火弦編も盛り上がってきた第5巻!火弦の切ない片思いの行方は!?


5巻の感想です。ディアプラスで連載しているので毎月の感想はUPしています。
ネタバレ含む感想を読みたい方は花鳥風月 ディアプラス連載の感想をそれぞれ読んでくださいね。

そして素朴な疑問。今回収録作品が、31話~38話になってるの。でもディアプラスで連載しているときは40話になってるのですよね。言っている意味がわからない~と思った人・・・簡潔に言うと、コミックスの38話は雑誌の40話にあたるということです。

なんでこんなことに???次回の7月号は39話とかになってたらちょっと笑っちゃうのですが(;'∀')
検索で花鳥風月40話とか39話でこちらのブログに来た人には申し訳ないなぁと・・・。どうしたらよいのでしょう。
というかどうなるのでしょう???

花鳥風月5巻の作品情報




私はアマゾンさんで購入!特典ってすごいですねぇ・・・リーフレット面白かったです。そして小冊子!!!ありがとうございます。
そして、電子はまだ出てないです。予定も今のところないのかしら?早く電子でも・・。

花鳥風月5巻電子書籍配信サイト





花鳥風月5巻の内容紹介


内容
現役を退いたヤクザの曜明と、彼の世話をする火弦。
火弦は曜明を密かに慕っていたがーー。
描き下ろし番外篇収録の小冊子がついた特別版で登場。

【小冊子付特別版】は“小冊子"付きです。
【Amazon.co.jp限定】版は、小冊子に加えて、志水ゆき描き下ろし8Pまんがのリーフレット付きです。
なお、【Amazon.co.jp限定】版は、予定数量に達し次第、販売終了となりますので、ご注意ください。
(amazon.co.jpより)


花鳥風月5巻の評価:満足度


絵柄★5 ストーリー★4 エロ★2 満足度★5


ストーリーの★4は、ちょっと謎が多すぎるなぁ~と(笑)セリフが意味深なのが多いので深読みしちゃうとドツボにハマる・・・(←ここにいます)


花鳥風月5巻の感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意を!





正直、月連載の感想は書いているので全体的なまとめの感想になります!

あなたのために死ぬ俺に、最後の・・・


もうね、帯から死亡フラグですか?といわんばかりの見出し!!!そして表紙の火弦が笑っているけどもなんだか切ない。
この火弦の頬にあてられた手は曜明でしょうね~。大丈夫!好意のない奴に首の後ろにまで手はまわさないわ!!!と思って表紙眺めてたちょっとキモめのわたくしです(笑)

この火弦編は、曜明、火弦、吉利谷の3人が軸。そしてその3人の上には曜明の兄である克也がいると私は思っています。
火弦は、克也を殺した犯人を討つため駆り出されるのですがこの時に「死」を覚悟し帯のようなセリフになるのですよね。

火弦は大事な曜明に迷惑が掛からないように曜明との義兄弟の縁を切ろうとします。
そして・・・キスのおねだりですね。

このキスは本当に火弦の必死さが可愛くて、、、曜明さん、曜明さんで鼻血出しちゃうのも好きだし、この時の曜明の笑顔をみて余計に切なくなる火弦がね・・・。

あの曜明の笑顔の破壊力!!!これはめったに見られないよね。
もしかしたら火弦にしか見せない顔かもしれない←勝手な想像です(笑)

キスマークのくだりは、正直、、、そんなに目印になるほど目立たないし消えるんじゃないのかしら?と思ったけれどここのエピは好きなのでそんなこと気にしない!って思うと急に「ちっちゃいことは~気にするな~」って言ってた芸人を思い出してしまいました・・・・。うぅ~誰だったっけ?

しかし・・・曜明のやることなすこと萌えるのはなんででしょ・・・。
火弦の反応がかわいらしいのもあるのですが、普段無反応な曜明があーやって動くと本当に転げまわるくらい。
そしていつものごとく、火弦が必死に止めてもやめないこのSっけがたまりませんね~。

そしてね・・・その後火弦をおいて先に勝又を追って行ってしまうんですよね曜明。

私は思うのですが、曜明は兄の敵を討つというよりはこれから駆り出されるであろう火弦のために行ったのではないかと思いました。それはどうしてかというと、5巻最後の方に「組長の言うことは絶対だ」というセリフがありますよね。

火弦がもし武闘派の勝又を逃したりしたら火弦が責任を負わされるわけです。それを防ぐためにも動いたのかなとも思います。そうでなければ火弦を問いただして一緒に行くことも可能だったはずですからね。

そして吉利谷にしっかりと火弦の足止めを依頼しているあたり・・・。こういうのがね・・・曜明の愛を感じてしまいます。


吉利谷がわからない


ますます吉利谷のやりたいことが分からなくなってきたように思います。最初は吉利谷、火弦、曜明が扉絵などで出てきたので三角関係になるのかな?と思ってたワタクシですが・・・どうも違う。
恐らくですが・・・吉利谷はこの2人と自分を重ね合わせてみているのかなと?どうしても吉利谷の中には克也が大きいと思われます・・・。
作中にもあったように吉利谷は曜明に嫉妬していたという描写があります。これも克也の曜明と吉利谷の扱いから生まれた嫉妬。曜明だけに与えられた「お金では買えないもの・・・」。吉利谷がもらいはずだった克也からの特別なモノは、今吉利谷が手にしているけれど克也からもらったものではないのがなんともね。。。

そして吉利谷が火弦を可愛がっていたのは自己投影してしまっていたからなのかなと。報われない気持ちを必死に隠し、それでも主人のために動いている・・・。
だから火弦の想いが報われていないときには嫉妬の対象ではなかったのですよね。「味方だ」というセリフ。
でも吉利谷には意外だったのでしょう、曜明がただの犬ではなく火弦を本当にかわいがっているということが。
それを知って、嫉妬の対象が火弦にまでいったのでは?と私は流れを読んで思いました。

克也からもらった「お金では買えないモノ」の火弦を、吉利谷は曜明のように動かしたい。
でも曜明から釘を打たれてしまいますよね。「あれは俺の犬」だと。
この時の「俺の犬」・・・か・・・の吉利谷の顔も印象的ですね。(ここは私の想像でしかないので違うかも)

吉利谷の心を救う人


そして・・・そんなさみしい吉利谷にもきちんと救いの手を差し伸べてくれるのが志水ゆきさんですね。
財前登場です!私は・・・吉利谷は丹羽と~なんて想像してましたが、財前登場で消え去りました(笑)

財前は昔からの吉利谷の友人で、そして吉利谷が心許せる数少ない人だと思います。
「おれだけはお前の味方でいてやる」って・・・もうこのセリフだけで惚れました♥

しかもねぇ・・・イケメンで無表情なところとか曜明にそっくり!!!

そして、中盤この2人の絡み(エロじゃないですヨ)で吉利谷の背中にあった傷。気になります。
これが一見が言ってた「昔助けてやった恩」にもつながるのかなぁ?とも思ったり。

まだまだ吉利谷は謎多しですね。
財前とのストーリーはまた描きたいとあとがきにありましたから期待して待ってます!

一見と糸君


ちょっと埋もれがちになってしまってますが、糸くんと一見はラブラブです(笑)
本当にかわいい!!!アマゾンのリーフレットもこの2人が主役です♥

これはオチもあ~やっぱりね・・・となります(笑)

いつか・・・最後までできますように♪

6巻にむけて


終盤、勝又に会いに行った曜明、そして曜明に追いついた火弦のストーリーは思わぬ展開に!(いや・・・想像はしてました)
最後の必死な曜明がね・・・たまりませんね。こういう姿を火弦にちゃんと見てほしい!!

でも火弦は倒れちゃってますからね。死亡フラグはへし折って欲しいと思います。
次回は7月号から連載再開。

まだ病院へたどり着けていませんが、ここから甘々ターンになると思われます。(希望)
それにあとがきにも次巻では甘い展開がきっとくるはずですので・・・と先生からのおことば(´;ω;`)お願いします~★

花鳥風月5巻の小冊子


小冊子は地味に萌えますね~。ありがたや~。
財前と旅行ですか!!!笑ってる吉利谷がかわいくてですね~。なんだか財前の前だと本当にいい顔していますね(n*´ω`*n)

そして・・・ストーリーはある日の出来事。吉利谷の回想です。

いやぁ・・・写メもらった曜明は飛んできたのかしら?と想像するとかなり萌える~♥
あんな涼しい顔してきっと必死に車飛ばしてきたに違いない!!!(笑)

そして大事そうに火弦を抱えて連れていく曜明がね。それを見ていた吉利谷・・・うらやましそうですね・・・。
「見せつけられた」とあったのでやっぱり吉利谷はこの2人に特別な思いがあるのでしょうね。
君は・・・財前くんと幸せになるのだよ・・・ふふふ。

ということで花鳥風月5巻の感想でした。
気づけば・・・あと1週間ですか!ディアプラス発売まで。

週末あたりからチラ見せ出てないかディアプラス編集部のツイートをチェックですね。7月号は表紙も花鳥風月なようです。どんな表紙か楽しみ~♥

ということでさらっと書くつもりがいつものように長文に・・・
長文読んでくださりありがとうございました!!


関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。