1巻はキュン度高めです。ブルースカイコンプレックスのネタバレ含む感想です。


さて今週もがんばって感想をUPしていきたいと思います。トップバッターさんですね♪

あと、顔にできた湿疹ですが綺麗に治りました(´;ω;`)ブログを読んでいろいろとアドバイスを
くださったり、こちらで手に入るよさそうなものを紹介してくださったり・・・
本当にありがたや~でした。ブログしててよかった・・・。

私の顔の状態はどうでもいいと思うので、早速感想へ~。
そういえば1巻も感想UPしていなかったので1巻・2巻同時に感想を書こうと思います。←書こうと思ったら長くなったので別々に(笑)


ブルースカイコンプレックス 1・2巻renta!電子書籍
1巻→全215P 【48H・3、無・6】  
  ●絵柄 ★★★☆☆(好み分かれます。コマ大き目)
  ●ストーリー ★★★★☆ (市川けいさん独特の間が好きです)
  ●エロ ★☆☆☆☆(1巻はチューしか絡みないです)
  私の満足度 ★★★★

学園もの、キュン度高め、接点なさそうな2人
こういうのが好きだなぁ~という人におすすめです♪


<作品内容>
古びた本のにおいに混ざる清潔で清廉なシャンプーの香り。かるく目眩がした、放課後――。

「静かに本を読める場所が欲しい」と願っていた楢崎は、
ひょんなことから学内で有名な素行不良の生徒・寺島のお目付け役に抜擢され、
二人きりで放課後の図書室の受付をすることになる。
初めこそ会話のない二人であったが、ページを繰る音だけが響く図書室で、
楢崎は不思議な空気をはらむ寺島に次第に興味を持ち始める。
やがて学校は夏休みに入り、お目付け役もお役御免となるが――。



1巻での淡々としてた楢崎が2巻では変化してきます。これも見どころ!
不良くん寺崎・受、本が好きな楢崎・攻のちょっと異色カプ学園ものです♪

ちなみに、学園ものならば私はいつも言うけれどスロースタータースロウデイズ
2人がすごく好きです。
市川けいさんは、やっぱり独特な間というか空気感というか、そういったものが
あると思います。無言コマもけっこうあるので表情を読み取ったりするのも面白いですよ!

以下ネタバレ含む感想になるので要注意でお願いします。


最初の印象は基本変わらないけど・・・

この2人はいわば正反対な感じなのでしょうかね。不良の寺島と、メガネくんの楢崎。
ですがお互いちょこっと横目で見るほどは気になってたり・・・。

うわ 相容れなさそう

これが楢崎の寺島に対する第一印象。
この2人がどうして仲良くなる接点ができたかというと、先生からの楢崎への図書室の受付係依頼がきっかけ。
本が静かに読みたいと思ってた楢崎にしてはちょうどよかったのかも。

ですが図書室に行ってみると、寺島がいたわけです。
先生がちょこっと企んだんですね(笑)そして楢崎は出席日数の足らない寺島のお目付役に。

最初は全くしゃべらない2人の雰囲気がよく描かれていて、だんだんと楢崎が寺島に興味を示して
行くのも読み手にちょっとずつ伝わってきて1巻では私は最初は楢崎目線で読んでました(^^)
ちょっとニコッと笑顔を向けられた時の楢崎のあの反応も、無言コマなんだけれどねそれが反っていいというか!

楢崎の心境の変化も本当にちょっとずつなのにうまく描かれていているんですよね。
背面のトーンの使い方だったり、ちょっとしたセリフだったりでそれがわかります。

無言→お・よう(挨拶)→会話するようになる。
これがじっくり描かれているんですよね★

不愛想なやつがこうやって少しずつ心開いてくれてんのは
悪い気はしないよな やっぱり


って楢崎は思っているけれど、これって実はお互いさまだったりするのですよね。
楢崎自身も寺島に心開いていっているから会話ができるわけで。
「うわ 相容れなさそう」と感じてた楢崎の変化も楽しめて面白いです!

最初の印象って基本は変わらないけれど、
寺島の場合は「基本」ではなく「例外」なのでしょうね(n*´ω`*n)

不良寺島のかわいさ

寺島って不良設定なんだけれど、すんごくかわいいんです(笑)

順位50上がったら 褒めてよ
ってね。すんごく勉強もがんばったりなんかして。順位も50どころか100以上あがってたし。
で、寺島はなんかかわいいけれど、楢崎は行動がかわいいんですよね~。

突然、順位があがったご褒美くれといわれて寺島からキスされた楢崎が
もうず~っと寺島のことばっかり考えちゃってて。
夏の暑い中、寺島と偶然あった場所で待ってたり・・・。

自問自答しながら待っている姿がなんかかわいそうだったけど面白かったです(笑)
たぶんこれは心の中で2人の楢崎が会話してんだな~と。

わりと自分が考えているより、突拍子もない寺島の行動に振り回されてる楢崎がかわいかった・・。
あれ?寺島がかわいいと書きたかったのに、楢崎のほうがかわいいに変わってましたね(笑)
この2人はちょっとずつお互いのことを意識して、ちょっとずつ様子を探りながら近づいていくので
本当にどっちもかわいいです。←2人ともかわいいということで!!!

寺島の過去と現在

1巻では寺島の過去編が載ってました。中学のころから男性への興味があった寺島ですが、
はやり認めたくないという気持ちも持っていたようですね。

寺島ったらタバコは吸うわお酒は飲むわ・・・確かにここら辺は不良っぽいね。
楢崎と一緒にいるときはかわいい面も見せるから忘れちゃうけど・・・。

毎日つまんないなと生活していた寺島ですが、はじめて楢崎を見たときに同じように感じるんですね。

つまんなそーなツラしてやがんの

楢崎のことを見かけて、自分と照らし合わせた寺島がここからちょっと変わってくるのですよね。
なんだかんだで楢崎のことを意識しだしている寺島の描写があってちょっとキュンはあります。

自分の性的嗜好にちょっと悩みながら隠しながら生活してきたんでしょうね寺島は。
あの日、図書室にちゃんと行ったのも楢崎が本をよく読んでるのを見てて
今日くらいは読書してもいいかなと思ってたというのが萌えます・・・。

寺島のほうは早くから楢崎を意識していたんだなぁ~って💛
そして図書室で本を読んでいたら・・・楢崎登場~~。思わず赤面している寺島激カワでした。

家に帰ってからお母さんに

・・・・・ババア 俺 病気かも なんか動悸がずっとスゲーんだよ
俺死ぬかも

に対するお母さんの返事笑いました。
ふ~ん で ごはんは? です(笑)

図書室で毎日無言で過ごしてた2人ですが、この時寺島は楢崎が来たら
ドキッとハート飛び出てたんだと思ってちょっと萌えました。

こういう楢崎目線・寺島目線のストーリーが両方描かれているとすごくいいですよね!
あの時寺島は本当はすんごくうれしかったんかぁ~とかわかってこれをしってまた最初から読むと
違う面白さが味わえる!

楢崎の家にて

寺島が初めて楢崎宅へ行ったとき、楢崎のちょっとした笑顔をみて

いいもん見た ナチュラルな笑顔いただきました
の寺島かわいいです💛

寺島がだんだん楢崎にドはまりしていく様子が読めてほんとちょっとこちらもドキドキしました。

楢崎は楢崎でナチュラルにキスしてくる寺島の真意がわからなくて
寺島なりのスキンシップだとわりと本気で思っているのがかわいいです。

海にて・・・

楢崎が貸した本のモデルとなった海が隣町だというので一緒に来た2人。
寺島はどうして楢崎が誘ってきたとかそっちばっかり気になってしかたないようですね(笑)

そんな時に会ってしまったのが、寺島が女性に興味がないというのを
知っているバーの店長。

ちょこっとボーイズトークしてて楢崎から離れてた寺島ですが、楢崎が店長のことをか
聞いてこないからモヤっとしてるんですよね。

こんだけアピールしてんだからちょっとは俺に興味もて アホ
って思ってる寺島がね・・・。そして自分だけが一方的に興味を持っているんだと自覚してしまい落ち込むわけです。

な~んて感傷に浸ってる時に寺島に楢崎が
さっきのひとって なに?って聞いてくれたわけです(n*´ω`*n)

うれしくて仕方なかったのでしょうねこの時の寺島。自分に興味を持ってほしい、自分を気にかけてほしい
と思っているのになかなかうまく楢崎が反応してくれなかったわけです。
だからこそ、このさっきのひとは誰だったの?というような一言が寺島の糸をプチっと切っちゃったわけです。

思わず楢崎にチューしちゃうのですが、今まではちゅって感じだったのにかなり濃厚((ノェ`*)っ))タシタシ

でもね~・・・・・・・この後の楢崎のセリフが

ごめん

でした。
ごめんの意味

あれから2人は2週間くらいあまり口を利かなかったようです(;´・ω・)
あまり好きではないといっていたお酒を例の店長さんの店で飲んでいる寺島。

でもここでちゃんと店長さんいいこと言ってくれるんですよねぇ~。
キスして拒否られたと思った寺島ですが、店長はちゃんとその前に自分の気持ちを伝えたのか?と。
あれ?言ってないかも?と考えるのですが、でもキスして舌入れで拒否られたから無理だと
勝手に思っている寺島。

そのあとこの店長にちょっと襲われそうになっちゃいますが(カマかけただけかもしれないけど)ちょっとはグルグルと悩んでた
気持ちもここで変わったのかなあ~と思います。
酔っぱらいながら楢崎に会いたいなぁ~とか思ってたんでしょうね。
知らないうちに楢崎の家に向かって歩いてたかと思うと萌えます(n*´ω`*n)

ちょっと酔っぱらってきちゃったのは面白かったけれど、ちゃんと2人で話せてよかったな~と。
でも最初に自分の気持ちを言ったのは楢崎でしたね!こういうとこ攻なんでしょう~!!!

自分にちょいちょいキスしてきたけれどその意味が分からなかったという楢崎。
ここのお互いの考え方違いがちょっと面白いですよね。

楢崎自身も、寺島がキスしてきてたのは深い意味がなくてスキンシップのためだと思ってたようで(笑)

俺 お前のことが好きかもしれない

って言ったあとの無言に ああ・・・ごめん、あれだよな 気持ち悪いよなって。
本当に気が付いていない鈍チンくんでしたわ。

そしたらね、また続けるの。どんな好きかの説明を(笑)

・・・・あぁアレか ちょっと意味わかんなかったか 好きっていっても違うんだ
友達とかそういうんじゃなくて もう1歩踏み込んだところっていうか・・・いや
自分自身でもまだ戸惑っているんだけどたぶん


ほんと市川けいさんのこういうセリフのやりとりだったり間の置き方だったりがすごく好きです。

結局は寺島の早とちりというか、自己完結で落ち込んでただけでしたね!
もうねこのあたりのやり取りがおもしろいというか、うまいんですよね~。

お互いが違うこと思っててね。でも結局はお互い相手のこと好きなんです。
どちらも両片思い状態だったということです!ハイ。ごちそうさまです~!

あの時の「ごめん」の意味はお前はスキンシップでキスしてくれるんだろうけど
自分だけが好きとかそういう特別な感情を抱いてしまってごめんの「ごめん」でした(笑)

ここらへん、雑誌で読んでた人は楢崎~~~~~~~~状態ですよね。
同じように寺島もお怒りでしたけども(笑)

最後に、いつもは寺島からのキスだったのがお互いの気持ちを知ったときには
楢崎からのキスに変わっているというのも見せ方のうまさなのかもしれません💛
最後は寺島目線でキュンとできました!

描きおろしもすんごくよかったですね。
あの楢崎のさらっとした答え方(笑)このストーリーの面白さはあの楢崎のローテーションが
あるからこそなのかもしれませんね。

ということで長くなりましたが・・・1巻・2巻一緒に感想を書こうとおもったのに
私は常にダラダラ書いちゃうようで結局無理でした(;´・ω・)

引き続き2巻の感想も今からがんばって書きますので。。。。
2巻では、この楢崎くんが変化していきますよ~~~~~~~💛

そして2巻ではこの2人!!!!!!市川けいさんのエロ拝めます。。。ふふふ。

ということで1巻の感想はこれにて~。

ランキング参加しています。2巻の感想もがんばって書いていますので
ぜひ応援してやってください~。

BLメモリー
関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ
 タグ
None