マガジンビーボーイ連載中。高人からみた東谷准太はどんなやつ?


今回は過去編最後と以前から言われていましたが・・・どうでしょう。
クライマックス回はあと1回あるでしょうか。

まだタカトーが抱かれたい男1位だった頃・・・のおはなし。

抱かれたい男1位に脅されています。の作品情報



桜日梯子/リブレ出版 (2014/2/10)、 (2015/03/03)
kindleで詳細をみる

※それぞれのサイトに立ち読みorサンプルありますので興味のある方は読んでみてくださいね♪

抱かれたい男1位に脅されています。はこんな話


作品内容
「一生、俺から離れられない体にしてあげますね」

5年連続「抱かれたい男1位」の西條高人がついに首位陥落。
その座を奪ったのは芸歴3年のド新人俳優、東谷だった……!
敵意ムンムンの高人に対し、東谷は邪気のないキラキラ笑顔で懐いてくる。
警戒心MAXの高人だったが、酔った勢いで東谷に醜態をさらしてしまってから立場が逆転!
にぎられた弱みの交換条件として「抱かせて下さい」と迫られて……?
「抱かれたい男1位だった俺を抱く? 何言ってんだコイツ!!」な表題作と、ほかハイテンションドエロ読みきりを大量収録!


抱かれたい男1位に脅されています。0章4話掲載誌はこれ


雑誌
MAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2016年 06月号 [雑誌]マガジンビーボーイ6月号
電子
 電子はRenta!さんでは5月26日配信予定になっていますのでしばしお待ちを・・・。

以下ネタバレ含む感想になりますのでご注意を!

ふろくで顔が四角くなろうとも、
ナンバー1実力派俳優のオーラは消せない―! 
  (笑)

↑このアオリ考えた人天才!笑いました。
ふろくで顔が四角くなったタカトーさん見たい人はこちら。スノウも作りました!

今回はタカトー目線のストーリーでした。0章はずっとチュン太・・・(0章はチュン太じゃないので東谷と書くことにします(-_-;))
目線のストーリーだったのですごく新鮮でした。2話・3話の東谷との絡みにリンクしているので2話・3話を読み返してみると面白いと思います。
2話マガジンビーボーイ10月号の感想
3話マガジンビーボーイ11月号の感想

圧倒的な存在感!タカトー&東谷そして桜日梯子先生


わたくし・・・今回のストーリーを読むのをすごく楽しみにしていました!
読んで思ったのはやっぱり面白いですねぇ0章。前々から言ってましたが、抱かれたい男1位に脅されています。の1巻・2巻をさらに面白くさせてくれるのがこの0章だと思います。

1巻では東谷暴走ですぐ身体の関係持っちゃってたのでイマイチ入り込めなかったところも正直あるんですよね。でも・・・この0章を読んだら見方が少し変わりました。
あの1巻の冒頭からこんなに東谷はタカトーが好きだったのねとか、こんなに必死だったんだなぁとか。
例えば車に乗っている件にしても、あの出来事があったから車買ったのかぁしかもタカトーのために!?!?とかね。面白いです

私、過去編とかってほんとは好きではないのですよ・・・。だいたい過去編て暗いストーリー多いでしょう?
でも0章はこの2人を作り上げた土台がしっかりしているというか。
エロやチュー一切ないのに本当に面白いなぁと思いました。今ここで過去編を持ってくる桜日梯子先生・・・すごいですねぇ。
また1巻・2巻読みたくなっちゃうじゃないですかぁ~と。

あっすいません。久々に読めて感想かけて興奮しすぎました(;'∀')

でもやっぱり!!!雑誌の中でも存在感ありますね(^^)

タカトーの努力と自信と危機感と


今回の4話はね・・・もうテンポもいいし、少しくすっとするところ、ドキッとするところすごくバランスがよくって最後まで本当に楽しめました。
タカトーかわいいですねぇ。抱かれたい男ランキングの雑誌をちゃっかりチェックしているところとかね(笑)

たかが雑誌のランキング 何を言われようが気になりませんよ

な~んて口では言ってるけど気になってるところとか、クールなところもあるけれど実はランキングとか人の評価とかすんごく気にしているのかなと。。。作中でもあったけれど、ずっと1位を取り続けているので変にプレッシャーとかあるのかなぁとか。。。そういうのが本当にわかるというか、伝わってくるので桜日先生・・・見せ方がお上手!

  • 急性前のめり病
これ笑いました。タカトーが若手の俳優君につけた病名らしいです(笑)謎の自信でやたら前に出たがる病だそうで~。

こういう細かいところもくすっとできるのもいいなぁと。

あとはマネージャーさんとのやり取りがすごくいいですね。さすがずっとマネージャーしているだけあって扱いが。。。突っ込みが!!!天才です(笑)

東谷准太と初対面



今までのタカトーは、子役時代から常にこの世界の第一線で生きてきたので
自分が築き上げてきた地位は簡単には脅かされるほど安くはないと考えていました。

そして、特に一緒に共演するという東谷にもそんなに興味はなかったと思うんです。

見ててください 今年も一人勝ちしてやりますよ

そして初対面~!!!キラッキラの東谷を目の前にして・・・

はい?←タカトー心の声(笑)

この後の見定めというか・・・タカトーセンサー働きまくりですごく面白かったです。
心の声がね・・・ここ何回も読んでしまいました。

もう一目見た時からタカトーも気になって仕方なかったのねぇと。(主にライバル視)

でもここら辺もね、うまく東谷視点の2話・3話とリンクしててすごく面白いです。
これだけキラキラしてても、目的もなく役者やっているようじゃ宝の持ち腐れだと思ってるタカトーですが東谷もこのあたりで自分がどうしたいのか、目的とかそういうのなかったんですよね。
何が欲しいのか何もわからないまま役者をしてた東谷。そんなヤツに負けるわけがない、勝負してやるとタカトーは意気込みます。

というか・・・別に東谷は勝負したいとか思ってませんけどね(-_-;)
タカトーが一人でライバル視して盛り上がってこいよ、勝負してやるって思っているのもなんか面白かったですね。
新鮮だなぁ~って。心の中ではこんな風に思ってたんだなぁ~って思いました。

そんな目持ってたのかよ・・・


そして撮影現場でのあの出来事が。。。「く・・・喰われる」のあの2人のキスしそうなカット((ノェ`*)っ))タシタシ
このカットに激萌えしてしまうあたり・・・もうそろそろ2人のイチャイチャが読みたいなぁと思った箇所でもあります(-_-;)

タカトーはこの時の東谷の目に心底びっくりしたようですね。
そりゃそうだ・・・あれはハンターの目だからね(笑)タカトーくん君は獲物なのですよ~(n*´ω`*n)

こわ・・・怖かった・・・っ

あの時の東谷に圧倒されたタカトー。
ウソだ、自分が気圧されるなんて認めない 認めない そう思いながら自分にきた仕事をできるだけ受けるようになります。

こういうところで東谷の存在でタカトーがどんどん必死に(仕事に対して)なっていって危機感覚えていくのがよく伝わってきました。
4話で面白いなぁ~と思ったのは、冒頭から自信満々なタカトーから始まって、それが東谷と対面したことによってガラリと変わっていくところ。
徐々に危機感が見え始め、必死になっていくタカトーが読み取れてすごく面白かったです。

過去と現在と


あれ以来仕事をつめに詰め込んでるタカトー。
マネージャーさんはこのペースだとどこかでダウンするといいます。
ですが、今まで完璧に走ってきたタカトーだからこそこういう風にジタバタするのは彼にとって必要なことなのかもと社長に言っていますね。

頑張ってるんだなぁ~と思って次のページ開いたら笑ってしまいました(;'∀')
タカトーげっそりしすぎ!!!
熱があるとあったのであの場面かなぁ~と。これは3話とリンクしていますね。

サイジョウタカト HP にまた笑わせてもらいました。もうあと一撃でダウンじゃないですか!

  • ヒエピタ貼って!

  • ブドウ糖とって!

  • 1本四千円のドリンク飲んで!


気合い入れ直したらどうにかなんだよ!!はっはー!!  う・・・っ

あ~もう愛おしすぎる・・・タカトー。。。1本四千円てユンケルですか?
手に持ってるのはDのつくあの商品でしたが(笑)これ・・・先生が頑張るときのアイテムなのかもしれませんね~。
ヒエピタ・ブドウ糖・栄養ドリンク!

弱っている時だからこそ、色々と考えてしまうというのもよく表現されててなんだか笑ってはぎゅっとなって・・・
追うほうはいいんですよね、、、追われる方はもう上がなくって下からくる人に怯えないければいけないというのがものすごくよくわかるなぁと。。。

悔しい どんどんあいつの華は増している 
俺ですら目を惹かれる時がある 


東谷のことを思い出しながら、ダメだ もっともっとしっかり立ってないと・・・
そう強く思いながら結局は倒れてしまうタカトー。

これ病院に連れて行ったの東谷です(n*´ω`*n)

病院にて・・・誰かが自分に話しかけているのを寝ながら聴いていました。

西條さん 俺、あなたが好きです (あれは)
すみません 嫌われてても  (誰だった?-)

好きでいて いいですか

パチッと目を開けるタカトー。目の前には東谷・・・。

ちゅん・・・た

ここでチュン太と呼んでることからして現代に戻ってきましたね!
ですが顔を見た瞬間にタカトーの胸が。。。トクン トクントクントクンと高鳴り始めます。

あの時のベッドでの告白・・・東谷だったということに気が付いたのですねきっと!
そしてどれほど長く自分のことを想ってくれてたのか知ったのでしょう(n*´ω`*n)

ドキンドキンドキンドキンとチュン太の顔をみて赤面するタカトーなのでした。

次号は

現代に戻ってきた高人さん 胸キュン時限爆弾発動!?
なんですと~!!!早く読みたい~。

どうなのかな?いきなり現代に戻った2人は同棲とかしてたりするのかしらね!?
とワクワクがとまりません~。
次号予告も0章とあったのでもう少し続くのかな?

今日は1巻・2巻読んで2人のいちゃこら楽しもうと思います(n*´ω`*n)
そうそう、今回のチュン太かっこよかったですねぇ~。
タカトーフィルターかもしれません(笑)

次号も早く読みたいです。すごく面白かったです!

関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。