キオクカプセルが人気の龍本みおのボーイズラブコミックを読んでみました


1/365の恋人のサンプルを読んで絵が気に入ったので購入しました。

174ページで7チケだとちょっと高いのですが・・・まぁ期待を込めて・・・。
この方、TLやら少女漫画も描いているようですね。キオクカプセルというコミックもあって
妹×兄のラブストーリーというのも面白そうですね。再婚相手の子供同士なので血はつながってなさそうですが・・・。

今回の1/365の恋人は・・・まぁ面白かったけど~7チケの価値があるかというとよくわかりません・・・。
ウノハナさんとかね、ヨネダコウさんとかは200ページ超えでも6チケとかあって大満足なんだけど。
それと比べると割高ですね。

ストーリー性に関してはう~ん。。。1年に1回会うというのはちょっと無理な設定だった気がするけどなぁ。
1ヶ月に1回とかにすればよかったのに。

10年で10回しか会っていないのにずっと好きとか、主人公の10年無駄にしているような気がしてならなくて。
もっと頻繁に会えばいいじゃん!みたいな。。。

ではでは、ネタバレありの感想ですので気になる方は続きからどうぞ。


たつもとみお 1/365の恋人

<内容紹介>
「俺より好きな相手ができるまで、年に一回誕生日にデートしてやるよ」高校の卒業式の日、思い余って告白した隆史に、颯はそう言ってくれた。それから10年。律儀にデートの約束を守る颯に思いは募るばかりで……。
☆Renta!限定イラスト特典付き☆

174ページです。


卒業式の告白


卒業したらもうあえなくなると思ったら好きだと告白していた主人公。
とっさに今のなしと訂正するのですが、以前ユニフォームを抱きしめてたのを目撃されてたらしく・・・
やっぱりそういう意味だったのかと言われてしまいます。

そして女が好きだしそういうの無理だと振られてしまいます。

涙を流す隆史(主人公)。それを見て

俺より好きな相手ができるまで 年に1回おまえの誕生日にデートしてやるよ
と颯(攻)がいいます。

それから10年、毎年1回会っては近況報告などをしていたのですが、隆史はこのままでは
前に進めないと思ったのか区切りをつけようと思います。

会うのは最後と決めた日


会うとやっぱりドキドキしてしまう隆史。決心が鈍らないうちにと打ち明けます。

俺好きなヤツができた
お~マジでかよかったなと喜ぶ颯。お祝いしてやると言って最後の誕生日のお祝いをします。

隆史にとってはこの1年に1回だけの会う約束が何よりの心の支えだったので
これからどうやっていこうかと考えていますが、颯は女の子が好きなので決して自分の思いと交わることはないと思ってます。

話から颯は彼女ができたら隆史に報告しているようですね・・・。隆史辛いだろうな~。
とはいえ、心の中で諦めもあったと思うから変に期待することもなかったのかもね。

好きなヤツができたってやっぱり男なの?

直球ですね颯(笑)
そしていいやつか?大事にしてくれるやつか?といろいろと聞いてきます。
10年間見守った身としては気になると言いいます・・・。

大丈夫だからという隆史。

今までりがとう 俺 颯のこと一生忘れないよ
隆史のこの言葉からも本当に一大決心した別れだったんだろうなと思います・・・。

タクシーに乗って帰る颯。ですがタクシーを降りやっぱり俺にも紹介してくれと言います。

彼氏の登場で状況が変わる


彼氏のふりをして欲しいとお願いしたのはよく行くバーの店長さんでした。
颯は対抗するかのようにこいつね高校の時俺を好きだったみたいで・・・といいますが

店長は聞いてますと返答します。←よく相談していたようなので本当に知ってるんですよね(笑)

お店ではカップルがキスをしていて颯は男同士でキスしてると言います。
店長は珍しい?俺たちもよくしますよ?とカマかけます。

すると颯はやめろ!と怒るんですね。ちょっと嫉妬っぽいですね。
でも隆史はごめん、気持ち悪いよねとゲイに対しての不快感だととってしまうんですね。。。

颯は違うそうじゃなくて・・・と言います。

・・・おまえは 俺を好きでいればいいんだよ!

俺様発言頂きました~!俺を好きでいればいいんだよ!って独占欲丸出しですね。
とかっこよくいったはいいけどそこで倒れてしまう颯。飲みすぎですね(笑)

隆史は・・・受け入れてくれるわけじゃないのに。。。と悲しくなりますが、店長はそうでもないかもよと言います。
実は颯は北海道に転勤になってたようで、この日のために飛行機できてくれてたというのがわかりました。

隆史のマンションで目を覚ます颯。隆史は今日北海道から来たのかと聞きます。
どうしてそこまでしてくれたの?問うと約束だからと答える颯。

そして隆史は好きな人ができたというのは嘘だと話します。そして嫌だったら逃げてといって颯にキスをします。
颯も目を閉じ受け入れた感じに見えました。。。この人、絵がきれいですからキスもいい感じです。

キスをしながら高3の時のことを思い出す颯。
家に泊まっていけと隆史を誘う颯。とまどう隆史でしたが結局泊まることに。

そしてちょっとウトウトして寝ていた颯。気が付くと自分のユニフォームを抱きしめ自分の名前を呼んでる
隆史が目の前に・・・。

その時の気持ちはというと、驚いたけど嫌悪感はなかったらしく、
それからずっとわざと隆史に触れてたようです。隆史の反応を確かめてたっぽい。

そして女性とは違うキスにちょっと戸惑う颯。やめろっといって隆史を押してしまいます。

隆史はそれでも「嫌だ」と言います。明日になったら酔も覚めて颯はきっと我に返ると。。。
だから今しかないんだと言います。
そして再びキスとします。

本当に我に返るんだろうか?と考えそして颯はまた回想します・・・。

彼女とのやりとり。
隆史とのデートで気合の入っている颯に彼女が気づき、自分とのデートより気合入ってないか?と
言われたこと・・・。仕事が忙しくても年に1度の約束を守ってたのは破ったら隆史がなくんじゃないかという
のと会った時の隆史の反応でまだ自分のことを好きでいるかを確かめたかったからだということ。

そして颯からのキス返し。

こんなふうにキスされたらもう他の誰ともキスできなくなる
そういう隆史に対し、いいだろ、それでという颯。

何もわかってないくせに!と怒っちゃいますが、トイレに行くといってトイレで整理する隆史がかわいいです。
酔っていてキスなどを受け入れてるにしてもそれに付け込めばいいじゃないか!と
いけるとこまでいってやる!という決心が可愛いです。がんばれ!と応援したくなっちゃう。

トイレから戻ってみると。。。。お約束~颯は寝てました(笑)
翌朝、目が覚める颯。そしてご飯を作っている隆史。

何事もなかったかのように振舞う颯にいっそのこと全部忘れてくれればいいのにと想う隆史。。。
昨日は一大決心したのにね・・・(T T)
そして14時に隆史のマンションを出るという颯。

時間になりマンションを後にしようとする颯に、次に・・・会うのは1年後・・・?と聞きます。
するとおまえ誰とも1年間キスしないつもりか?といってキスをしてくる颯。

今度はお前が会いにこいよ
今までは1年に1度の約束だったのですが、それ以外に会いに来いよという颯。
これは思いが通じたということでよろしいかしら???

2/365の日
空港では颯が待っててくれました。
いつもスーツだった颯のラフな姿が新鮮な隆史。

颯はスーツは隆史が好きだろ?といいます。照れる隆史・・・。
そして颯はいろいろなところへ隆史を連れて行ってくれます。

でも・・・なぜか隆史はちょっと違和感を覚えるのでした。

颯の態度の変化・隆史の気持ちの変化


違和感が何なのか、最初は気付かなかったけれどふとわかります。
それは颯の隆史に対する態度が女の子を相手にするときの態度だと・・・。

妙に悲しくなる隆史。

そして先にお風呂に入って来いという颯。
颯とこうなることを望んでたハズの隆史ですが、颯が颯でなくなってしまう気がして戸惑います。
そして・・・颯とそういう関係になってしまったら自分が自分でなくなってしまう気も。

10年間想い続けてきた相手が急に自分のモノになるかもしれない状況が訪れて急に不安になったのかな?

颯が自分のカテゴリを友人から恋人に変えたことで、隆史は自分は今までの彼女たちと一緒になったんだと
思います・・・。それが嬉しくもあり悲しくもあるんですね。

自分はどうしても男で、今までの彼女たちのちがい女ではないのだから。
そんな自分の気持ちに気付いて欲しいと願う隆史。それが態度にも出ます。

颯は何を怒っているのかと聞いてきます。何かしたのか?と・・・。
言いたいことがあるなら言えよという颯。

隆史は怖かったといいます。これでいいのかと・・・。
それを聞いた颯は今日は別々で寝て明日話そうといいます。

別々に寝ながら隆史は何をやっているんだろうと自分を責め泣きます。
だけれど「10年間も想ってきた颯」が自分をあっさりと女として受け入れようとするから不安になったんですね。

受け入れてくれてるはずなのに、男としての自分を否定されている気がして腹が立ったのもあるようです。
そして寂しいと感じる隆史。

泣いている隆史に気づいている颯は泣くなといいます。泣きたいのは自分のほうだと。
そして男のくせによく泣くよなと・・・。

手をつないで寝ようという颯。手をつなぎながら、自分が女として扱われてなかったんだなと話します。
今日の颯の態度が今までと違っていて、女を相手にするときのテンプレな優しさとか少し傷つくと言います。

今日の隆史がおかしかった理由が分かり、颯も話し始めます。

颯自身もどういう態度をとればいいかわからなかったようです。
颯自身もネットでいろいろ調べてちょっと必死になってたようで・・・。颯にとったら始めての男の人ですし
仕方ないよねぇ~。女にとる態度だというけど今まで女の子とした付き合ったことのない颯に怒っても・・・

・・・颯 俺が好きなの?
と隆史がいいます。そういったろ?と返す颯。
俺 男だよ?といいますが、颯は優しくキスをしました。

う~ん、、、わかるんだよ、わかるけどさぁ男、男考えすぎなんじゃないの隆史!

おまえに対する独占欲とか執着とか認めてしまったらすごく楽になったんだ
お前が好きだ
だから・・・もう以前の俺と同じように接せれないと思う


そう言いながら隆史に触る颯・・・。

長く続けてきた関係を変えて違う形になる


高校の時は、視界に入るだけで幸せだった。
卒業してから1年に1度の会える日を何度も何度も反芻してキオクに焼き付けた。

今は颯が横にいて抱かれている・・・。
不安定で壊れやすいかもしれないけれど、諦めたくないから必死で身を寄せるんだと思う隆史・・・。

北海道生活が終わり、東京に帰った隆史。
この危うい関係が長く続くように大切にしようと思っています・・・。
颯はノンケだからどこか不安なところもあるんでしょうね~。

そして颯からの電話。
仕事で東京に行くから会えないかと・・・。そしてその日に高校の部活のメンバーとも集まる予定のようです。

部活のメンバーとの集まりにて


待ち合わせ場所に行くと、女性と話をしていた颯。声をかけると女性から
恋人と待ち合わせじゃなかったんですか?と言われます。
颯は隆史を紹介しようとしますが、隆史はとっさに恋人の弟ですと言ってしまいます。

隆史は、信頼してない相手にむやみに言うもんじゃない、もっと慎重になれといいます。
好奇の目にさらされてこの関係が壊れるのが嫌なんですね。

そして一緒に部活のメンバーとの集まりに行く2人。

2人は相変わらず仲いいのか?とメンバーに聞かれ、颯はいいます。

ついに落とされて 俺達 今 付き合ってるんだ

さっき慎重になってといったのにもうこれです(笑)当然隆史はびっくりして怒ります。
でも。。。颯は信頼している相手にならいいんだろ?こいつらなら大丈夫だといいます。

メンバーたちも祝福ムードです。
隆史にもよく粘ったなぁ~というメンバー。こういうのって嬉しいですよね!

そしてハヤテは隆史にいいます。
好きな相手くらい紹介したいだろ?と・・・。直球のいいやつだねぇ~。

隆史のマンションにて抱き合う2人・・・。

ハヤテは部活のメンバーとも1年に1度くらい集まってるんだといいます。
そして来年も一緒に行こうと。

隆史と颯の中で1/365の約束がまた1回増えるんですね。そしてその約束はまだ1度も破られたことがないという隆史のセリフで終わっています。

ということは必ず来年も一緒に行けるということを確信したということなんでしょうね!

ここで終わりですがあとは涙という話しが載っています。

これは颯視点のお話。まぁ良かったです。

1/365の恋人というのはどういう意味なんかなぁ~って考えてみました。多分ですけどね、
始めは1回の約束だったのが気持ちが通じ深まるごとに1日1日とその1回の約束事が増えていくという意味なのかな?と・・・。

時々顔が崩れてるな~と思うところもあったけど、隆史の表情がいいです。
どちらかというと、颯はいいやつですよね。律儀に1回の約束を守って大事にしてきたからこそ、
いざ離れるとなると手放せなくなったのかな~。

また次回作あるなら読んでみようかな!基本的にはTLとか少女漫画家のようですからBLコミックは
少ないかもしれませんが・・・。


関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。