吉利谷の本音が垣間見えた第42話。そして曜明からのご褒美が・・・


おはようございます!!!早速花鳥風月の感想から行きたいとおもいます。
その前にわたくしはどうしても謝らないといけないことが・・・・・

吉利谷さん・・・君を悪者かと勘違いしてしまってごめんなさい。
君は本当はしっかりと組長としての役割を果たしつつ・・・優しいやつだったのね(´;ω;`)

色々と散りばめられた伏線が回収されてきた42話だったと思います!そして・・・糸くんに移っていくかと思われた今回ですがガッツリ曜明、火弦でした。予告はなんだったのでしょうね~全く!!!

花鳥風月42話の掲載誌情報


ディアプラス8月号
Dear+(プラス) 2016年 08 月号 [雑誌]新書館; 月刊版 (2016/7/14)

【ディアプラス8月号 8/19~配信開始!】


※ダウンロードは遅いようですが、PT50倍があるのでひかりTVが一番お得のようです。



花鳥風月コミックス情報




花鳥風月第42話の感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意を!


花鳥風月6巻に収録されるストーリーです。まだコミックスになっていないストーリーですのでコミックス派の方、ネタバレ不要な方は十分にご注意なさってください。感想には思いっきりネタバレ含みます。



吉利谷の本当の気持ち


今回は巻頭カラーで登場でしたね!吉利谷のような影に頭をなでられている火弦。

「早くよくなれ―」

この時火弦は眠っているのですが、目を覚ますと桃が置いてありました。
以前、吉利谷が「次はお前の好きな桃土産に持って行ってやる」と言っていたのを思い出します。

―克也の墓参りにて―
吉利谷、曜明2人が並んでいました。
克也のお墓に向かって吉利谷が話しかけます。

克也さん 長いこと待たせてすみませんでした
ようやく総て 片が付きました


吉利谷はそれでもやはり最後のとどめはこの手でさしたかったと言います。

すると曜明はならなぜ初めから火弦を使わずにお前が行けばよかったのにそうしなかったんだと言います。

吉利谷はそれに対して言うのですよね、自分も曜明も組の大事な存在だから万が一何かあれば組が立ちいかなくなる、自分のわがままで組をつぶさせるわけにはいかないと・・・。

そして吉利谷は勝又と話したときのことを思い出します。

勝又が土下座をして、どうしても入江の始末を自分にさせてほしいと頼んできたこと、入江だけは自分がこの手で殺さないとダメなんだと言ってきたこと・・・。

己で蒔いた種は己で刈り取る―

自分が勝又でもそうしているだろうと思う吉利谷ですが本当は自分が敵を討ちたかったと・・・

組長になんてなるもんじゃないな 
昔はもっと色々なものが自由だった


吉利谷、本当にごめんなさいとここを読んで反省したわたくしです(笑)
吉利谷は自分が行きたかったけれど克也から託されたこの組を自分のわがままでつぶすわけにはいかないと思ってたのでしょうね。そして入江の気持ちも汲んだわけです。。。
冒頭の吉利谷の火弦に対するやさしさも何だか伝わってきましたね(o^―^o)優しく頭を撫で「早くよくなれ」です・・・そして高そうな桃。吉利谷が火弦に好意があるとは私は思ってはいない方なのですが、本当に弟のようにかわいい存在なのだとここを見て思いました。以下・・・曜明と吉利谷の言い合いが面白いです(笑)


曜明から「今だってお前は好き勝手している」と言われた吉利谷は、曜明にもそっくりそのまま言い返すと言って張り合います。
吉利谷の言い分はこう。

曜明が勝手に動いたせいで自分は今回すごく苦労した!計画通りなら警察に捕まらなくても良かったし火弦が撃たれることもなかった!!!

それに対する曜明は・・・

おまえがヘタな小細工するからだ!!!火弦は俺の犬だから鉄砲玉ならお前の犬を使え!!!


そういうと吉利谷は言うのです。丹羽は目立ちすぎるから火弦が適任だったのだと。
曜明はここで相手は勝又だ、相手の力量を考えろと言います。要はここで勝又と火弦だと火弦が断然不利だと言いたいのですね。

下を向きながら吉利谷は言います。

あの勝又なら火弦でも充分だったと・・・。

この場面で吉利谷がどうして火弦を生かせたのか回収してきましたね!丹羽じゃ目立ちすぎるっていうけど・・・変装とかさせたら良かったんじゃないの?って思ったのですが(笑)吉利谷はあの勝又との会話から、勝又はきっと抵抗しないと思ってたのでしょうね。もしかしたら勝又の言動から、勝又は自分で自分の始末もするのかもしれないと思っていたのかもしれません。だから火弦が動いた方が組としても良かったと・・・。丹羽は派手なやんちゃくんだからもしかしたら警察とかにも目をつけられてたかもしれませんしね。

ですがここで誤算が。曜明が動いたと・・・。
吉利谷が羽美ちゃんと透子さんの家の塀を落書きさせたのも曜明を足止めさせるため。これには2つの理由があったのだと私は今回読んで思いました。
1つ目は曜明は組の大事な一員。(本当は組を抜けていません)だから危険に晒すことはできない。→組の資金を作っているのは曜明だと前回わかりましたよね。
2つ目は、勝又に入江を討たせてやりたかった(ここは私の想像)。その前に曜明が勝又に手を下したら元も子もない。

吉利谷の誤算は、まさか曜明が火弦の為に動くとは思っていなかったことなのでしょうね。だからこそ火弦をコマとして使った。でも結果として曜明は火弦も曜明を突き動かす人物だったのですね・・・。
「犬は犬」きっと克也も下の組員たちには線引きをしていたのでしょうね。だからこそ、「犬」の火弦にはそこまで執着するはずはないと。「愛されているなぁ火弦」は私はやはり嫉妬が混じっていたと思います。仕えるものに「特別」に思われている火弦に・・・。


透子さんと曜明


お墓参りには透子さんと羽美ちゃんの姿も。羽美ちゃん火弦大好きなんだね💛わたしもです(笑)

透子さんは火弦の退院はいつなのか?と聞いています。羽美ちゃんが会いたいのでしょうね。
そして曜明は透子さんに話し始めます。

火弦が撃たれて死にそうになったときに驚いたと。
今まで何があっても「死」に直面するような場面はなかったし、それに克也が「犬は人よりも早く死ぬが、火弦はお前が死ぬまでそばにいる」そう言ったからそう思ってたというようなニュアンスでした。

どこにもそんな確証などないのにバカな人ねという透子さん。(克也に対して)
そんな事言って自分は撃たれてあっけなく死んじゃったのに・・・と。

確かに人の寿命は長い、だけれど誰でも長く生きられるわけじゃない。現にそういった克也さんももうここにはいないでしょと言う透子さん。

兄貴の言うことに間違いはない

そんな曜明に透子さんは言います。あなたは彼を「絶対」だと思っているけど必ずしも彼が総て正しいわけじゃないと・・・。

ヤクザの世界には守らないといけないルールやしきたりがあるのは知っている、それでもそれに総て縛られて従わなくてもいい。

自分の心がそう望むなら 義理とか立場とか関係なく
好きに行動してもいいだってことも覚えておいてね


もしそのことで克也が怒ったとしても文句なんて言わせないという心強い援護でしたね。
先に死んだ彼が悪いんだから、、、と彼女は涙を流します。

透子さん、すごく素敵な人でしたね。まだまだ克也のことが好きなのだなぁ~と思わされた場面ですし、本当に曜明の事を大事に思っているのだなぁと。
そして・・・義理とか立場とか関係なく自分の心がそう望むなら好きに行動してもいいっていうセリフ・・・気になりますね。火弦と曜明のことちょっと気が付いているのでしょうか?どうでしょう~。

そして曜明の「兄貴の言うことに間違いはない」って・・・案外純粋なのねと思ってしまいました。曜明の中では克也は「神」なんですね(;´・ω・)それと、曜明にとって透子さんは何でも話せる存在なのだなぁ~と今回読んで思いました。
曜明から話すなんてビックリですね。火弦の事とか自分の気持ちとか。。。


桃も曜明も甘い


ここが読みたかった!!!病院にて。

火弦のお見舞いに来る曜明。今日は先代の新盆なのに手伝えなくてすいませんと謝る火弦に、
新盆は身内だけだからそこまで気に病むなという曜明。

逆にこの「身内だけ」という言葉が気になる火弦(;´・ω・)ほんとデリカシーのない男ねヽ(`Д´)ノプンプン
火弦は一線を引かれたようで寂しいと感じます。

そして気まずそうに吉利谷が持ってきてくれた桃を食べましょうといいます。



火弦 来週退院したら 一泊温泉に寄ってく
今回の件のご褒美だ


この言葉に思わず指を切ってしまう火弦。(火弦が桃を切ってました)

火弦が指を切ったので…代わりに曜明が桃を切って・・・口開けろ から~のあのシーンですね!
甘いのは曜明さんです!!の場面ですが甘いのか????「口開けろ」ですよ(笑)
でも普段の曜明さんからでは想像できないくらいの出来事でしょうね。。。口まで持ってきてくれたんですから(n*´ω`*n)

もう火弦の頭の中は温泉がちらついてキャパオーバーしそうで本当にかわいいです。
そして曜明とのキスの事を思い出していました。

最後に一度だけキスをしてほしい願った火弦。キスをもらえて願いは叶ったと。
あんな幸運はもう来ない、二度と来ないのはわかっているけどそれでも夢を見てしまうと・・・。

病院での曜明さんはともかく、やっぱり火弦がかわいいですね(n*´ω`*n)
火弦は「身内だけ」という言葉に反応して落ち込んでしまいましたが、よ~く考えたら線引かれたっていうのはいい事なんではないでしょうか?身内とは関係持つなと言われている曜明ですからね。あえて「身内」から外へ出したのではないかなと思ったりもするんです。←都合のいい私なりの解釈です(笑)
あとは温泉~~~~♪♪♪とちょっとテンション高くなってしまいましたが、がんばったらもっといいご褒美くれますか?のご褒美ですからね💛なんでもくれるって言ったんだから不安にならずに言うだけ言っちゃいな!!!言ったもん勝ちヨ!!!と次回が楽しみでしかないです。


退院


火弦はあっという間に回復し、退院の日。
曜明が先生に深々と頭を下げててなんだか胸アツ・・・・。な~~~~~んにもしゃべらなくて頭だけ下げるってね・・・。
曜明らしいし、前回の必死さを見てるから先生もニコニコだよほんと。。。

温泉だ~~~~~~!!!!と張り切ったわたしですがなんとですね・・・・

ひづくん

って呼ぶ奴がいるんですヨ・・・・・・

火弦も固まっちゃってる・・・わかるよ、だって曜明と2人で温泉に行ける!って思ってたし・・・
そしたら羽美ちゃんに透子さんだものね(´;ω;`)

火弦の一番の恋敵ですからね透子さん。。。透子さんが現れて固まるのもわかります。
やっぱり温泉一緒に行くのかなぁ・・・・・・・・・・・・・・・


次号です!

羽美ちゃんと透子さん来ちゃいましたね。。。曜明が教えたのでしょうが、温泉はどうなのでしょうね。
羽美ちゃんのことだからついていきた~~~~~~~い!!ってなるでしょうし。

そこをあえて・・・曜明に断ってもらいたいです。ご褒美の温泉なんだから、邪魔が入ったらダメ!!!そのくらい曜明もわかってるはず(笑)←たぶん曜明はわかってないんだなこれが。

ですがですよ!!!!!雑誌を読んだ方!!!先生のメッセージを読んでみてください!!!!!!!
もうもう私はそれだけでテンションMAXです。

「このまま先に火弦を幸せにしたいと思います」


キタ~~~~~~~~~~~~~!!!!!!もう気持ち悪い感想になってもいい・・・・
火弦はこのまま幸せにまっしぐらです(´;ω;`)ウゥゥ
早く次回が読みたいです。興奮しちゃいました。




まとめ



吉利谷・・・・本当にもしかしたら悪者かもと思っててごめんね!

あとは、私は火弦を行かせたのは、読み返してて「お前の味方だ」というセリフから、ご主人さまの役に立って曜明からご褒美をもらえるようにしたかったのかな?とも思ったりしたのですがそんな感じではなさそう~。

色々となんでだろう?どうしてだろう?と深読みしたのですが、結果は案外あっさりしたものでしたね!
吉利谷と曜明の言い合いが何だかかわいらしくて、「あれは俺の犬だからお前の使え」「丹羽は・・・」にもちょっと萌え。
ちなみに・・・丹羽っちしれっと登場してました(笑) 警察から解放されたようです。。。←扱い・・・・(´;ω;`)

とにかく!!!糸くんより先に幸せになれるようですのでしっかりと見届けたいと思います!!!

先生~ありがとうございます~~~~💛

あ・・・今回の吉利谷の火弦に対する扱い結構微妙でしたね。(あれ?なんかトクベツ?みたいな(;'∀'))
皆さんは吉利谷は火弦に恋心あると思ってる派ですか?ないと思ってる派ですか?

ちょっと私(恋心はない派)も不安になってきたので・・・みなさんの意見聞きたいです。

気になったのでPC限定になってしまうのですが、アンケートをしてもいいですか?(スマホもできるようです!)
アンケートが取れると知ってちょっと使い方もマスターしたいのとどんな感じが興味があるので(n*´ω`*n)
期限は次号発売日前日までです。

選択肢は2つまで選ぶことができます!1個しか選べなかった・・・・(なんでだろ)






結果見ると楽しいと思うので、恥ずかしがらずにドシドシ投票してくらさい!!!
投票した人の名前とかそういうのは一切出ませんヨ!(私にもわかりません)
関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。