真崎登場で少しずつ歯車が狂いはじめた先輩と森永・・・


8巻の感想を書くのがえらく遅くなりました・・・。9巻まで書き上げたいのにかなりのスローペースになってます(-_-;)
今もメガネしながら(普段はコンタクトです)PCに向かってたらおっとが・・・
「メガネしてPCしてるとほんまオタクみたいやなぁ~~~ははは」と言って去っていきましたヽ(`Д´)ノプンプン
このやろうぅぅぅぅぅ・・・。

というのはさておき・・・7巻では哲博の元カレである真崎が登場して少しずつ先輩の感じが変わっていきましたね。
冒頭から「恋愛脳なのもいい加減にしろ!!」から始まってあ~つらいパターンかぁと思ったワタクシです。

恋する暴君8巻の作品情報


恋する暴君 8

恋する暴君 8

高永ひなこ/海王社 (2012/2/10)

kindleで詳細をみる  


恋する暴君8巻 電子各サイトの価格比較


狙い目
◆恋する暴君の8巻のみを購入するならば、ひかりTVブックがおススメ。300P還元されます。
※ちなみに・・・恋する暴君のパラレルある日、森の中。 総集編は通常16PTだけれど期間限定800PT(50倍)!。還元率がすごいのでこの機会にチェックしてみても良いかもしれません。
◆9巻まで電子で購入するならば、kindleがおススメ。トータル¥5,391+ポイント1076還元。
 (ひかりTVブックは7,8,9巻と300Pずつ付きますが、トータルポイント還元は936Pです。そして1巻~9巻までを購入すると¥5,903なので実はkindleさんがお安いのですヨ・・・)
◆ちょっとだけ読みたい!という人はRenta!さんの48時間があります。7巻まで3チケ、8巻、9巻6チケです。それでもトータル的には33チケ?かかるので48時間もったいない気がします・・・(;'∀')

あとは夏ごろにおそらくあるだろうキャンペーンを狙うという手も!長編はやはりお高くなるので中古ブックスを見るのも一つの手ですよ♪かさばるのでできるだけ電子で読みたいのですけどね・・・どうとるかの問題ですね♪


恋する暴君8巻のみどころ


不穏な場面から始まった8巻。これから真崎が森永に近づくのか・・・
そして哲博と先輩との絆も試される8巻だったと思います。
そして、先輩の本音は?真崎に対して哲博の決断は・・・?

切なくて胸がぎゅっとなったかと思えば安堵してそして涙がぽろり・・・すごい8巻でした。

恋する暴君8巻の感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意を!




それぞれの気持ち


8巻はね・・・それぞれの登場人物の気持ちで読むとすごく辛かったですね。
特に冒頭・・・哲博の気持ちもわかるし、先輩の気持ちも。うまく自分が思ってる事のが伝わらないもどかしさがどわ~っと押し寄せてきました(;'∀')つ・・・つらかったぁ。

まぁ真崎自身はもう哲博とどうこうなりたいというような感じではないのだなぁと感じる事が出来たので一安心でしたけど。。。
真崎が必死に慰めようとしたときの哲博の言葉がね・・・・。

先輩の事悪く言わないで
言葉や態度は荒いけど本当はすごくやさしい人だよ


エンゼルくん・・・どこまで心が天使なのさぁ~と思った箇所でもあります。
私なら売り言葉に買い言葉でどうしても言われた言葉を思い出しては怒りがこみ上げてきそうなのに・・・。

はぁ・・・この天使のような心を見習わなくてはと(´;ω;`)

そして、ここで哲博はやっぱり一途な子なんだなぁと。
はっきりと真崎にもうこうやって会うのは最後にしようというのですよね。
自分にとって先輩が一番大事だから彼との約束を守りたいと。。。

でもねぇ・・・約束を守りたいと思うならばどうして!!!!って突っ込みたくもなるのですがここは過去の真崎の行動がかぶってしまったので仕方がない・・・。真崎を心配することは悪いことではないと私は思うんですよね。
だって自分の中のトラウマでもあるんですから・・・真崎の自殺というのは。

だから会うのはもうやめようと言えたのはきっと哲博の中でももう真崎は大丈夫だと確信がもてたというのもあるかもしれませんね。

そして先輩・・・。もうねぇ・・・「なんで俺が折れなきゃいかんのだっ」と言いながら本当に心配で心配で仕方がないというか。
失踪グセもそうだけれど、ほんとに真崎と朝までいるのではないかとか・・・今までにはないようなことだったので、暗い展開なのに私は先輩の心の変化におぉ~~ってなりながら読みました。

俺が折れなきゃ!と思ってても心配で探しに行っちゃうところとかやはりツンデレだ・・・・と。

くそっ・・・ どうしてこんなに 苦しいんだ

先輩にとっても初めての感情なのかもしれませんね。こうやって自分の気持ちを自問自答しながらそれでも自分の中に答えがあるようなないような・・・。ここら辺の先輩の葛藤も切なかったです。

先輩と離れて・・・一人で考えさせてください


結局哲博は先輩の心配をよそに大学で寝ていたみたいですが・・・
ここでも2人のすれ違いがね(´;ω;`)ウゥゥ

「俺はてっきり・・・真崎のところへ行ったかと」

ここからスタートでしたね(;'∀')先輩はそんなつもりで言ったわけじゃないのになぁ~あ~もどかしい!!!と思いながら読みました。
哲博の言い分は、朝まで一緒にいると思っても平気だったんですね?というような感じです。
そんなことない!!!と読んでるほうは思うのですが、ここがねぇ・・・先輩がうまく言葉にできないのですよ(´;ω;`)
哲博は先輩の一言で簡単に浮上できるのだからここで何か気の利くような言葉でも言えればいいのですけどね・・・やっぱりそれができないのが先輩でございます。

それに先輩自身も自分の気持ちを自問自答している時期なのでなかなか言葉にできないのでしょうね。どうしてこういう状況になったのか、どうして哲博がそんなことを言うのか・・・・。先輩自身がこの状況に追いつけていないのかもしれないと思いました。

哲博と国博


結局は、一人で考えたいという哲博はマンションへ、先輩は誰かの家へというので話がつきます。
そんな時、哲博のもとへ兄の国博が訪ねてきました。

国博は真崎を心配してきたようですね。ここも早く進展しないかなあ~と。。。実は気になってたりしてるんですよねここの2人。

しかしねぇ~哲博のノンケってこれだから!!!にはワタクシもかちんですよ。
性的なことがかかわってくるという哲博に、それはまだわからないと国博が言った時のセリフです。

いやぁ・・・先輩はわかる、わからないの前に君にね・・・・・ってつぶやきそうになりました(笑)

それでも国博のセリフはすごく私の中でもストンと落ちたというか。すごく響く言葉でした。
国博自身も真崎を好きになったことに驚きどまどっているんですよね。それでもやっぱり真崎と一緒にいたいと思う気持ちも止められない。
そんな気持ちを認めるのもはじめは怖かったと思うんです。
国博の言葉を聞いて、先輩と重ね合わせる哲博。ノンケである国博同様、先輩もノンケです。
ましてやホモが超絶嫌いな先輩。
そんな先輩が自分に寄り添ってくれてるという根本的なことに気が付いたんですよね。。。

ここでいったん哲博も冷静に先輩の事が考えられるようになったのかなぁと思います。
俺が思うよりもっと長い時間が―。

だけれども、哲博には今はゴールが見えなくなっちゃっているのですよね。

知らないうちに心も身体も・・・


冒頭から中盤まですごくつらい展開でしたね。とりわけ8巻では先輩の視点に立つと苦しかった・・・(´;ω;`)ウゥゥ
知らない間に元気もなくなり食欲もなくなってる先輩がなんとも痛々しくて・・・。
そして考えるのは哲博のこと。

そしてかなこちゃんが磯貝さんにケンカの事を話しちゃてってね(笑)磯貝さんがさらに追い打ちを・・・。
いつも君にべったりな森永くんが余程の理由がない限りそんなことは言わない

そしてあーいうタイプがヘソ曲げるとなかなか治らないから早く謝ったほうがいいよとアドバイスをするのですが先輩もどうして俺が謝らなければいけないんだ!約束を破ったのもあいつで・・・と。

磯貝さんってね~ちょっとひねくれ者さんかと思ってたらすごく冷静に物事考えれる人だったんですね(n*´ω`*n)
謝るとかそういうのではなくて、自分がどうしたいかを話したらいいんじゃないの?と。

そういわれて初めて自分が哲博とどうしたいのか?と考えるようになったのかもしれません。
今までは哲博がおせおせだったのでそういうのはあまり深く考えてなかったようにも思えます。
そりゃ先輩なりの考えや気持ちがあって一緒にはいたとは思いますが、自分からどうしたい!というのは考えたことがなかったですよね。

今までこれほど哲博の事に関して考えたことはなかったでしょうしね。
それにしても食欲もなくなってしまう先輩・・・これほどまでにダメージを受けているのになかなか気づけないなんて・・・。

知らされるあの日の事


そして場面は哲博へ。いつものコンビニへ行くと・・・レジのおじさんから話しかけられます。
先週、髪の長い人が遅い時間に長時間うろうろしたいたこと、ツレを探しているといてったこと、その時に顔色も悪くすごくうろたえてたことなどを聞かされた哲博。

あの日、探しになんか来ないと思ってたので先輩が自分のことを探してくれてたことを知って何か思ったようです。。。
私はこの場面ね…胸がぎゅ~となりました。
あの日、くそって思いながら出かけてた先輩が必死にうろたえながら探してたのだなぁと思うと(´;ω;`)
特にあのツンデレ兄さんだから余計に読みながら胸が痛かったです。

言いたいのに言えない、聞きたいのに聞けない・・・


2人の微妙な溝はなんだかんだで大きくなってましたね。きっかけはちょっとしたことだったのかもしれません。
どちらもがお互いの言い分をきちんと聞けなくて、勘違いもあって・・・。
それでもあの日の事を知った哲博は自分の事も反省することができてきたようです。

先輩は・・・相変わらずグルグルと。そして資料を取りにマンションへ戻った時に整理された哲博の荷物などを目にします。
そして間が悪いのですが・・・教授から哲博が就職の面接を受けるというのを聞かされるんですね。

8巻はね、先輩がすごく哲博一色で・・・ストーリーは切ないしもどかしいのですが、私はすごく萌えたりした巻でもあります。今までこれほど先輩が哲博の事を考えてた巻ってあったかしら?と。

そして真崎に「君は哲博を幸せにはできない」と言われたことを思い出してムカッとしているところも好きでなんです。
それからまた自問自答。でもここである意味先輩なりの答えと見つける事ができたのかもしれませんね。

どうして どうして・・・その連続でしたけれど、結局は自分の中にしっかりと哲博がいたことを認めざるを得なかったと(n*´ω`*n)
でもここら辺は兄さんらしくなかったですね。言いたいことはあるのに言い出せない、聞き出せない・・・
もどかしかったです。

やっぱりきっかけは哲博から


先輩には本当に哲博が一番だろうなぁ~と思ったのはね・・・哲博のやさしさというか、下手に出られるところが関係を保てる一番の要素なのではないかと思いました。

確かに今回はお互いの言動に非があったというか、誤解もあったけれど衝突してましたよね。
でも話し合うときは哲博はいつも物腰が柔らかいんです。
最初にちゃんと謝れる子なんです哲博くんは・・・。こういうのがねやっぱりツンデレ兄さんには一番なんだろうなぁと。

だから先輩も本音を言わされちゃったりするのだろうなと。セリフの中にきちんと答えはあって、そういうのは自分では気づきにくいものなんだけれど・・・。

俺の事幸せにできるのは先輩だけですから・・・
このセリフ読んでポロリときた人います?私はもうね・・・ここでダメでした(´;ω;`)ウゥゥ

だって先輩は君には哲博を幸せにはできないと言われて「あいつの幸せを願ってる、ならどうして?」と自問自答してたんです。それが哲博の幸せは・・・幸せにできるのは先輩だけですからと言われるんですよ?

どれだけ先輩にとってはうれしい言葉だんだろう?って勝手に私は思っちゃって泣きました。
そしてちゃんとぶつかることができましたね。

ちゃんと最後まで自分の気持ちを言えた先輩に拍手ですね☆
あ~どうしましょ・・・熱く語りすぎてすんごく長くなっちゃった(;'∀')

ここからはまた空気が変わってすごくいい感じになっていきますので・・・もう一回改めて書こうかな・・・。
ダメですねぇ~好きな作品は無駄に感想が長くなってしまって(;'∀')

明後日ごろにはイァハーツなどが届くのでそれまでには感想を書ききってしまわねば~~~~。

いったん休憩します(笑)



関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。