ディアプラスで連載していた木下けい子さんの同級生BL。ツンデレさんの一途さがたまりません・・・


これ、ディアプラスでちょこっと読んでたのでコミックスになったら絶対読もうと決めてた1冊。
第1話は2014年10月。5話目が2015年12月なので2か月に1回ペースの連載だったのかな。
読んでいないところもあったのですごく満足のいく1冊でした!

そして、あのほんわかと進むストーリー・・・やっぱり木下けい子さんですね。
私の好みど真ん中。

同級生だったり、幼馴染だったり★一途愛大好きです!

ではでは、作品の紹介を♪


同級生棲活

<内容紹介>
中学時代の同級生の水野と三田園(みたぞの)は、頭のデキも性格も正反対の二人。
ある日、三田園から拾った子猫の世話をして欲しいと頼まれた水野は一時的に彼の家に住むことになるが……!?
お気楽ちょいモテ系×不器用堅物童貞のデコボコ同級生ラブ。



絵柄 ★★★☆☆(好みの問題ですが・・・)
ストーリー ★★★★~★★★★★
エロ ★★☆☆☆

キュン度高めのストーリーだと思います(^^)

感想はネタバレを含みますので要注意で続きより読んでくださいね。

突拍子もない発言を理解できるのも水野だけ

冒頭から三田園の上から目線の発言が面白かったです。
猫ちゃんを拾ってきたので、無職だから面倒みろ、いるもの全部買ってやると・・・。

超上から目線の命令口調なのに(笑)しょうがねーなぁ~と結局言うことを聞いちゃう水野はいいやつなのか何なのか。。。
というか、この三田園の性格とかよく知っているからなんだと思うけれど、そういうのに萌えてしまう私。
なんだかんだでその人のこと受け入れているということでしょ~。

まったく性格などが正反対の2人は中学の同級生。社会人になってからもずっと縁が切れずに来た2人。
最初は水野が三田園を理解しているからだと思ってたのですが、
縁が切れなかったのは三田園が努力していたからだとわかってそこでちょっとキュン。

な~んにもできない三田園―だけど潔癖で掃除摩。だからモテない、一生独身だなという水野に

俺が誰か他人と暮らせるとは思ってない 自分が一番わかってる
一生ひとりで結構


俺 平気だけど

さらっとこんなこと言えちゃう水野くん・・・さすがの三田園もテレるにきまってる。

お前が特別変わってるから・・・というのが精一杯だけれどすごくうれしかっただろうなぁ~と・・・。

というか、作中に出てきたチョイッターには笑いました(;'∀')やっぱこういうのって変えないといけないのかぁ・・・
架空のチョイッターなかなかいいネーミングではなかろうか(笑)

チョイっとするものだからチョイッターで普通に通じる~。猫ちゃんの親里探しにチョイッターを利用する三田園に、驚く水野。
三田園くんはちょっとコミュ障なので普通にそういうチョイッターとかしていたことにびっくりしたようです。
三田園いわく、仕事だと思えばコミュ障もなんとかなるらしい。


友情が愛情だと気づくのはどんな時?

三田園の友達は俺だけだ、三田園の特別は俺だけだと優越感に浸ってた水野ですが
あるとき、三田園が女性と歩いているのを目撃。

女性は猫ちゃんの里親になる人だったのですがどうも三田園に好意を寄せているのかもしれませんね。
そんなニュアンスの会話でした。

そして普通に会話したり笑ったりしている三田園にモヤモヤとする水野。
それをぶつけると

俺と仲良くしてくれるのなんてお前だけだろう?事実じゃないか

そして照れながらうつむき加減に言うんですよね。

お前は―おまえだけは特別だから 切られたくなくて
俺なりに一生懸命 きっかけ作って連絡とって

縁を切らさないようにしてたのに


その言葉を聞いて、過去の三田園を思い出す水野・・・。
こんなに人嫌いの三田園が俺とのつながりを必死につなごうとしてきたのだから切れるわけがないんだと
嬉しく思う水野にまたキュン。

それにね~三田園くん、さらっとものすごいこと言っちゃってるんだよね(笑)
三田園の性格を知っているからこそ、余計にうれしいんだろうなぁ~と。。。

三田園ォ 俺な

ずっとおまえの特別でいたいよ


なにこの2人・・・めっちゃ可愛いんですけど(n*´ω`*n)抱きしめるとかじゃなくて、
本当にうれしかったんだなぁ~って思うようなカットですのでこれは見てほしい。かわいい。。。。萌えます☆

そして今日泊まっていくか?と聞く三田園に最近ヤバイという水野。
夜となりで寝れないし、帰りたくなくなっちゃったりとかすると言うのですが、
それを聞いて三田園がちょっと照れながら横目でみて

じゃぁまた一緒に住むか?

と。たぶん一緒に住んでたのは猫ちゃん育ててた間のことだよね。。。

ばっか 察しろよ 俺その内おまえにちゅーとかするぞ!!!

いいから言ってるんだ おまえこそ察しろよ

なんじゃこりゃ・・・やっぱり可愛すぎるよこの2人~。
お互い、特別な感情を持ってると気が付いたのですよね。というか、三田園に関しては
以前からそうだったようですが、水野は三田園の一番特別な人でいたいというような
独占欲のような感情から発展したのかしら?と。

でもでも本当にこの2人のやり取りが可愛くて転げまわりそうになりました。
コミュ障でいつもツンの上から目線の三田園がデレるだけですんごい楽しいこのコミックス!
好きだわぁ・・・。

おまえ よくも酔った勢いで・・・

この作品で一番あ~やっぱり一途愛最高だなぁと思ったのがね、

なんと三田園氏・・・初チューもまだでして。もちろんドーテーでございました。
そんな大事な初チューを、酔った勢いで水野に奪われちゃったのですよね。

それを知った水野がえっ!?嘘マジ?ラッキーなんて言っちゃったもんだから怒っちゃった三田園氏(;'∀')

俺の努力と純情を弄びやがって

出て行っちゃった三田園氏ですが追いかけてきた水野とめでたくまたチューをしまして☆
なんかねぇ初々しいんだよぉ・・・。
三田園にはまだまだいっぱいいろいろな経験が待っているんだろうけどこれは水野と
一個ずつクリアしていくんだろうなぁ~って、ほんとキュンキュン読みながらしました。

社会人の2人のストーリーなのに、なんていうか青春ものじゃないの?と(笑)

俺がささげる側?

な~んていい雰囲気の2人ですが、ここで問題が~。
どちらが捧げる側かで衝突します(笑)

おまえ・・・まさか俺が開く側だと思ってたのか?
いやいや三田園君 君、何言っちゃってんの
恋愛スキル0すなわち経験0のお前がムリムリ


これを高いお店で会話している2人。
おまえ俺のシュミレーションでは相当乱れてたぞって得意げにいう三田園にめっちゃ笑った。
やっぱシュミレーションかぁ~~(笑)(笑)
もうほんとセリフの細かいとことか表情とか見ながら読むとクスクスと笑っちゃうこの2人。

でもね、三田園がどうしても攻をしたかったのには理由があったんですよね。

ある日の酔っぱらって帰ってきた三田園が言うんです。

水野 俺は お前で童貞を捨てると決めている 中二の夏から

自分はそう決めていたのに、水野は高校生でドーテーを捨てそのあとも彼女ができるたびに
自分に紹介してきたと言います。
でもそんな自分をかわいそうに思って処女を捨ててくれてもいいんじゃないか!?と。。。

水野もね、一緒にいるようになってからいろいろと考えてるんですよね。
いつから三田園は自分のことが好きだったのだろうか?とか。その時に入る回想の2人がまた可愛くて(n*´ω`*n)

三田園の笑顔は絶対に水野限定ですよねぇ・・・。

処女をくれといわれて水野も思うわけです。三田園が自分のことを好きだったのは前から知っていたと。
今まで彼女を紹介してきたのは、紹介したときに見せる三田園の少し傷ついた顔が好きだったようです。。。Sですね(;'∀')

でもね~三田園えらいんだよ!ほんとに一途すぎて泣ける。
水野の彼女から紹介したい人がいると言われてもしっかり断ってて。。。気持が通じあってよかったねぇと言いたい☆

その話を聞いてなんとなく決心したような水野。。。どうなるやら~。

俺好きな子はいじめちゃう方だったみたい

仕事帰りにばったり会う2人。水野は薬局へ行こうと言います。
その道中に、水野は三田園が自分のことを好きだというのは気づいてたと言います。
そして気づいてて友達になったのだと。

自分に話しかけようとしている三田園が面白くて待ってたんだと。

おまえ・・・非道い奴だな

うん 俺好きな子はイジメちゃう方だったみたい

なにこれ~。ちょっとムカッとしてたのに一気に転げまわったわ。三田園もひどいやつだなと言ってたのに
ほほ染ちゃってるし!!!

そうか、、、思い返したら水野も三田園好きだったということなのね。もっと早く気が付けばよかったねぇ・・・。
ほんとうにこの2人のストーリーに時々入る中学の時の回想がいい味だしててキュンとなって
見せ方うまいなぁ~と思います。

卒業式の第二ボタンのエピもすごくいい。
俺のお前にやる交換しようって(笑)水野のボタンはほかの子にも狙われてたというのに
なんという上から目線!たまらんぜぇ三田園~。

そんな2人の中学のころを思い出して水野は思うわけです。

おまえの初恋が 俺で本当に良かった

俺 おまえと同級生で良かった


なんて後味のいいお話しなんでしょう~。ちなみに俺のやるから交換しようと
言ってた第二ボタンは銀行の貸金庫にあるんだって(笑)三田園うれしかっただろうなぁ~。

第2ボタン受け取ったときの三田園の顔見たかった・・・。一生の宝物だね。


描き下ろしは、水野のかわいい嫉妬でした(o^―^o)
オチもしっかりあってすごくこの描き下ろし好きです!!!

ということで、またまた長い感想になりましたが、本当に満足のいく1冊でした。
私的にはこれ木下けい子さんの作品の中で上位に行くとおもう。
作品の中ではすんごい切ない系とかあるんだけれど
やっぱり私はほのぼの系が好きだなぁ・・・。

水野は結局、三田園がずっと縁をつないでくれてたから今があるんだと実感したのだろうね。
だから最後の「お前の初恋が~と、おまえと同級生でよかった」になるのだと思う。

結局・・・三田園氏ドーテーのままですが。。。いつか叶うといいね(笑)
それを描き下ろしで読みたいな~って思ってたら、途中までそんな感じだったけど
水野氏に一本やられました('◇')ゞ参りました~。


ということで今日はこの辺で★

もっとサクサク感想書きたいのに、いっつも時間かかっちゃう・・・。
ついつい気に入った作品だと書きながらまた読んじゃうのがいけないのね(´;ω;`)ウッ…

ランキングに参加しています。
BLメモリー



関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。