マガジンビーボーイ8月号掲載。続編なんて・・・・


おはようございます。昨日からアクセスが異常なのですがどうしてでしょうか(;'∀')ちょっと怖いです(´;ω;`)ウゥゥ
では・・・さっそくエスケープジャーニーの感想を。

やはりこちらから先に書かせていただきますね!どうも納得できないし、なぜこんな展開になった!?!?と。
太一の気持ちがわたくしにはさっぱりわからないんです。

続編なんて・・・・続編なんて~~~~~~~~~!!!!って気持ちになってしまいますね。
これでは本当に横に寄り添おうとしてる仁科くんに頑張れ!と言う気持ちを持ってしまいますヨ・・・。

と・・・またまた黒い感情をここで吐いてしまいましたが、今月号の感想を以下に書いていきますね。
なるべく・・・冷静にかくつもりです。(あくまでつもりです(笑))

エスケープジャーニー おげれつたなか/リブレ出版 (2015/10/10) 






エスケープジャーニー11話の感想は以下より。感想にはネタバレ含みますのでご注意ください。


エスケープジャーニー2巻に収録されるストーリーです。まだコミックスになっておりませんのでコミックス派の方は十分ご注意なさってください。
感想には激しくネタバレ含みます。

許されない感情を育ててしまった。
好きな人の、「大切な人」を不幸にしてしまう、いびつな感情を―。



もうね。。。ここから気に入らない(笑)許されない感情って何ですの?

すれ違う太一と直人


直人は太一に距離を置きたいと言われたことをずっと考えていました。太一ときちんと話をしようとするのですが邪魔が入ったり太一が頑なに「一人で考える時間がほしい」と言うのでちゃんと話せないのですね。

ひとりで考える時間がほしいというのは、まだ自分がどうしたいのか分かってないからだと言うのですが・・・・
直人は考えるのなら一緒にだろ?と。でも太一はそれがダメだと言って聞きません。

「好きだから」

そういう太一に好きなら・・・と言いかけて口をつぐむ直人。そして合鍵を突き出して距離置くのでもなんでも好きにしろと言って行ってしまいます(´;ω;`)ウゥゥ

う~~ん・・・・なんで2人の問題を太一ひとりが考えて答えを出そうとしているのかさっぱりわかりません。自分がどうしたいのかわからないっていうのもがっかリだなぁと読んでいて思ってしまいました。太一がブレてどうするの!?と。何がそんなに太一の心をこんなにも動かしたのだろう?と。
■母親の言動
■直人の涙
きっとこの2つが大きな原因にはなっているのだと思うのですが、直人も言っているようにこれは2人で一緒に考えなければいけないと思うのですよね。そして・・・太一が考えたからと言って太一の思い通りになるのかしら?という疑問もでてきたり。なんだかここら辺は太一の自己中さが目立って全く・・・・本当に全くと言っていいほど感情移入ができませんでした。好きだから一人で考えたい(太一)好きなら(一緒に考えるべきの直人)と本当にすれ違ってしまって、ひとつ歯車が狂うと何もかもすれ違ってしまうのだなぁと思ってしまいました。


ふみちゃんは癒し


残された太一の元にふみちゃんがやってきました。
言い争いをしていたから気になって話しかけてきたようです。

太一は唯一自分たちの事を知っているふみちゃんに自分の気持ちを素直に話します。

今まで自分の事しか考えてなかったこと、直人がいればいいと思ってたバレてもいいと思ってたけれどそれは自分の理想でしかなかったということ。直人には家族もいて友達もいる。自分と一緒にいれば余計なことで傷つけてしまうと・・・。

直人は自分といることで家族を失うかもしれないそう話す太一。
ふみちゃんはそれを聞きながら、傷つけるばかりじゃないはず、そして直人はそんなことはわかったうえでそれでも太一と一緒にいることを望んでいるはずだと言います。

このあたりはちょっと私なりにセリフを変えています。。。

ふみちゃんのやさしさがすっごく伝わってくる場面ですヨ。。。そんなふみちゃんの言葉を聞いてさらに話し出す太一。
今まで自分は直人を何回も大事にできなかったのに、直人には何回も助けてもらった。ただ自分がいっしょにいたかったからまわりが見えてなかった・・・もっと早く考えるべきだったと。。。

自分がなおを大事にする方法って本当にただ恋人としてそばにいることだけなのかなって

う・・・うん???太一の言っていることわかるよ!?って人はすごいと思います(;'∀')私にはさっぱりここもわからないのです。

まずはね、今まで自分の事ばかりだったから直人の事を今一生懸命に考えているよというような場面ですよね?ですがこの箇所は私からしたらまた自分のことしか考えてないんじゃないの?と思う場面なのです。

■直人が色々と傷つくかもしれない、なくすかもしれない→直人の事を考えているようで、そうさせる自分が嫌なだけ。
■自分が直人を大事にする方法ってただ恋人としてそばにいることだけなのかなって→傷つけるのが怖い、何度も今まで大事にできなかったから大事にできるのか不安。

なんといいますかだんだんと腹が立ってきました(笑)
そして、このことをなぜ自分ひとりで考えているの?と。傷つくのが前提だし、家族を失うのも前提・・・・しかもこれって太一の事じゃなくて直人のことではないの?それこそ直人と一緒に考えるべきだし、家族のことは直人が踏ん張らなきゃいけないことなのだから太一がどうこう考えたところで変わるのかな?と。

私は今回読んでて太一って、考えているようで本当にそんな自分に酔っているんじゃないかとさえ思えてしまいます。結局は自分が母親から拒絶をくらって(2人の関係に)直人の家族もそうなのだと決めつけている気がするのです。今更なのよ・・・太一くん。なぜ直人の気持ちを置き去りにして自分が直人のために~なんてセリフが出てくるのか本当にわからないです。
お母さんの件があって、そのことで直人が泣いたから自分と一緒にいたら傷つけると思ったのでしょうね・・・・(あのお母さんやっぱり苦手~)


仁科くんがかわいく思えて・・・


直人と仁科君。直人の様子から仁科くんはまた嫌味を言うのですが・・・

うるさい ・・・お前嫌いになりそう

そういわれた仁科くんは一瞬にして顔が変わって必死に謝ります。この一生懸命謝っている姿が本当にかわいらしくて。不覚にもキュンとしてしまいました。

ごっ・・・ごめん・・・ね

この「ね」がかわいい。直人もそりゃ笑うよね!仁科くんにイライラした直人ですが笑ったついでに言います。

でも・・・まぁ 仁科が言ってることが本当は正しいのかもな

これはきっと言葉ではなんて約束しようが意味ないと言ったことに対してですね!(10話

そして直人は八つ当たりしてごめんと言って仁科くんの元を去っていきます。直人自身も関係のない仁科くんにあたってしまって自己嫌悪です(;´・ω・)

太一が何を考えているのかわからない 
それに俺にはどうにもできない
早く 戻りたい


仁科くんかわいかったです。最初はほれ俺の言った通りだろ!みたいな得意そうな顔して言ってたのに直人から嫌いになりそうと言われて一瞬で顔も変わったし態度がオロオロしちゃって。極めつけは振り絞ってだした言葉が ごめん・・・ね ですからね💛「ね」って本当にかわいい。。。こういうところ、先生すごいなぁ~って思います。私もププっって笑っちゃいました。私は太一×直人が大好きなのに・・・あまり太一のこと嫌だなんて思いたくないから早く・・・この展開が終わってほしいです。


逃げる太一と寄り添う仁科


嫌なら勝手にしろ!って言った直人ですけどやっぱり太一の事を知ろうと努力しているのですよね。太一はなんだかんだ理由つけてますがきっと直人のことを避けているのでしょう(;´・ω・)

なぁ やっっぱちゃんと話そうぜ

そういう直人に話すにしても外じゃ話せねぇだろという太一。それなら家に行くという直人ですが太一はバイトがあるから無理だと言います。

直人は終わるまで待っているからと食い下がるのですが、何時に終わるかわからないからまた今度と。ヽ(`Д´)ノプンプン

何時でもいいから家の前で待ていると言えば近所迷惑になると言うし、大学の前で待っていると言えば行けないという・・・。

直人は太一からメールで今日はムリだから家に帰れと連絡をもらうのですがそれでも大学の前で待つことに決めたようです。

大学の門の前で直人を見かけた仁科くんは直人と話しなんだか感じ取ったようです・・・。(何も聞かなかったですが)そんな直人が気になって仕方のない仁科くんはバイトにも身が入りません(笑)

気になって気になってバイトも早く上がった仁科くんはまた大学に。もう何時間も経ってるのにまさかなと思うのですが、仁科くんの勘は当たってしまったようです。

すでに閉まっている門の前に座っている直人。
この直人を見つけたときの仁科くんの表情がすごく切なくて・・・そして優しくジャケットを直人にかけるんです。

・・・羽瀬待ってても来ないと思うよ

そういって直人の方を見る仁科くん。直人を見て思わず直人の手を握りしめます。
直人はΣ( ̄□ ̄|||)で離せよというのですが、握られた手が震えているのに気が付いてしまいます。

仁科くんの必死さがすごく伝わった場面でした。そのまま直人は黙って仁科君の手を握ったまま・・・・・

次号です。


太一ねぇ・・・・直人のために~なんて言ってて結局逃げてますよね。直人がどうとかじゃないんですヨ・・・結局保身なのかしら?とさえ思えてきてしまいます。
何度も大事にできなかったから大事にできる方法を探してるみたいなかっこいいことふみちゃんに言ってたけれど今現実ですでに直人を大事にできてないよね?と思ったのは私だけでしょうか(;'∀')

未来は予想したところでその通りになるかどうかわからないのに、そのことで悩んで本当に大切な「今の直人」を傷つけていいのかしら?例えば、今太一が別れを選んだとして、これから直人が「あの時別れたから今おれ幸せでいれる」って太一に感謝できるとは思えないですヨ?むしろあの時向き合えなかったと余計に傷を残すような気がします。

その反面、今回は自分なりに仁科くんのほうが直人に向き合ってて応援したくなりました。仁科くんは直人を見ていると昔の自分と重なっちゃうのでしょうね。直人と太一がうまくいく事はきっと仁科くんのトラウマも解消する手助けにもなると思うのですが・・・

なんだかこの際、仁科くんと・・・なんて思っちゃいけないのに仁科くんの存在は今の直人にはきっと必要だなぁと思わされました。太一のことをボロクロに書いてしまいましたが、本当に大事にしたいのであれば直人の気持ちを尊重すべきだと思うんです。そして直人が選ぶべきなのでは?と。直人が太一と一緒にいることをそれでも選んだのならば太一はそれに向かって最大限努力するというのが直人を大切にするということなのではないかと私は思うのです。
今の太一の考えは・・・・賛成できません。太一自身が拒否される関係から逃げたいのかしら?と。



エスケープジャーニー12話以降を予想してみる


ここからは私の勝手な妄想込みの願望です(笑)

次号、私は太一が来るのでは?と予想。(いや来ないと終わっちゃうよ???)

来た太一は、仁科くんと直人が手をつないでいるのを目撃してしまいます。そしてやはり直人は誰にも渡せないと。
色々考えたけれど、やっぱりなおとは離れられないぜ展開でお願いしたいです。

もうあるあるパターンですけど、この際あるあるでいい!!!早く浮上させてください。。。。

あともう1パターンは1回仁科くんと仲良くなる。(エロなし) 距離を置くのですが直人が太一ではなく仁科くんと仲良くしているのを目撃して太一が変化してくる。→なおの隣にいるのは俺だ!

あっ、2パターン書いたつもりが結末同じになりました(笑)
結局は太一と直人なのですよ・・・そうですよね?

今11話です。。。。2巻で終わるのであればあと3話~4話が勝負ですね。あと2話くらいモヤモヤさせられるかもしれませんがしんどいですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今月号の表紙もエスケープジャーニーなのですが、直人が笑ってて余計にせつない💦そして軽く太一にイラッとしたのはここだけの話です・・・。


ということで感想でした!!!ダラダラと綴ってしまいまして。。本当にお粗末様でした。





関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。