ディアプラス7月号掲載 銃弾を受けた火弦に曜明は何を思うか・・・


お待たせして申し訳ありません。。。花鳥風月5巻のその後のストーリーです。
気になってらっしゃる方も多いかと思います。
わたくしも4か月が長かったぁ~。火弦が撃たれ、必死に病院へ運ぼうとする曜明。ですが道路が封鎖されていましたね。
今回は瀕死の火弦を目の当たりにして曜明は何を思ったか・・・。
今回は表紙も飾っています。曜明のあの目が素敵すぎる~💛

志水ゆき/花鳥風月/コミックス情報



amazonではあまりレビューがよくないですねぇ。私はいいと思うのですが。(火弦が好きなので(n*´ω`*n))
電子ではまだ5巻は配信されていません。1巻~4巻までは電子で読むことができます。
7月8日~各電子サイトで5巻配信開始!

花鳥風月5巻電子書籍配信サイト





花鳥風月 第41話の掲載誌情報



Dear+(プラス) 2016年 07 月号 [雑誌]


ディアプラス7月号の電子の配信日は7月の第3金曜日だと思われます。






志水ゆき/花鳥風月第41話の感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意を。



※花鳥風月6巻に収録されるストーリーになります。コミックス派の方、ネタバレ不要な方は十分にご注意なさってください。感想には思いっきりネタバレ含みます。

アオリ
大切なものほど、この指の間からこぼれ落ちて行く。

ただひとり、俺を残して。




扉絵は曜明でしたね!すっごく素敵でした。曜明が持っているのはシロツメクサの首飾りでしょうか???

カタギには手を出すなよ


意識を失ってしまった火弦。曜明が必死に呼びかけても反応せず。。。
曜明は心音・呼吸を確認します。まだそれらはかすかにあるものの、一刻の猶予も許されない状況になりました。

道が閉鎖されている状態では先に進めず、かといって逆走して別の道から行くにも時間がなくそれでは火弦がもたないと考える曜明。

あの鉄骨さえなければ 先へ進めるのに

そしてふと曜明の目に留まったものは・・・・
ちょっと見えにくいのですが、これはきっと鉄骨を落としてしまったトラックですね。
鉄骨が落ちている状況が邪魔なので、鉄骨を落とした車でなら先へ進むことができると考えたのでしょう・・・。
運んでたトラックの先には鉄骨はありませんからね。(後ろに散乱している状況)

曜明はなんとトラックの運転手さんを殴ってまで車に乗り込もうとします。
そんな曜明はふと克也の言ってた言葉を思い出します。

曜明 カタギには手を出すなよ
警察に付け入る隙を見せるな


ですが曜明はそんなこと言ってられるかと先へ進みます。

絶対に助ける 火弦(俺の犬)は死なせない

ここで私が思ったのは、今まで曜明にとって克也はとても大切な存在であり、絶対服従の人物だったと思うんです。火弦をかわいがってたのも克也から託されたというのもあったでしょう。。。
「親兄弟とは関係をもつな、杯を交わした兄弟とて同じ」そんなことを言われ今までずっと守ってきたような曜明です。

そんな曜明が克也の言いつけを破り、カタギの人に手をあげ火弦のために動いたということは、曜明の中で何かが変わったことを表していると私は思いました。

助けるのはやっぱり一見


トラックを走らせていた曜明ですが、1台の救急車と鉢合わせます。
出てきたのは一見。火弦を1分以内に連れてこいという・・・。

一見のおばさんもかっこいいですね~。任せなさいといって去っていきます。
その前の曜明の「頼む!」にもきゅんとなりました。本当に必死さが伝わってきて・・・
あの無気力な感じの曜明がこれほど必死になっているのがすごくじ~んと来ました。。。

「俺の犬」ってイメージ的には恋だの愛だの関係ないような気がしますが、曜明にとってはそれは当てはまらないとおもうのですよね。曜明にとって何より大切なものなのかもしれません。

走っていく救急車を見送りながら火弦のことを思い出している曜明がなんとも言えませんでした(´;ω;`)ウゥ・・・

曜明の犬は火弦だけ


これは曜明の夢なのでしょうか・・・

一匹の子犬と曜明。どうも迷子の犬のようです。
曜明は優しく抱きかかえ、「どうした?飼い主とはぐれたのか?」と言います。

俺の犬も走って行ったっきり帰ってこない

火弦

どこにいる? 早く帰ってこいー



・・・曜明・・・さん・・・
その声とともに目が覚める曜明。火弦がベッドの上で目を覚ましていました。。。

死んだらもう二度と会えないんだ


曜明の顔を見て火弦は思います。

今まで曜明さんのためなら死んでもいい、いつでも喜んで死ねる、そう思ってた火弦。
自分は曜明さんの犬でこの命は彼に拾ってもらったものだと。

それでも死にかけてみて初めて死ななくてよかった、生きててよかったと思います。
死んでしまったら、もう二度と会えないのだと・・・。

思わず曜明を抱き寄せる火弦。

曜明さんのところに帰ってこれてよかったー

ここら辺もう少し甘々でお願いしたかったですね~。でも曜明が火弦のことを本当に大切に思っている描写が読めたのでよしとします!!!まだまだこの2人はいろいろと超えていかないといけないものもありますしね!

育まれる友情


私は今回は曜明と火弦のエピはもちろんですが、この糸くんと火弦のエピが好きです。
火弦の病室に面会に来た糸くんと一見。

火弦は何も関係のない糸くんを巻き込んでしまったことをまず最初に謝ります。
もう二度と迷惑をかけないと。。。
すると糸くんは、

ケガが治って佐野さんが山王町に帰ってきたら
俺また夏野菜の差し入れに行きますね


火弦の好きなトウモロコシもたくさん持っていくから早くよくなってくださいという糸くん。

火弦は、自分たちがどんな人間か知ったらふつーはキョリを置くはずだと言いますが、糸くんは火弦は怖くないと、だから大丈夫だと言います。。。

火弦でいい  

俺もあんたのこと「一人」って呼ぶから―


もしかしたら、火弦にとって初めての友人かもしれませんね。糸くんと火弦が仲良くしててなんだかじわ~っとなりました。こうやって火弦にも大切なものが一つずつ増えていってほしいなぁ・・・。

一見と曜明


一見は火弦と糸くんが仲良くなっているのをため息交じりで見つめていました。。。
曜明はこの先、一見と糸くんの生活の安全は絶対に保証すると約束します。

そんなところへ・・・財前登場です~!!!

今回一見が動いたのは財前の力もあったようです。(正確には一見の性格を見抜いてる財前に操られたというところでしょうか(笑))
きっと、5巻の最後のあたりで吉利谷が自分だけでは無理かもしれないから財前に動いてほしいと言ってたのはこの一見の件なのかなぁ???と思いました(笑)ちょっと拍子抜け。

一見は財前の頼みだけではきっと動きませんしね、ましてや吉利谷では無理でしょう(笑)
財前は糸くんを使って今回の役目を一見に引き受けさせてましたね。策士です!!!

文句は吉利谷に言え 俺はあいつに口添えを頼まれただけだ

やはりそうですよね~。ごちゃごちゃ5巻はしてましたけれど、吉利谷も火弦を助けるために動いてたと思うとちょっとうれしくなりました。吉利谷は財前が現れてからもしかしたら何かが変わってきたのかもしれませんね!

私としては、本当になぜ火弦に行かせたのか真相が知りたいところですが。。。

そして最後に丹羽っちが登場してましたヨ。財前は吉利谷だけ助けて丹羽っちはまだ警察に取り調べられてるようです(笑)
財前は本当に吉利谷のために弁護士になったのかもしれませんねぇ・・・。
そういうほうが萌えるので好きですけどね!

今回も、財前が関わってもよいものかと思ったりもしたのですが、弁護士である以前に吉利谷の友人なのでしょう(n*´ω`*n)
先生が吉利谷、財前をガッツリかいてみたいと5巻のあとがきに書かれてましたけど。。。描いてほしいです。

本当に吉利谷は寂しいのだと思うのですよね。ぜひ。。。財前が特別な相手だとそんなエピをください~。

まとめ
4か月待った甲斐がありましたね!火弦は無事に回復してホッとしました。。。
そしておそらくですが、火弦が動けるようになるまではまだ時間がかかるようなのでここで一旦火弦編は止まりそうです。

8月号の予告にも糸くんと一見の展開になりそうな文字が・・・。まだまだ一見の過去で何か出てくるのかしら?それとも一見と一緒に糸くんの家族に会うとかあるのでしょうか。
私としては糸くんの優しいお母さんにぜひ会って安心させてあげてほしいなぁと思ったりもします。

あとは・・・この2人はまだ最後までしていませんからね(笑)こちらも期待したいところです!

ですが・・・わたくしめ、火弦好きなのでここでお預けくらうのはちょっとつらい(笑)もっとイチャイチャしてから移ってほしかったぁ・・・。傷口がふさがったらお願いします!!!曜明×火弦で転げまわりたい!!!(切望!)

ということで花鳥風月第41話の感想(超ネタバレ)でした!
6巻が楽しみですね。来年らしいのですが、それよりも5巻の電子配信が早くされますように。。。

それと、前回コミックスの38話は雑誌の40話だと書いていたのですが今回雑誌は41話になってましたね!
どうなるのでしょうね。コミックスと雑誌では話数が変わってくるということなのでしょうか。。。不思議だ・・・。


ランキングに参加しています。
BLメモリー
関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。