好きなんです・・・凛は会沢のことを思って消えたようですが、会沢はとことん追いかけてきましたね。
大学では取れるもの全てとって凛のために、りんの役にたとうというのが見て取れて・・・

2年半かかったけど・・・あなたに見合う男になるために 持てるもん全て身につけて
駆け足できたんですよこれでも
もう上からこっそり覗くんじゃなくて 正面玄関から堂々ときました


こんなん聞いて凛の心が動かないわけがない~。

今夜会えますか?という会沢に遅くなるという凛。それでの待つといいます。
ホテルか家かはわかんないけれど、そこに入る凛がね~もう待ちきれない感じです。
こんな凛が見れて嬉しいわ★

本当は凛も逢いたくて仕方なかったわけだしね!
この2人本当に好きです。そして会沢を話していてクックと笑う凛も可愛い!

半年後、会沢は凛の秘書になってました!ハイブリッドの時の秘書のあいちゃんはこういうわけだったんですね!
もうね~凛のあの一癖も二癖もある性格は会沢じゃないとダメですね。

お兄ちゃんと僕
このお話が大好きです。

何年も経ってからのお話。
金魚が8年くらいいるって言っているので再会して5年後くらいでしょうか。
凛と会沢がであって8年たっているということですね。

聖人に凛は結婚とかしないんでしょ?会ちゃんとずっと一緒に生きていくんだろ?と言われ
頬を赤くして照れている凛が可愛い!

あいつが俺に愛想つかすかもしれないしな!なんて言っています。俺がじゃないんですよ。
会沢がといっているのでね~もうごちそうさまです。

会沢が離れるなんて考えられない~。

だから聖人も「ニタ~」と笑っています★
そして最後に聖人にはやく一人前になって俺に休みをくれと言っています。
なぜかというと旅行しに行きたいと。会沢との約束の海外の旅をしたいからと言っています。

待たせてるんだ・・・という凛。
なんかね~会沢とであって色々を変わった凛ですが。。。会沢から受けるばかりではなく
自分も何か会沢にしたいなということが最後に書かれていてほんわかしました。

ちょっとはしょりがきみたいになって読みにくいかもしれませんが・・・

そういう方はぜひコミック読んでみてくださいね!
きっと引き込まれると思います★

    
 カテゴリ
 タグ
None

わたしの大好きな作品

何度でも読んでしまうウノハナの声はして涙は見せぬ濡れ烏のネタバレ感想デビューです


本当にねこれ大好きなんです・・・。ウノハナさんにはまってしまった作品でもあるので。
最初は絵柄が好きになれなくて、、、でも気づけばウノハナスキーですよ。
ほんと。こちらの作品はスピンオフなんですよね。
ハイブリッド・スターダストというのが本編ですおそらく~。
私は濡れ烏のほうを先に読んだので先入観なかったのですが。先にハイブリッドを読んだ方はあのお兄さんが~という感じですね多分。
しかもこの内容・ページ数で無期限でも4チケ・・・破格ではないの~?
1チケで48時間レンタルもできるし。これは絶対おすすめだし読んで欲しい作品。
しょーもない内容で6チケ・7チケあるのに48時間レンタルも出来て・・・なんて良心的。
おすすめ度私の中では★★★★★です。

では作品紹介です~。その前にランキングの応援よろしくお願いします♫BL ブログランキングへ


声はして涙は見えぬ濡れ烏
<作品紹介>
会沢征志が最近気になっているのは、超絶クールで色っぽい美形の、お隣さんかつ同じ大学に通う烏生田凜。彼となんとか仲良くなろうとしていたある日、ゲイだと知らされた上、「不用意に近付くな」とキスをされたことで凜への恋情に気付く会沢。「セフレでもいいから」と、凜を激しく抱いて……。セフレからかけがえのない存在へ、変化していくふたりの関係は――。

夏の盛りの古都で繰り広げられる、甘く切なく激しい大人の恋。

サンプルも増量らしく結構見れますのでサンプル読まれてもいいと思います☆





» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

7月に購入したBLコミック

BLコミック電子版での新刊から古いものまでをいろいろ読みました


7月に購入したコミックパート①、パート②の感想も書いてないんだけれど・・・またいろいろ読みました。
一口感想で今回は終わるかな。
その前に・・・ランキングの応援をしていただけると記事をUPする励みになります☆



ハジメくんとふたりのえっちな先輩のとろとろラブ 雨宮かよう
<ちょこっと感想>
人気があるようなので借りてみたコミック。
基本的に3人というのは好きではないです(笑)こちらはストーリーというより
エロ重視なかんじでしょうかねぇ。

でも絵柄は綺麗だし、読みやすいです。
30ページで1チケもいい感じ。
現在9巻まで出ていて8月4日に10巻が配信予定のようです。
1巻だけ読んで先は読んでないので・・・。私はあまり興味そそられなかったかな。


同棲からはじめました ko

<ちょこっと感想>
サンプル読んだときに絵柄が好みだったので読んでみました。
7月から連載が始まったもので現在まで1巻です。
残念なイケメンとオタクくんのおはなし。

だいたい・・・こんな設定ないだろ~というツッコミどころはあるんだけれどまぁ同棲してどう変わるかは楽しみかな~。

2巻は読むかどうかはまだ未定です(笑)



桜賀めい ワルイコトシタイ シリーズ

シリーズ1から12まで購入。
これは・・・おすすめです。絵柄もそれぞれのカップルもなかなかいい感じ。
に記事にしたけど私は断然七王×久遠押し!

生徒会長×純なヤンキーくん、副会長×幼馴染、前会長×風紀委員などなどキャラが生きていると思います。
エロもあるし、どのキャラにもキュンとできる。やっぱり絵がかっこいいからなんだろうか~。




兄さんとセフレの関係 三月えみ

<ちょこっと感想>
三月えみさんが好きで借りました。この方のコミックは全部読んでます。ほうき星もまた記事UPしますね。
親同士の再婚で兄弟になった2人がどのような関係になっていくのか楽しみです。

毎回毎回設定が面白くて、絵柄ももちろんだけれどストーリーもいいものが多いので楽しみです。

こちらも多分毎月の配信になるとは思うのですが・・・楽しみです。



猛禽ラヴァー 桜川園子

<ちょこっと感想>
ホストのおはなし。幼馴染のホスト同士のストーリーですが・・・
なんか正直あまり面白くなかった。
絵柄もね・・・あまり表情にキュンとこないし・・・。

あまり読み返すことはないんだろうな~という印象です。
表紙のイラストはすごくいいのに・・・




囀る鳥は羽ばたかない3巻 ヨネダコウ
<ちょこっと感想>
ヨネダコウさんの作品はまたじっくり記事にしたい。
これは待ちに待った3巻でした!!!ホント面白いんです~。ストーリー結構ややこしいところもあり難しいところもあるんですよね。
登場人物が多いので何回か読み返さないと・・・というところもあるのですがストーリーがしっかりしていてもう「BL」という枠を超えている感じです。ヨネダコウの作品はそういうのが多い気がする。
登場する人たちの内に秘めた感情というのが切なくもあり、またどう動くのか読めないという楽しみもあり・・・
感想も長くなりそうなのでまた別途記事にします☆



雫 花びら 林檎の香り 川唯東子

<ちょこっと感想>
ついつい3巻まで全部読んでしまった作品。面白かったです。でも秋作がどうしてムッちゃんを好きになったのか、まぁむっちゃんの押せ押せで心動いたんだろうけど案外あっさりはまっちゃったな~という感じ。
しかもトラウマみたいな感じで恋愛はしないといっていたのに、結構のめり込むのが早かった。でも絵柄はすごくかっこよくて、読んでいてもほんわかできるのがいい。
登場人物の人柄もうまく生かされていてわたし的には評価高いですね。
恋愛ばかりではなく仕事の話、仕事をとりまく人間関係の話・・・いろいろと合わさってて面白かったです。
こちらもお気に入りの作品なのでまた記事にUPしたいです。


自家恋愛中毒  モンデンアキコ

<ちょこっと感想>
なんとなく読んでみたけれどまぁ面白かったかな~。
ゆきやのキャラがいい感じに生きている作品でした。ただ秀臣のホスト設定いるか~?という感じでしたが。

ストーリー性もあり、結構引き込まれるコミックでした。
ただマキ子の役割がちょっとよくわからなかったかな。多分ゆきやが好きだったのかな???
この方の違う作品も読んでみたいと思いました!



1円の男 モンデンアキコ

<ちょこっと感想>
この方は少女漫画も書いていたんでしょうか?こちらが初のBLコミックだったようです。
1円の男結構面白かったですよ。

3作品入っていたけれどどれも面白かったので満足度高かったです。
どちらかというと最後の作品のヤクザさんの話が好きです。
この方の新刊がでたらまた読みます!


まだまだ読んだ作品あるのですが・・・一旦この辺で~。

 タグ
None

彼の特別な彼 全2巻のネタバレありの感想です

鳴坂リンの大人気連載 彼の特別な彼を読みました!


前回、瞳の独占欲の感想を書きました。瞳の独占欲は私はイマイチだったんですが、
この彼の特別な彼は面白かったです!それぞれのキャラが生きているというか、
恋愛感情を抱く過程もしっかり書いてあるので読んでて惹きつけられましたね。

全2巻ですが、まだまだスピンオフも展開されるであろう終わり方なので今後が期待です。


彼の特別な彼

生徒会長の達也が世話役をするハメになったのは、人気俳優の大地。俺様でワガママな大地に振り回され(痴話?)ケンカの毎日!! なのに……。「お前が全然足りねえ」ガキっぽくてストレートで……口説くかのような真剣な大地の言葉に、達也の胸は破裂しそうなほどドキドキ! しかもエッチなことまでしてしまい!? 王道学園ラブコメ★ 単行本未収録ショートを収録した電子限定版

2巻はというと・・・
「お前の感じてる表情だけで、たまらなくなる―」大人気の学園+芸能人ラブ、一緒にいたくて仕方ない「特別な恋」の成就編!【全198ページ】


2巻も面白いですよ。これは★★★★☆です。おすすめ!

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

鳴坂リン 瞳の独占欲 モデル同士のBLを読んでみました

画力も安定の鳴坂リンさんのBLコミック。彼の特別な彼が面白かったので読んでみました


案外BLの設定って「モデル」が多いですよね。今回もモデル同士の恋バナでした。

ではでは作品紹介から

瞳の独占欲
<内容紹介>
事務所社長宅に居候中の新人モデル・心平。彼のルームメイト兼教育係は、憧れだった大人気のトップモデル・諒! ところが、実際の彼は“女子の理想”というイメージから程遠く、初対面から暴言連発。挑発されたり押し倒されたり(!)彼に振り回されまくりの心平は……!? 幼なじみモデル二人の恋も収録! 後日談アリ☆


私はどちらかというと未熟な独占欲(幼馴染モデルのおはなし)のほうが好みかな~。


感想は短めなので今回は追記には書きません。。。

今回の瞳の独占欲はね・・・サラサラっと読んでしまった・・・。というかあまり印象に残らない感じ。
ツンの感じはいいんだけどね~。話がコントっぽい(笑)

キスする場面とか、もっとかっこよくかいてほしかったなぁ。
鳴坂さんの絵は好きなので今回はストーリー性がね。。。★★☆☆☆ってとこでしょうか~。

ということで、今回も感想は短めです。
好きなストーリーにはとことん長いのですがすいません。。。

ちょっとよくわからないんですよねぇ憧れというのはいいんですけど好きになるタイミングってあったっけ?
しかもなんかね、ページめくったらもうやってるし・・・こういうのがちょっとなえた。

番外編はまぁ本編よりは面白い。ツンの涼がもう独占欲まるだしです。
でもねぇ~仕事まで奪うとかはいただけません。。。これはマイナスです!!!

そんな涼を許してるし、愛おしいとか言ってるし。あんたモデルで成功したいんじゃなかったの?って突っ込みたくなったよ。

未熟な独占欲


幼馴染のモデル同士のおはなし。

幼馴染のモデル同士といっても、悠馬は孝伸が上京すると聞いてついてきた感じですね。

幼馴染の悠馬と孝伸。悠馬はずっと孝伸が好きなんだけれど孝伸は親愛と恋愛感情を混同してはいけないと
頑なに悠馬の気持ちを拒否します。

そこへ悠馬を気に入っているというデザイナーというライバル出現で気持ちに変化が。
悠馬が枕営業をしているのではないかという噂まで飛び交います。

デザイナーの高梨の影がちらほらするたびに気になる孝伸ですが。。。なかなかねぇ。
決めてのものがないんですよね。

でも悠馬が高梨に呼び出されて言った時に口論になり自分の気持ちに気づくんです。
それは悠馬からのキスで自覚した感じでしょうか。

好きかもしれないと思う時は何度もあったと言っているので愛おしさというのはあったんでしょうけども。

それから悠馬は数日高梨のところへ行っていました。
迎えに行くという孝伸。

悠馬自身は孝伸を諦めたいと思っていたところです。でも嫌いになんてなれないから会いたくないと。
でもそこへ迎えに来た孝伸。

孝伸は強引に家に入り、悠馬に好きだと告げます。
最初は信じられないと拒んでた悠馬ですが、孝伸が真剣だとわかり抱き合います。

まぁあとはお決まりのエロ。

無事にハッピーエンドという感じです。

幼馴染のほうは若干切なさもありいい感じなんですけどね、全体的にストーリーが~という感じです。
絵柄は安定していて綺麗なので今後に期待かな!

ということで短いですが終わります。


<鳴坂リンの他の書籍>
  

残酷に愛をささやいての中に収録されている甘い夢をささやいてがお気に入り。
またこれはレビューします。



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

不遜な恋愛革命 BL小説のコミック化したものを読みました

人気のBL小説のコミック化。オリジナル番外編付きのレビューです


著者・香坂あきほ 原作 青野ちなつ の不遜な恋愛革命 を読みました。サンプルで面白そうだから購入したのですが・・・

正直読んで損したなぁ~という作品でした。辛口でごめんなさい。
設定はトップモデルとハーフの子とのおはなし。ハーフの子といっても格式高い家の子で後妻の子。
家では風当たりの強い生活をしていたんだけれど、モデルの泰生と出会ったことで生活が一変します。

だけれどなぁ~よくありがちなパターンもそうだけれど読んでて全く感情移入できないのよぉ。
小説ではすごい人気のようですが・・・・

俺様のモデルくんなんですけどねぇいいのよバイでもなんでも・・・でもなんで急に執着してるのかもわかんないし、
おねえちゃんもなんだかんだいってあっさりだり・・・

コミックなんだからもっと人物を効果的に表現してほしかったなぁ~。

ストーリー構成があまり上手とはいえないし、絵もなんだかちょっとね。。。ということで私の好みな感じではなかったです。
そう思うとくちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~は完成度高いですね。
小説も文句なしで面白くて一気読みしました。コミック⇒小説をよんだけれどきちんと小説読みながらコミックの人物が動きましたしね~。
今回も小説を読めば評価かわるのかなぁ~。
今回のこの作品は・・・48時間レンタルがあればよかったなぁという感じです。




不遜な恋愛革命 
<内容紹介>
万引き犯に間違われた高校生の潤を助けてくれた、傲慢オレ様なトップモデルの泰生。特殊な家庭でひとりぼっちの潤には、乱暴な言葉遣いとスキンシップで自分を振りまわす泰生の強烈なオーラがまぶしくて、ドキドキして……。B-PRINCE文庫で絶大な人気の甘々シンデレララブ小説がオール描き下ろしでコミックス化!! コミックスオリジナルの番外編つき!

(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)


 カテゴリ
 タグ
None

僕はすべてを知っている 2巻の感想

ほのぼのコメディタッチのBLコミック。僕はすべてを知っているのネタバレあり感想レビューです


1巻感想からちょっと時間経っちゃいましたね。2巻の感想です。
1巻の感想はこちらをご覧になってくださいね。

もうね~美チンだのチ○コ連発のコミックです(笑)千博が真顔で言うのもツボ。
これは面白いしくすっと笑いたい時に何度でも読んじゃうな。

2巻ではね・・・美チンの持ち主の歩に協力なライバルが出現!それで歩が悩んじゃうんです~。
それでは感想といきます。

その前に・・・作品紹介を~。

僕はすべてを知っている 2巻
若き名医の犀川千博は、包茎整形治療のプロ。醜い下半身を見る毎日に内心うんざりしていた千博が、ある日街で出会ったのは、ケータイショップの販売員・浅野歩。服の上からでもアソコの形がわかる千博は、歩のかわいい笑顔より、下半身に一目ぼれ!! 「君は世界一美しい」と口説くけど、歩は素直に喜べなくて!?

2巻は・・・
包茎整形の専門医・犀川千博は、下半身事情に悩める男子の救世主!そんな千博の病院に、反抗的で生意気な実習生がやってきた。【全195ページ】

登場人物
犀川千博・・・・医者で歩大好きそして美チン大好きな攻。
浅野歩・・・・・・携帯ショップの店員。美チンの持ち主。現在では千博にぞっこんの受。

金沢・・・・・・・・千博と一緒に働く医者。けっこう余計なことを言う(笑)
和倉・・・・・・・・研修医。美チンの持ち主。
加賀・・・・・・・・金沢の患者。歯科医師。前回歩にちょっかいをかけてた。
こんなもんかなぁ~???



» 記事の続きを読む

桜賀めい 無慈悲なアナタのネタバレありの感想レビュー

ワルイコトシタイシリーズの無慈悲なアナタ 七王と久遠のBLストーリー


無慈悲なオトコの感想はこちらを参考になさってくださいね。
さてさて無事にくっついた久遠と七王ですが・・・付き合ってからもお互いなんだかお互いがつかめずにいました。
久遠はものすごく執着している感じがするんですが、七王は嫌われたら嫌なのか、どうも一線引いちゃう感じ。

それにトラウマになってしまった七王の「初めての相手」が登場して久遠の嫉妬炸裂です。
読んでて面白かったし、久遠がとても情熱的で驚いた作品でした~。
ではでは作品紹介です。


無慈悲なアナタ

<作品紹介>
「七王さん 俺の執着心を見くびらないでください」大学で“男好き”と噂される白羽七王は、人生で初めて好きな男と付き合っている。ずっと片思いをしていた年下の相川久遠に受け入れられたことが夢のように幸せで、だからこそ嫌われないようにと自分を押し殺す七王だった。その様子に久遠はもどかしさを感じていたが、過去に七王を深く傷つけた男が現れたことで、寡黙な久遠の激情が溢れて……!? 「ワルイコトシタイ」シリーズ最新作!! 無口な相川家次男・久遠×魔性の白羽家長男・七王編★大幅加筆&描き下ろし!



 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

以外にはまった桜賀めいのワルイコトシタイシリーズ!無慈悲なオトコの感想。

シリーズものではまったのは久々!ワルイコトシタイシリーズの最新巻まで読破しました


桜賀めい ワルイコトシタイシリーズは今12まで出ています。もうね・・・けっこうハマっちゃって全部一気に購入してしまいました。
1から12までレビューしたいんですが、時間かかりそうなのでその中でも好きなものから行こうかなと。
シリーズの中では4カップルの話が動いています。1冊それぞれのカップリングの話というのが多いのでそれがお気に入り。

ページ数がけっこうあるのにあっという間に読んじゃうんですよねぇ・・・。エッチシーンが多いから?
あれ?もう終わり???みたいな感じです。
あ~よんだぁ~というような感じではないのが不思議。

私はね、その中でも七王(ななお)×久遠(くおん)カップルの話が好き。
七王は帝のお兄ちゃんで久遠は永遠のお兄ちゃん。お兄ちゃん同士のカップルです。

では作品紹介を~

無慈悲なオトコ
<内容紹介>
嫌いなんです……誰でもいいって感じの人」
『男なら誰でも誘いまくる』と噂される白羽七王は、その色っぽい雰囲気で大学中の注目の的となっていた。
そのために七王は、ずっと片思いを続ける相川久遠にもその噂が原因で避けられ、拒絶されてしまった。
久遠は決して自分のものにはならない――、自暴自棄となった七王は、無理矢理抱かれようと久遠に迫るが……。
切なく健気な七王の恋にキュン。「ワルイコトシタイ」シリーズで注目の相川家次男・久遠×白羽家長男・七王編★

(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)



無慈悲なアナタ
<内容紹介>
「七王さん 俺の執着心を見くびらないでください」大学で“男好き”と噂される白羽七王は、人生で初めて好きな男と付き合っている。ずっと片思いをしていた年下の相川久遠に受け入れられたことが夢のように幸せで、だからこそ嫌われないようにと自分を押し殺す七王だった。その様子に久遠はもどかしさを感じていたが、過去に七王を深く傷つけた男が現れたことで、寡黙な久遠の激情が溢れて……!? 「ワルイコトシタイ」シリーズ最新作!! 無口な相川家次男・久遠×魔性の白羽家長男・七王編★大幅加筆&描き下ろし!


無慈悲なオトコ⇒無慈悲なアナタです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

面白かったけど続きが・・・僕はすべてを知っているのネタバレ感想 1巻

名医とショップ店員とのBL。以外に胸キュンするストーリでおすすめです


いやぁこれ面白かったです。とはいえ今Renta!さんでは2巻しか出ていなくて・・・調べたら現在4巻まであるそうです。
紙書籍しかないようなのでどうしようか検討中・・・面白いからはやく読みたい・・・。

感想は後ほど・・・続きから読んでくださいね。
では作品紹介です。


僕はすべてを知っている

著者  高久尚子
発行  徳間書店

全203ページ Renta!では6チケット

<内容紹介>
若き名医の犀川千博は、包茎整形治療のプロ。醜い下半身を見る毎日に内心うんざりしていた千博が、ある日街で出会ったのは、ケータイショップの販売員・浅野歩。服の上からでもアソコの形がわかる千博は、歩のかわいい笑顔より、下半身に一目ぼれ!! 「君は世界一美しい」と口説くけど、歩は素直に喜べなくて!?


イラストのように千博が攻で歩が受です。
絵柄もいいし、ストーリーもくすっと出来てほろっともできるストーリー。

おすすめ度は私的には星★★★★★です。
美チン・・・いい響きです(笑)







» 記事の続きを読む

気になる雑誌の最新話はこちら!(好きな作品の画像を押してみてね)
夏目イサク/花恋つらね最新話 宝井理人/テンカウント最新話 囀る鳥は羽ばたかない イァハーツ連載中の感想 BLメモリー 明日はどっちだ!イァハーツ連載の感想 Blue Lust最新話 ひなこ はだける怪物 最新話 飴色パラドックス 最新話 富士山ひょうた 愛すべき男 最新話 ナツメカズキ バイ・マイ・サイド 最新話 高久尚子 僕はすべてを知っている 最新話 日高ショーコ 憂鬱な朝 最新話 桜日梯子/抱かれたい男1位に脅されています。マガジンビーボーイ ねこ田米蔵 酷くしないで マガジンビーボーイ連載 官能リマインダー/ウノハナ/キャラセレクション連載 エスケープジャーニー続編 マガジンビーボーイ 座裏屋蘭丸 コヨーテ ダリア最新話 ウノハナ/石橋防衛隊(個人)/カンナアンソロジー連載 クロネコ彼氏のあふれ方
スポンサーリンク
Copyright © BLメモリー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます