歪んだ兄弟愛の先に見えるものは・・・電子書籍で読みました。


ためこうさんの作品んです。ためこうさんといえば・・・ダリアさんで読んだりしています。絵柄がとてもかわいらしい作家さんですね!普段は満足度★3つという作品は記事にしないのですが、(先におすすめ作品を書きたいので。。。)こちらは人気作品なのですがとコメントいただいたので私なりの感想を書こうかなと思いました。

そうねんですよね、高評価の作品になぜ私は満足度3なのか気になってる方もいらっしゃるかと思います。私のような感想もあるのだと軽く読んでくださればうれしいです。


ためこう【泥中の蓮】コミックス・電子書籍情報


ためこう/ 祥伝社
ためこう【泥中の蓮】BLコミックス感想 BLメモリー評価チャート




「もっと汚されてよ。誰も近寄らなくなるくらい。そうしたら―――オレが一番優しく抱くよ。」優等生弟とウリセン兄。世界に二人だけならよかった――。両親を早くに亡くし、二人暮らしの橘(たちばな)兄弟。しっかり者で真面目な弟・秋生(あきお)は、男に体を売って金を稼ぐ兄・元春(もとはる)に恋をしている。秋生が兄の乱れた性生活を不満に思わないのは、兄がいつか誰からも見捨てられた時、側にいられるのは自分だけだと信じているから――。巨弾新鋭・ためこうが放つ、業深き兄弟の歪な執着愛。




配信さしている電子サイト




泥中の蓮のコミックスのイメージ



兄弟BL 歪み愛 ビッチ受 絵柄がかわいい 読みやすい


ためこう【泥中の蓮】の感想は以下より。ネタバレ含む感想になります。




泥中の蓮の見どころ・気に入ったところ


ためこうさんの作品です!絵柄のかわいさ、見やすさ、ストーリー上のコマみせはかなりお上手だと思います。
そしてダリア連載作品もそうですが・・・執着愛がお好きのようですね(n*´ω`*n)私も嫌いではありません!!!

そしてこのストーリーの見せ場は、なんといっても歪んだ兄弟愛。兄弟愛というのか兄弟愛を通り越しての病んだ感じの愛情でしたね。進行は弟目線、兄目線と交互に変わっていきます。どちらの視点でも読めるというので飽きることなく読み進めることができます。ドロドロした歪み愛ですが、読後感は決して悪くはないです。というのも、歪み愛ですが最後それなりに2人が幸せそうだからでしょうか(o^―^o)

とはいえ、終盤までの弟くんの病み具合がすごくハラハラどきどき。出来のいい弟くんの病み…嫌いではないです(n*´ω`*n)
ためこうさんのかわいらしい絵柄がその病み具合を一層不気味な感じにしているので作品としてはすごく魅力ある1冊になっていると思います。

満足度が低い理由


さて・・・高評価のレビューはたくさんあるかと思います。すいません、わたくしは読むのがいつもRenta!さんなのでRenta!さんのレビューしか読んでいませんが・・たくさんありますね!

なので、その中で満足度★3というレビューを書くのはちょっと気が引けるのですがこういう感想もあるんだなふ~んと思っていていただければと思います。満足度★3というのは決して低くはないのですよ?(予防線!)

満足度が低くなってしまった理由はいくつかあります。まずは最後のエピローグ。これによって少々えぇ・・・・無理やりだなぁと思ってしまったこと。2つ目、なんだか矛盾があるように感じる。みっつめ、タイトルとなんか違う。

ということで・・・・さっそくこれらについて書いていきますね!

エピローグがもったいない


終盤まで、矛盾を感じつつそれでも面白いなぁと思ってよんでいました。というのも弟くんの病み具合がなかなかいい味だしていました。汚れて汚れて誰もが相手にしなくなっても自分だけはそばにいる。そして誰よりも優しく抱いて、お兄ちゃんが自分から離れられない様にするんだ、そういう気持ちが中盤まではすごく伝わってきて面白く読めましたね。

終始、弟くんの病みで行くかと思いきや・・・・最後のエピローグです。これがあるために私は一気にさぁ~~っと冷めてしまったんです。あれ?これどっかで見たかも。と思ったのと、弟くんの病みが面白くて読んできたのに全部お兄ちゃんが最後かっさらっていってしまって、弟くんのヤミがどっかにかき消されてしまいました。。。。

ストーリーとして私の中に残らなくなってしまったんです(´;ω;`) そして結局は「あれ?何がしたかったんだろ2人」「あれ、結局何が伝えたかったんだろ」と考え込んでしまいました。

お兄ちゃんも病んでるというのはにおわす程度で良かったのではないのかなぁと・・・。でも大どんでん返しでしたね!なんか伏線っぽいのあったかしら?と思いましたが、確かに伏線のように考えればそう思える箇所はありました。

よーしたまにはいい兄のフリをしてみるか

でしょうかね。。。

これ以外私としては引っかかるところがなかったのでかなりの唐突感というか、無理やりお兄ちゃんも実は~に持って行った気がしてしまいました。そして「いい兄のフリし続けるよ」です(;'∀')

んんん???いい兄のフリしてたかしら?どういうこと?と。だってそこは弟くんの望んだお兄ちゃんでもないわけで・・・
ここら辺は私の読み方が浅いだけかもしれませんが、ちょっとこのエピローグはない方が良かった。

最後の最後に意味深に笑ってtればそれでよかった気もします。(想像できて楽しいので)

矛盾が生じてしまう


2つめの気になったところですね!ストーリーといいますか、キャラに矛盾が生じてしまっているなぁと思いました。まず弟くんです。弟くんは汚れて汚れて誰も相手にしなくなっても自分がいるからと思って生きてきました。

目の前でお兄ちゃんがエロいことをしてても興味すらない感じで・・・・それは汚れた兄が好きだから?それとも「相手にされなくなった兄」を望んでいたのか・・・。「汚し方が足りないんだよ」というのからだらしない兄の方がいいのかなと思ったりもしました。(でも結末は違う)

ただ、人に捨てられるまで(相手にされなくなるまで)ずっと我慢してた弟くんは見ごたえあったし、女の子を兄替わりに抱くのも理解できたけれど、ちょっとあれ?と思った部分が。
彼女と一緒にいるところを目撃された弟くん。彼女に弟をよろしく頼むな!といった兄にショックを受けてどこかへ行こうとするのですが、ここでお兄ちゃんが「何か思ってる事があるんなら言えよな」というんです。

これに対して「まさかオレの気持ち気づいてる?」「俺の気持ちを伝えたらどうなるんだろ・・・受け止めてもらえる?泣いてすがって頼み込んだら・・・・」となぜか弟君が思ってるんです(;'∀')

わたしとしては、あの彼女と鉢合わせたところからどうして俺の気持ちに気が付いているか?っていうのが出てくるんだろう?と思ってしまいました。お兄ちゃんそんな感じではないのに不思議だなと。

そして・・・泣いてすがってみたら・・・っていうのも弟くんらしくないですね。あの序盤の弟くんがどこへいってしまったのかしら?と思ったのもあります。「汚し方が足りないんだよ!」の弟君がわりとぞくっとしてたのでこんな弱気な感じがちょっと意外でした。
この辺ちょっとキャラ設定が統一されていない気がします。

汚されてボロボロに・・・というならウリじゃなくても恋人ができてボロボロにされてもいいのに、恋人はダメだという・・・。この弟くんの言う「お兄ちゃんが堕ちる」というのがイマイチしっくりこなかったのも終盤ストーリーに入り込めなかった要因かなぁと思います。

そして・・・弟くんが彼女さんに酷い事を言うのですが・・・お兄ちゃん・・・ジャージみたいなの一枚羽織って出てくるなんて(;'∀')
そして「弟に言い聞かせますから」っていうんです。。。。弟くんはこんな状態の中でお兄ちゃんは最後まで兄でいようとしていてると涙を流します。とてもぎゅっとくる場面だと思います。

ですが・・・私は・・・そもそもですね・・・・別れ話のところへ兄は出てきてはダメです(笑)。言い聞かせますって何を言い聞かせるというのでしょう。酷いことしたとしてもお兄さんに言われたら彼女の方も嫌じゃないかしら?だって文句を言ってる最中に服1枚羽織ったお兄ちゃんが来て話し遮っていくんですもの・・・・・。。。

タイトルとなんか違う・・・


最後に、タイトルについて。タイトルを最初に見たときにすっごく期待しました。「泥中の蓮」」です。これは故事ことわざにもありますね!

泥中の蓮とは、汚れた環境の中にいても、それに染まらず清く正しく生きるさまのたとえ。



なので、どんだけドロドロで歪んでいようが、きっと最後に残るものはきれいなものに違いない!と読み進めていったんです。それが大きく違ってしまったのでおそらく満足度が低くなったのだと思います。

綺麗な蓮ではなく、言うならば・・・蓮の造花かしら!両方とも泥中の水面に浮かぶ造花ではないでしょうか・・・。お互いがお互いに演じて自己満足的な愛に浸っています・・・。どうしてこのタイトルをつけたのでしょうとなってしまいました。

これは私のタイトルとストーリーを照らし合わせるのが好きな癖があってだからこその感想にしかなりませんが(;゚Д゚)
作中にも「泥の中でも」とか「泥・泥」言ってて最後の方にはなんだかおなか一杯になってしまいました。
無理やり泥の中に~というのを強調しているように思えたというのもあります。

最後は「俺にとってお兄ちゃんは最後までキレイだったってこと」って言っているのですが・・・えっほんと?って(;'∀')
だって最初はお兄ちゃんにとっては自分が蓮だけど、おれもお兄ちゃんと一緒で泥側だよ~って言ってたような記憶が・・・。

その後きれいに花は咲いたのかしら?と思うんですが、2人は幸せそうなので2人にとっての花は咲いたのかもしれません・・・ですが~ですがですよ・・・「泥中の蓮」というタイトルはちょっと違うかなぁと。

どんな状況でも純粋なお兄ちゃんを描き切ってほしかったです。

そこを裏切ろうとあえて「お兄ちゃんも実は~」と持ってきたのでしょうが・・・・

というのが私の感想です。

結論
そもそも・・・弟くんが汚れたお兄ちゃんがほしかったわけではなく、自分だけのものになるお兄ちゃんが好きであるなら二人とも歪む必要がなかったのではないかと考えてしまいました。。。
歪み+歪み・・・実はお互いに手に入れたかったものなので、これなら純愛路線でよかったんじゃない?となってしまったのは私だけでしょうか・・・汚れたお兄ちゃんじゃなきゃ嫌だ~というのではないから歪まずとも最初からすがればよかったのになぁ~と。すいません(;´・ω・)


まとめ

ちょっと自分の中でのマイナス点を詳しく書いてしまいましたが、歪んだ兄弟愛ということでも登場人物が少ないのでドロドロ感が思ったより少ないです。あっさり読めると思います。あまりどっしりと切なく心に残ってしまうような兄弟ものは苦手という人には読みやすいと思います。

私のように屁理屈並べてあれ違うなぁ~なんて思わなければ絵柄もいいし、不思議と読後感もいいので読んでて楽しい1冊かもしれません(o^―^o)私も中盤までなになに?どうなるの~?とわくわくしながら読みました。

蓮は泥がなければ咲きませんのでね・・・(根が張るには泥が必要ですから)そして泥があるからこそよりきれいな美しいものとして映るのでしょうね・・・。もう少しだけきれいな部分が出てたらより面白かったと思います!!!

最後に、ためこうさんこの【泥中の蓮】特設サイトがあります!8Pの同人誌から発展させたストーリーだったのですね~。

そう思うと、広げるために後から考えたエピもあるでしょうし、最初のキャラ設定がちょっと変わってきたように感じるのも納得しました!読み切りで書いたものを広げるっていうのは本当に大変でしょうね・・・・。

そして特設サイトのカラーはすっごくきれいですねぇ~ためこうさんカラーが素敵!!!見せ場のカットをすごく魅力的に描く作家さんだと思います。(マンガになるとちょっと幼く感じてしまいますが)

また次回作もコミックスでたら読みます(o^―^o)
ということで・・・・感想でした★批判ではありませんヨ。


Renta!さんで高評価作品ですので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!
泥中の蓮

泥中の蓮

[著]ためこう

関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。