ボクサーとトレーナーとのBL。ウノハナの犬と欠け月のネタバレありの感想レビューです。


いやぁ・・・久々に読み応えがあったなぁこのコミック。やっぱりウノハナさん大好きです。
犬と欠け月はプロボクサーを目指してた主人公・一弥が夢半ばで引退しトレーナーとなります。そして
その教え子として犬のように忠実に慕う岳と恋愛関係になるというお話。

とってもよかった!!!なんというか・・・本当に絵も色っぽいし・・・ストーリー構成もいい。
読んでいて引き込まれます。
ウノハナさん知らない人は是非読んでもらいたいなぁと思います。

では今日もネタバレ満載の感想レビューです。
まずは作品の紹介から。


ウノハナ 犬と欠け月
<内容紹介>
心が溶けて体中から溢れて、あんたに伝わればいい――。

目の怪我で引退を余儀なくされた元ボクサー・一弥と、一弥を慕い、彼のためにリングに立つ従順で無口なイヌ・岳。ある試合前、翌日の計量のため体毛を剃るとうそぶき、悪戯半分に岳の下半身に手を伸ばした一弥は、やがて自分を見る岳の色を宿した目に、欲望を抑えきれなくなり――。

Renta!読者様限定の描き下ろしペーパー(1P)を巻末に収録!

Renta!ならこの作品48時間3チケットで読めますよ!

ではではネタバレを含みますのでネタバレオッケーという人のみ続きから読んでくださいね。
ボクシング馬鹿の岳(ガク)は、トレーナーである昌子一弥(しょうじかずや)に憧れ入所してきました。
一弥はかつてボクシングでタイトルマッチの試合をするほどの実力者でありましたが、
そのタイトルマッチを目前に控えた時に目の損傷で引退を余儀なくしたのでした。

そんな一弥のある意味光である岳。岳も同じで一弥が光だったんだと思います。

ストーリーを読み進めるとお互いがお互いを「必要」とし欲しているのがわかり胸が熱くなりました。
特に岳の一途さ。本当に純粋な岳。
可愛くてしかたありません・・・。

さて物語の進展はどうかというと、岳の試合前の減量から物語が動き始めたと思います。
ボクサーって減量難しいんですよね。ほとんど筋肉しかなくて体脂肪少ないのでなかなか痩せないんだとか。
筋肉って脂肪より重たいっていうから筋肉をつけるとかえって重たくなったり・・・。

水分とっても太っちゃうと何かで読んだことがあります。
岳も同様、試合前の減量に苦戦していたようで・・・そこで一弥は岳のいたるところ・大事なところまでも剃毛をします。
そんな時にきっと恥ずかしそうにしている岳に対して興奮したんでしょうね一弥。

すきとかそういうのでは今の時点では気づいていないというか・・・もしかしたらそういう気持ちはなかったのかもしれません。
ただかわいい岳にいたずらをしたいような・・・そんな気持ちだったのかも。

岳の大事なところを触り、だして減量をしようとします(笑)
一弥もヤバイなと思っている描写があります。

可愛くて もっといじめてやりたくなっちゃうんだよ

この甲斐もあってか(笑)計量は見事パスし、岳は試合にも勝ちます。

ボクシングのファイトマネーとか私もよくわからないのですが、ボクシングだけで食べて行ける人ってひと握り。
そのためにいくら強くてもバイトを掛け持ちというのは当たり前のようです。

そういえば・・・某ボクシング王者の人も極貧時代があったなんてよく言ってますよね。
それでも夢を追いかけてみんな必死にボクシングを続けている・・・。

そんな中、タイトルマッチを目前に控えているのにダメになった一弥の左目。

左目がダメになったとき  夢も現実も あっけなく消えちまったけど

と一弥が思っている描写があります。絶望を味わったんでしょうね・・・。
そして自分の夢を一緒に追いかけてくれるのが岳だったんでしょう・・・。

さてさて若きエースの岳ですが・・・やはり妬まれることはありますよね。イヤミを言われているのですが、
時分のことを言われるのは平気な岳。しかし一弥のことを馬鹿にされ激怒します。
先輩?を殴ろうとしますがそこに一弥が割って入りました。

岳は一弥を殴ってしまいます・・・。
その償いのためか岳は一弥のお店のお手伝い。

お店で寝ている岳を見ながら

あんなキレた顔試合の時でも拝めない 無表情で感情の起伏が少ない
コイツの起爆スイッチは 俺・・・?

なんて思いながら岳の顔を撫でます。

しばらくして起きる岳。今日はすいませんでしたと謝ります。

すると、なぜあの先輩が食ってかかってきたか理由を一弥が話します。
以前、あの先輩からトレーナーになって欲しいと頼まれていたんだそうです。だけど一弥は岳のトレーナーになることを選びます。
それを聞いた時の岳の表情がたまりません・・・。

感情の起伏が少ない岳が一弥の前では頬を赤らめたりとにかく可愛いんです・・・。
これが題名にもなっている犬ということなんでしょうか。。。飼い主にはとことん従順な・・・。

それには一弥も気がつきます。

そんな顔を見せるのも 俺・・・にだけか?
そう思いながら顔は自然と岳の方へ。
岳は思わず顔を逸らしますが、こっちを向けを言われます。

そして・・・
そんなに俺が好きか  ん?と一弥。

このセリフからも一弥は岳の気持ちに気がついていたんでしょうね。
カァ~っと顔を更に赤らめる岳。そんな岳をみながら

くそ たまんねぇ
と唇を重ねます・・・。いやぁ私もたまんないっす。この岳可愛すぎですよほんと・・・。

一弥は岳に最後までしてみようと言います。
言葉だけで反応している岳。一弥は可愛くて仕方ないようです。

岳ったら一弥のメガネにかけちゃうのですが・・・スイマセン・ごめんなさいと必死にあやまる岳がこれまた可愛くて・・・。
一弥も我慢できなくなったようではやく岳の中に入りたいと思います。

汚したい  もっと深く入りたい もっとコイツの中を俺で満たしたい

抱きながら独占欲にも似た支配欲が出てきたのかなぁなんて・・・。

事後・・・遊びと割り切った女だったら簡単なのに、こんな時に男相手にどうしたらいいかと思っている一弥。
若干嘘混じりで岳をからかいますが必死に否定する岳を見て可愛くて仕方ないようです。

可愛すぎると思っている一弥の顔がこれまた・・・愛おしそうに岳を見ています。
だけれど昨夜みたいなのはこれっきりだと岳に伝えます。
やはりトレーナーだからまずいだろうと・・・。

ハマっちまってお前が男しかできなくなったら責任取れないからなみたいなことを言います。
だけど岳は

俺っ  前からずっと・・・っ といってもううるうるの目で一弥を見ています。
あぁ~ほんと岳かわいいよぉ。なんていうか純粋なの本当に。
だけど一弥は午後ジムであったら元通りだといいます。一弥には逆らえない岳ははい・・・と返事します。

う~ん・・・なんとなく岳の気持ちが分かっていた一弥はうまく岳の気持ちを交わしていたみたいです。
まっすぐな岳だからバレないわけないかぁっと納得ですけどね。

遊びのつもりで仕掛けたのは俺なのに 
次が来ちまったら ちゃんと避けられる気がしねぇんだよ


事後のあとこれが遊びで割り切った女だったらと思っている描写がありましたよね。
最初は遊びのつもりで仕掛けたのかもしれません・・・。だけど岳のまっすぐな気持ちに
なんだかんだ向き合おうとしているのかな、でも怖いなという感じでしょうか。

仕事中にもなんだかんだ岳のことを考えている一弥。
仕事終わりに外へゴミだしに行くと岳が待っていました。

・・・どうしても 顔・・・見たくて 約束破ってスイマセンでした

と岳。岳にこんなこと言われたらね・・・一弥もたまんないですよね。
最初は遊びのつもりだったようですけど、もう岳が可愛くて仕方ないのですから。

帰りますという岳を背中から抱きしめます。

やめた もういいや  避けられるわけねぇよ なぁ・・・岳

そう思いながら一弥は岳を抱きます。
抱きながら、岳をだくときに感じる気持ちは長いあいだ忘れていた
自分が求めていた あの熱さと一緒だ・・・と感じます。

リング上で自分が感じていた熱さ。それはきっと何かに夢中で、目的のために無我夢中になる。
そして勝ったときに得られる幸福感みたいなものと一緒だみたいな感じなのかなぁと自分なりに考察してみました。

この気持ちは一弥自身が岳にのめり込んでしまったということを表しているんでしょうね。


スイマセン・・・この犬と欠け月は48時間レンタルで3チケという激安にも関わらず。。。
230ページもあるんです。かなり読み応えあります。

それに好きな作品なのでレビューにも力が入ってしまい長くなります(T T)あす、またパート②をアップしますので
一旦区切ります。

なぜなら、次は岳がどうしてボクサーを目指したか、一弥に惚れ込むのか・・・
そして一弥との関係の変化が描かれていてかなり内容が深いので・・・。

ちなみに・・・私も3チケで読んで速攻無期限レンタルに変更しました。。。何回も読んでしまいます(汗)
欠け月ってどんな意味なんでしょうね。

一弥の目が悪いので欠け月になったのかな?

最後のほうに光に照らされたリングがおおきい月みてぇと行っている描写があるので
そのリングに立てなかった一弥を欠け月として捉えているのかな???

とにかく欠け月は完璧ではない月なのでしょう。
それを補うのが岳なんだと思います。岳がいて初めて満月になるのではないのかなと勝手に思ってます。

ではではパート②お楽しみに!!!
絵の好き嫌いはあるとは思うけれど、ウノハナさんの作品はおすすめ物が多いですよ!


犬と欠け月の感想レビュー②はこちら
関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ