表紙はクロネコ彼氏のあふれ方:ディアプラス11月号のちょこっと感想【ネタバレ要注意】


いやぁ1ヶ月長かったぁ~。テンカウントとネオンサインアンバー楽しみにしていましたよ!!!
でも今回は雑誌のちょこっと感想なのでまた好きな作品については詳しく記事UPします。

多分夜・・・になるかな?

ディアプラス2015年11月号 BLメモリー




今回は・・・テンカウント以外はおいっ!!!!っていう感じでした(笑)
こういう展開が続く中でテンカウント・・・いやぁ魅せるねぇ~って思っちゃったよ。なかなかの策士ですねぇ
宝井理人せんせー。あっでも12月号はお休みらしいですからね・・・
2ヶ月もテンカウント読めないなんて。サミシイ・・・でも30日は4巻でるもんね♫

もうね、今回はつらっ・・・。(テンカウント以外の私の好きな作品たち・・・)

ではではちょこっと感想ですがネタバレ含みますのでネタバレ不要の方はそっとじしてくださいませ。


テンカウント 25話

巻頭カラー♥カラーも2Pキタ━(゚∀゚)━!しかも表紙も見開きだからすごい!!!
こちらはまた個別の感想でUPしますね。感想はこちらテンカウントの感想を読んでください。
※10月14日の夜にはUPしたいです。
ちょこっと感想は、、、動き始めましたよぉ物語も城谷さんも♥
相変わらずの黒瀬くんのややSな発言と優しさがたまらんです。

ドロドロになって 傷ついた城谷さんが好きです
はぁ・・・たまらん。。。。また個別UPします。短いんです今回。20Pくらい。それに見開きで2Pあるから
ストーリーは18Pくらいでしょうか。でも満足!!!

花鳥風月

火弦編は個別に書きますね。こちらもUPしたら最新を感想はこちら花鳥風月の感想でUPします。
ちょこっと感想は・・・もう何がなんだかわからなくなってきた。。。
糸くんが・・・(T T)それにどういうこと???吉利谷は何がしたいの?
でも一見がやってきたしどうなるのかな?なんか伏線とかあったっけ?もう一回関係図とか読み返したほうが
良さそう。ちょっと???になってしまった。
とにかく今回は火弦よりは糸くんピンチの回でした。ほんとこんな感じの感想しかないです。
こちらも短くて16Pくらいしかない・・・2ヶ月まって16Pとかひどすぎる(T T)
ちなみに来月は・・・名前あるぅ~よかった。とにかくもう少し読み込んで考察します!!!

クロネコ彼氏のあふれ方

はぁぁぁぁぁ~~~~~~~~(ため息)ほんっとこんな感じです。
そりゃこうなる展開はちょこっとは予想をしてましたよ。でもでもそれをうまく裏切って欲しかった。。。
っていうか、慎吾~・・・ちょっとよくわからん暴走してるんじゃないの?
好きなのにニオイが感じられないからってね。慎吾に原因があるのに何故???

圭市も言ってたけどニオイを感じ取るのは主に受け手のほうなんですよね。フェロモンもそうだけども!
だから圭市どうこうよりも慎吾がどうしてニオイ感じられなくなったのかを考えなきゃいけないのに。

別れていいの???離れていいの?
それでもなんか冷静に対応している風に見える圭市が痛々しい(T T)
でもこれはなんだろうね、俺は自分自身のこと信用してねんだと思うって慎吾が言ってるから
ここにニオイがしなくなった原因があるのかもしれない。
離れてしまったら・・・自分がどうなるのかもわからないし、裏切ってほかの人と寝ちゃうかも知れない。
それは反対に圭市に対する不安でもあると思うんです。

圭市の「疲れた」がなんとも堪える・・・うぇ~ん。
だってね、いままでの関係ってとってもとっても圭市が頑張ってきたと思うんです。
そんな圭市が疲れたといって諦めちゃったら・・・またここから頑張って欲しい!!!
っていうかこんどは慎吾が何かに気がついて追いかける番だよね。。。←単なる希望です。
もうなりふり構わない慎吾が見たい。。。

「愛してたよ」 「愛してるよ」これを使った理由はなんだろう?過去形だったのに最後はまた愛してるになってる。

愛しすぎてできやしないって最後に圭市が言ってるんだけど、連れて行くことができない理由が何かあったんじゃないのかな?
いままでは一緒に行くという選択肢を必ず選ぶと思うのに、今回は一人で行くことを選んだんだよね。
そこからこんな感じになったんだけど。。。

今回はもうね、仕方ない。また感動のイチャラブが待っていると思って起承転結のでっかい転だと思って・・・
ガマンするしかない~。でもさぁあとこの暗い展開はいつまで続くの??って思ってしまう。
クロネコさんはイチャイチャが好きなのにぃ。。。
ということでした。ちょこっと感想のつもりがちょこっとでは終われない展開でビックリです。

Star Flight スタアフライト

う~ん・・・今回はあんまり面白くなかったなぁ。上のクロネコさんが衝撃的すぎて
ちょっとさらっとしか読む気がしなかった・・・。この感想を書こうとおもってもう一回よんだけど
やっぱりさらっと読む程度です。

恭平の母親が出てくるのは多分間違いないですが、これから先ちょっと嫌な展開が待ってそうな終わり方でした。
万里は恭平とどんなことからも守りたいって思っているから、恭平のために動くのだと思うのだけれど
どう展開するかちょっとわからないな~って感じです。
イチャコラはちょこっとありました☆ちなみに・・・今回は白いとこ無かった~!!!

あと万里のおしりが・・・最高でした(笑)

高島孝一郎の理想の恋人

これけっこう好きなんです(笑)関係解消のはずが・・・次号がいい展開になりそう。
ちなみにED治ったっぽい!?!?!?

ネオンサイン・アンバー

まじかぁ~!!!こんなのあり?読んだ直後こんな感じでした。
お~が~たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

あたしのかわいいサヤちゃんになんてことしてくれるの!!!って怒りまくりました。
あっこちらも今回は本当に本当に感想はお~が~た~しかないけど個別で感想UPしますね。
感想はこちらネオンサイン・アンバー最新話の感想

サヤちゃん今回もめちゃくちゃかわいかった・・・可愛かったから余計にせつない(T T)
でもおげれつたなかせんせーほんと大好き!!!ちなみにかんちゃんの続編決定してたんですね!!!
うれしい~。シェリプラス アキ号だけれど。10月30日に購入するものまた増えたわ☆
連載スタートだから短編ではなさそうねぇ。また弓たちもちょこっと見れたらいいな♫

お前なんかいらないよ

最終話なので感想を。
前回は。。。刺されましたね祥平。。。まぁ実際はハルキが刺される予定だったのですが。
しかもハルキも刺されにきてたんですね実際は・・・。

刺された祥平は面会謝絶になっていて危険な状態のようでしたが、なんとか持ちこたえて助かりました。

祥平はベッドの上でいままでの出来事を振り返っている様子でした。
ハルキは周りの評判良くなかったんですね・・・でもそれに対して反論もせずに過ごしてきた自分を振り返る祥平。

なんか切なかった。
けっこう最終話だけ読んでも涙でそうな話でした。うん、これちょっと読み返そう。
いつも絵柄的に顔が大きいってのが気になってスルーしてきたんだけれど、ストーリーはしっかりしてて
ひき込まれますね。
刺した婚約者の女性もなんかいい人でしたね(T T)仕方ないよね。そりゃ婚約者が男の人と寝ていて
しかもその人とは自分も寝ている・・・トライアングル???

2人は仕事も何もかも無くなっちゃって、ホント何もなくなっちゃった状態なんだけど・・・
お互いしっかりと見つめ合って言いたい言葉も言えて幸せそうでした。

お前なんかいらないよという題なんですけど、最後はお前しかしらない、お前だけ愛してるから
で終わってる・・・なんかすごい余韻なんですけど。よかった。
何もなくなったけど、2人いれば幸せなんだよね♫

コミックが来年1月発売予定です。そして新作が来年1月14日発売の2月号からの予定だそうです。
人気ですね~。
絵柄的にはちょっと昔の絵柄のような感覚になっちゃいますが、ストーリーの組み立て、見せ方は
やっぱりすごいなと思いました。コミックでたら通して読み返します☆


お風呂で特集

大槻ミゥさんのソロタイムと須坂紫那さんの恋と毛玉と魅惑のお風呂が面白かったです(^^)

特に恋と毛玉~はよかった!!!絵柄も綺麗だし描写も面白いです。オチは・・・まぁそうだよねぇ~
ってなったけど(笑)シリーズ化されると思うしまた読みたいな♫


次号はテンカウントはお休みですが・・・夏目イサクさんの新連載キタ━(゚∀゚)━!
もうこれだけでテンション上がる!!!
しかも梨園の御曹司の恋と葛藤の日々だってぇ~もう煽りみるだけでハァハァいっちゃいそうなわたしはやばいです。
しかも「表紙&巻頭カラー」さすが人気作家さんですよね。はぁ~楽しみぃ。。。

あとは、リレーエッセイのエンゾウさんの攻の流血に大変萌えるは同感です!
本当に私もこれ~。他人の血は・・・舐めるのはあまりよろしくなくてよ。と思いましたけど、
これもマンガの世界だからこそ、そういうのはやってほしいなぁ~。

血を流すのは受より攻☆ エンゾウさんの作品読もうっと。

ということで・・・今月号の感想でした。
今月号は・・・上がって落とされて・・・ほっこりしたすごい月号でした(汗)
はぁ・・・でも最後にも言うけど・・・お~が~たぁぁぁぁっ~です。

ではでは今月号の感想参考になったよ!という人はランキングに参加していますので
応援していただけると嬉しいです♫また感想UPの励みになります(^^)

BLマンガ感想 


関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ
 タグ
None