BL誌編集長と新人くんの不思議な関係が変わり始める・・・。千葉リョウコさんの最新刊の感想


やっと・・・やっと今日はお休みです。3時から、また私用で出かけるけど・・・ぜったい2つくらい記事は書く~!
こちらの編集長を好きになったワケですが。は、実は宝物見つけましたというコミックスに編集長との馴れ初め!?的な話が載ってます。

Renta!さんでは評価があまりよくないのですが、私はこの宝物見つけましたは好きですね。
短編集みたいな感じでいくつかのカップルのお話しが読めるのですが、その中でも【宝物奪われました】の
ヒトミ×咲坂が好きです(^^)

編集長を好きになったワケですが。千葉リョウコ BLコミック感想
編集長を好きになったワケですが。(Renta!限定特典付き)renta!電子書籍

一応扱いはスピンオフみたいな感じなのか、続きなのかよくわからないけれど、
宝物~を読んで読んでから今回の編集長を好きになったワケですが。を読むとより楽しめるかなぁ?と思います★
<作品内容>
「俺に挿れてみてくれませんか!?」

新人編集者・宝の好奇心から始まった、BL誌編集長・倉持との体だけの関係。
いつか心まで貰えたらと願う宝とは裏腹に倉持から告げられたのは……別れ!? 
BL編集長×新人編集者の「BL」の結末は?


絵柄 ★★★★☆~★★★★★(好みです♥)
ストーリー ★★★☆☆~★★★★☆
エロ ★★★☆☆

お勧め度 ★★★★

ではでは感想を~♪


宝物光りました

まずは馴れ初めから~。この感想は宝物見つけましたも一緒に。
まず、主人公の市ノ瀬くんはBL雑誌の新人編集くん。←というか、最初はお手伝い的な感じでBL誌の部門へ配属されただけです。
そこで年齢がひとまわりは違うであろう編集長の倉持と出会います。

BLというのに興味があった市ノ瀬くんが、「編集長相手ならアリだな」みたいな意味深なセリフとともに
ストーリーが動いて行きます。
市ノ瀬くんは以前に倉持を見かけたことがあってイケメンだと思ってたようです。
BL誌の編集長だからゲイだと思ってたような市ノ瀬くんが結構面白い。

倉持は当然俺はゲイじゃない!!!というのですが・・・。
この時点ではBLに関してはあまり知識というかあまりよくわかってなかった市ノ瀬くんも
BL誌を読んだりいろいろと知るうちにすっかりBLのとりこに。。。

あの・・・これホントに挿れられる方は気持ちいいんですか?

よかったら俺に挿れてみてくれませんか!?


市ノ瀬くんて本当に不思議ちゃんでねぇ・・・それがおもしろいんだけれど。
女性社員にも「前立腺マッサージって気持ちいいんですか?って聞いてみたり(笑)

倉持は最初からそんなわけないだろうと、あれこれ説明をタンタンと加えて話すのも面白いけど・・・

本当に何を考えているのかわからない市ノ瀬くんがこの宝物光りましたですね。
そのあとのお話しが編集長を~につながっていくわけです。

この宝物~で最後まで行くのですが、終わり方はあまり好きではなかったんですよね。
どうしても市ノ瀬くんが不思議ちゃんにしか見えないというか。寝るだけが本当に目的だったのか・・・
と思ってたら編集長を~でそれがよくわかってよかったです。
ではでは編集長を好きになったワケですが。の感想を!

編集長を好きになったワケですが。千葉リョウコ BLコミック感想


BLにハマり好きな人もできました

冒頭です。市ノ瀬くんからめっちゃ♥出てるので、もう好き好きオーラが半端ないというか。
女性社員とかも2人のことをネタなのか本気なのか応援しているのがおもしろい。

あいっ変わらずの不思議ちゃんな市ノ瀬くんですが(ボイスレコーダーで喘ぎ声とか一部始終収録しておきたいとか)
けっこう引くようなことバンバンやっちゃってるんだけど、倉持はなんだかんだで付き合ってるのよね。

そんな倉持からもうこういう関係はやめようと言われちゃう市ノ瀬くん・・・。
市ノ瀬くんはもう結構はまっちゃってて倉持のことが好きになってたのでかなりのショックを受けててなんか切ない。

市ノ瀬くんの不思議ちゃんに関しては後から出てくのですけど、本当は誰でもよかったわけではなくって
ちゃんと「倉持だから」という理由があるんですよね。

俺がほしいのはそういうんじゃないんです

これからはただの上司と部下だと倉持から言われた市ノ瀬くんは結構堪えてて、
いつもはしないミスとかしちゃうんですよね。

そんな市ノ瀬くんを心配してか倉持が優しいことばをかけたりするのですが、
市ノ瀬くんは優しい倉持が好きだけれど自分がほしいのはそんなことじゃないといって倉持と別れます。

そして活躍するのが前に撮ったボイスレコーダー(笑)
やってる時の倉持の声を聴いて・・・
倉持って「宝」って呼んでたんですね~。知らなかった~。

倉持の矛盾

途中、アカリさんという男のひとが出てきます。作家さんです。
男のひとですが、倉持と大学の先輩後輩の関係。

倉持が困っている顔を見るのが好きなようですね。←アカリせんせーは倉持が好きだったようですね(^^)
そんなアカリが市ノ瀬を気に入ってちょっかいかけていると。。。
倉持が市ノ瀬を連れ去っていきます。

お前がほかのだれかに触れられるのが嫌なんだよ

自分から突き放したはずなのにやっぱり倉持も市ノ瀬が好きになってたんですね。
歳のこととか、自分がバツイチなこと、市ノ瀬が自分に抱いているような人間ではないということ
そんなことを考えると「こんな関係やめる」になっちゃったようです。

市ノ瀬くんの興味から始まった関係なので、すぐ飽きられると思ってたりしてたと思ってちょっと倉持がかわいく思えました。
ちゃんと自分の本心を伝えて元に戻る2人。。。
結局興味から始まっちゃったと思っているから市ノ瀬君の気持ちも素直に受け取れなかったし
不安になっちゃったんでしょうね。

もっともっと違う形で付き合ってたのならこんな風に一方的に別れずに済んだのに~。
まぁ読んでいると別れてつらい期間は短かったからよかったかな。

市ノ瀬くんの本音

実はね、作中で市ノ瀬くんがちゃんと自分のことを語るところがあるんですよね。
なぜ倉持だったのか。
今まで付き合ってきたのは女の子だけれどいつも気になる子は男の子だったという市ノ瀬くん。
そして倉持と出会ったことでその気持ちが抑えきれなくなっちゃったんだそう。

だから1回でもいいと思ってお願い必死にしてたんですよね~。→宝物~を読み返すと確かに何度も何度も倉持に迫ってましたね。

2人はやっぱりイチャイチャしてるのがいいな♪
それに市ノ瀬くんってやっぱり不思議ちゃんだから倉持にしか無理でしょみたいな私の考え(笑)

花丘×杏野の前後編

倉持×市ノ瀬が成立してしまったので、倉持に淡~い恋心を抱いていた花丘(アカリ)は
そんな倉持の目(冷た~い目で自分を見る(笑))に似ている本屋の店員の杏野を気に入ります。

ひょんなことから抱きまくら的な役割をするようになった杏野ですが。。。
BL雑誌を読んで赤面する杏野がなんとうか初々しくてかわいいです。

いつもはツンな杏野がもう赤面!ですからね。
そんな杏野にキスしそうになるアカリですが、

誰かの代わりにされるのは気分が悪い

そう言って拒否る杏野。実は寝言でなんども「くらもち」という言葉を聞いてたので
アカリには好きな人がいると思っているようです。

結局アカリは倉持に関してはもう吹っ切れてて、まっすぐ杏野のこと見ているので
上手くいくのですけどね。杏野がウブとうかなんというか。。。

いつものツンな杏野から想像できないので萌えました~。ツンの子が照れるとほんとかわいい。

アカリ×杏野はもう1話あるとかないとか!!!続くのかな~。
描きおろしもエロ満載で良かったですけど、またまた市ノ瀬くんの不思議ちゃんパワー炸裂でしたね。

玩具使ってみたいとかこんな体位してみたいとか(笑)
なんだかんだで付き合っちゃいそうな倉持が創造できるのでこれまた面白いです。

といいながら本当に使ってみるか?と言われたら「普通に抱いてください」と言っちゃう市ノ瀬君がね~。
市ノ瀬くんも結構倉持の表情とか驚いた顔が好きみたいな感じで描いてあったので
それが確認してみたいだけなのでしょうねぇ。

さらさらと読めてすごく良かったです。おもしろかった!!!
千葉リョウコさんのストーリーでは私は一番ホスト×刑事の一途愛な【続きはまた夜に】が好きですが
こちらも面白かったです。
また新刊がいつ出るかはわからないけど楽しみです。
千葉さん好きだなぁ~。。。

ランキング参加しています!
応援していただけると嬉しいです(((o(*゚▽゚*)o)))
BLコミック感想

関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ
 タグ
None