極上の恋人第4巻の感想レビューです。今回が最終巻。良海と匡弘の恋の行方は・・・


前回は遊佐と良海がキスしたところを匡弘が目撃したんですよね。

さてさて恋がどう動いていくか、アキト・匡弘・良海の関係がはっきりする第4巻です。

今回も盛大にネタバレありの感想レビューになります。

4巻は匡弘の自宅へ帰ったところから話がスタートします。

オーディションに受かったという良海にアキトから聞いたという匡弘。
アキトという言葉をきいてカッとなります。

何おこってんだよ!という良海に対し、

私は体で仕事を取らせるようなことはさせないと言っただろ!
なぜ遊佐とキスしたんだ!と怒る匡弘。

嫉妬ですよねぇ。。。

良海はというと・・・キスで仕事とれたらラッキーじゃんみたいな態度。さすがプレイボーイ。

その言葉に対し、じゃぁ遊佐と付き合ったらいいじゃないか!とまたまた怒る匡弘。

良海に嫉妬した?
俺のこと好きになったんじゃねぇ?と言われ・・・

匡弘からキスします。

何度もうるさいくらいにすきすき言われたら気になるんだ!というんですよね~。
わかる気がしますねこのセリフ。

まぁこう言わせたらもう良海の勝ちですよね・・・。

そっから匡弘が今回は仕掛けます。ですけど最終的には主導権はやっぱり良海に~。

この人は結構エロシーン描くの上手ですよね。
顔が色っぽいというかなんというか。。。

事後、ベッドでポツリと良海がすき・・・・と匡弘が言うのですが
寝ていると思っていた良海はそれを聞いています。

匡弘は案外心を開くのに時間がかかるのですけど、自覚したら一途に突っ走るタイプかもしれませんね~。

当然、アキトにも良海がすきだと言います。
アキトは匡弘が好きなようで・・・引き止められて背中を抱かれる匡弘の「表情」が・・・
えっまさか揺れちゃうの???とドキドキ展開でした。

最後に抱かせてくれというアキト。

アキトにならいいよという匡弘。
だけど、なんだかんだで体は拒否しているようで・・・。優しいアキトは中断します。

そして匡弘は本音を話します。

アキトが自分の近くにいるのはあの事件(モデル仲間にまわされた)の責任を感じてではないかと思ってたと。

アキトは心から匡弘が好きなんですけど、なんとなく匡弘のほうは信じきれなかったようです。

アキトを信じれなかったのは自分の気持ちが足りなかったからだといい、2人別れます。

う~ん・・・アキトは匡弘を大事に思うが故に匡弘の気持ちを尊重してきたのでしょうね。かえってそれが
同情かも?という気持ちを匡弘にもたせてしまったのかもしれません。

そんな時に、ぐいぐいと来る良海。こちらは匡弘の気持ちはお構いなしです(笑)
そういった強引さにちょっと惹かれたというのもあるかもしれません。

はれものに触るみたいな感じではなく、ぐいぐいと自分を出してくる良海。
匡弘も言いたいことは言えるし、案外心地よかったかもしれませんね。

匡弘の気持ちがはっきりと良海に向かったところでまた壁が・・・良海の海外デビューの話が持ち上がります。

大きな仕事のようです。
マネージャーである匡弘は一緒にいたいと思っているのでしょうが、自分が良海の足かせになってはいけないと
良海に海外の話を受けるよう、冷たく接します。

結局良海は海外の話は蹴り、日本で活躍することを選ぶんですね。

ここはアキトと良海を対比させているのでしょうね。

アキトは匡弘をおいて海外へ行き成功しましたけど匡弘とはわかれてしまいました。
良海の方は匡弘と離れるのは嫌で海外は行かず日本でまずは活躍することを選びます。
これには匡弘はなんだかんだで嬉しかったんじゃないでしょうかね~。

匡弘の気持ちにも「変化」が出てきたと思いました。

匡弘は海外で良海が活動するときに、離れ離れになって日本に残るのではなく、
自分も海外活動を手伝えるように・・・といういので海外でのマネジメントの勉強をしようと思いはじめたようです。

願掛けで伸ばしていた髪の毛もバッサリ切り、新たなスタートをきった匡弘。
最後はまた髪の毛が伸びていましたね。

ラブラブな2人で話が終わりました。

私は、アキトと匡弘の出会いのストーリーがあったのですがあの匡弘が最っ高に好きです。
なぜあのままの匡弘にしてくれなかったの~。昔の匡弘かわいいですわ。。。(メガネ萌えの人すみません)

4巻までの話でしたけど、これは結構面白かったです。

ちょっとなんだかんだでアキトと匡弘の関係が薄く感じられてしまうかな~というのは残念な気はしますが
オレ様良海がなんだかんだで匡弘に対しては強引なようなワンコなような・・・それが魅力的でした。











関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ
 タグ
None