大正時代、貿易商の跡取りと商人の息子の静かで激しいBL


別ブログの方でも書いたのですが、こちらのブログしか読まない!という方もいると思いますのでこちらにも記事作成することに。
玉響は大好きな作品の一つなので、何度書いてもいいかな~と!!!

きっとこれからも何度も何度も登場する作品だと思います(n*´ω`*n)

ゆき林檎/玉響 コミックス情報



ゆき林檎/大洋図書/2014/5/31


もう2年前のコミックスなのですね~・・・。何度読んでも好きだなぁと思う作品です♪

内容紹介
貿易商の一人息子である麻倉道忠は全寮制の旧制高校へ入学する。そこで同室になったのは、幼い頃に唯一心を許した幼馴染み、立花だった。けれど立花との再会は麻倉にとって複雑なもので───
【限定配布された特典ペーパーを巻末に収録配信!!】


玉響はこんな人におすすめ



一途愛が好きな人・切ないけど素敵なストーリー・泣けるストーリーが好き・時代モノが好き。


玉響の感想は別ブログに書いています。興味のある方はぜひ読んでみてください!

 (純愛・一途なボーイズラブ漫画を集めました。に飛びます。)


ちょこっと感想


何度読んでも胸が締め付けられるような作品。静かに激しい恋ってこんな感じなのかなぁと。本当に主人公の麻倉が私は大好きです。そして・・・ゆき林檎さんは絵柄もスバラシイ!!!
細くどこか儚げな印象を持つ麻倉のあの激しい感情・・・すごい表現力だと思います。

そういえば・・・先日ゆき林檎さんの新刊【グッドバイライラック】も読みました!こちらも一途愛ですね。

ゆき林檎さんの一途愛大好きです。切なくもあり、かつ幸せな気持ちにしてくれる不思議な作品です。
まだゆき林檎さんのことを知らない方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ一度手に取ってほしいなぁと思う作家さんです!

ちなみに・・・電子で玉響も読んだのですが、今更紙書籍で買いました(笑)マガビーさんと一緒に届くはずです。

関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。