ねこ田米蔵

酷くしないで 真矢:眠傘編 2話 【マガジンビーボーイ7月号】

更新日:

真矢:眠傘編2話。近づいてきた先輩ルカと真矢のその後は?


1話の終わりがちょっと暗い感じだったので気になってました。2話はどんな感じかドキドキ。

煽り:
得意とか苦手とか その差ってどこからくんのかな

だってお互い最初の出会いは最悪だったじゃん


今回のお話は

MAGAZINE BE×BOY 2015年7月号

こちらは期間限定配信です。2105年12月27日まで。
(この期間までに購入した場合は配信期間が終了しても無期限で読むことができます)



さて感想を。ネタバレ要注意です。


ルカと縞川が重なる真矢。
楽しいことも危ないことも全部縞川が教えたらしいです。

おいおい、縞川って医学部じゃなかったっけ???あんま真面目な感じはしなかたけど
なんか怖い・・・。

昔は本当に本当に仲良かったみたいです。。。なんかしたんかな?って真矢は思っているけど
これは彰が悪いんですよね(笑)

ルカの術中にはまっていく真矢

最初は断っていた真矢ですが、ルカの持ってくる仕事を進めていくうちに
ルカのやりたいことがわかってきてちょっ気ににはなってきます。

それでもネムくんにドハマリしているからと断る真矢。
すると・・・司書こそコネの世界なんだよとそそのかされます。

↑真矢のことなんでもしってて怖いねルカ・・・。

ルカの人脈もあってか、真矢は司書の短期バイトができるようになります。
ネムくんにそのことを報告すると、実は眠くんのほうが司書の実態よく知ってて(笑)

いい人と知り合えてよかったな真矢
というけどなんか電話越しの真矢の絵柄は黒くて。。。不穏です(。。;)

ルカの人脈の凄さ

正直・・・真矢×ルカの話は・・・退屈です。興味ないので(T T)それでもルカは関わってくるので
ちゃんと書かないと・・・はぁ・・・。

司書のバイトをしながらルカの凄さを実感する真矢。
そして、その司書官の人に言われるんです。

もし真矢がバイトを続けていたとしても枠の少ないこの仕事で採用はしないと。
それでも彼(ルカ)の頼みだから仕方のないこと。人との繋がりとはそういうものだよと。

そう言われてルカに対して興味の沸いた真矢。
結局は司書には向いていないということがわかって諦めちゃうのかな・・・。

とりあえずルカのすることを手伝うと決めたようです・・・。

<感想>
はぁ。。。この2話目は退屈~。真矢ネム成分少なくて(T T)
正直ルカなんてどうでもいいんだけど、なんか薄いし(笑)

それでも真矢にとっては惹かれてしまう人物なんですね。。。

1話目をまるっと詰め合わせたお試し冊子

ダリアお試し冊子 vol.1

ダリアお試し冊子 vol.1

ダリアお試し冊子 vol.2

ダリアお試し冊子 vol.2

ダリアお試し冊子 vol.3

ダリアお試し冊子 vol.3

ダリアお試し冊子 vol.4

ダリアお試し冊子 vol.4

ダリアお試し冊子 vol.5

ダリアお試し冊子 vol.5

Renta!

10月おすすめ作品 3タイトル

恋するインテリジェンス 4巻 (丹下道)

恋するインテリジェンス4巻です。今回は官僚シリーズ第四弾:武笠×深津です! 深津のピュアさにキュンキュンすると思います!!!オススメ。

被写界深度 下巻(苑生)

被写界深度(下)の配信が始まりました。上下巻通してぜひ読んでほしいです。 早川が紺野と出会って本来の自分と向き合い、成長していく姿が描かれています。「好き」なものをまっすぐ「好き」と言えるって素敵!と思える作品。

»»» 【無料】被写界深度 お試し版

手中に落としていいですか (くれの又秋)

こちらはバラ売り配信の時から毎回楽しみに読んでました!糸目で何を考えているのかよくわからないゲイAV男優スカウトマンである巳鹿島が声をかけた新田にどんどんハマっていく姿にキュンキュンします。 早く新田を手中に落として欲しい!!!続編が決定しているようですのでその前にぜひ読んでみてください(⌒∇⌒)

»»» バラ売り1巻無料(10/8まで)

お気に入りバラ売りBL(最近)

レムナント 羽純ハナ 1

...

JOY  絵津鼓 2

...

24時間オチないKISS 3

...

俺が両性なんて認めない!2 カノンチヒロ 4

...

噛んで噛まれて ぴい 5

...

手中に落としていいですか【単行本版】 くれの又秋 6

...

アクマと契約~彼のイジワルな愛し方~ 7

...

ビッチなあの子の言うとおり 8

...

勇者と魔王のラブワンルーム 9

...

素人ヤンキー♂危機一発!! 八百 10

...

-ねこ田米蔵

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.