お嬢の気持ちが少しわかった惣五郎。三人吉三の舞台は成功するのか!?


楽しみにしてました~。今回も扉絵から素敵ですね。毎回着物などを描くの大変そう。。。。
でも本当に美しいです💛

ストーリーはちょっと短いなと感じました。16P!夏目イサクさんにしてはなんだか珍しい~。
シェリプラスで今月は飴パラもあるしお忙しいのかな!?ほかのマンガも描かれてますしね。

舞台の事と、最後が何だか・・・・不吉な予感のする終わり方でしたので気になるところです。

花恋つらね コミックス情報


夏目イサク/新書館/2016年5月30日(紙初版)


花恋つらね 第七幕の掲載誌情報


ディアプラス8月号
Dear+(プラス) 2016年 08 月号 [雑誌]ディアプラス8月号

8月号は8月の中旬ごろ配信開始です(電子書籍)。
今はディアプラス7月号が配信されています。

【ディアプラス8月号 8/19~配信開始!】


※ダウンロードは遅いようですが、PT50倍があるのでひかりTVが一番お得のようです。



花恋つらね 第七幕の感想は以下より。感想にはネタバレ含みますのでご注意ください。


花恋つらね2巻に収録されるストーリーです。まだコミックスになっていないストーリーですのでコミックス派の方、ネタバレ不要な方は充分にご注意なさってください。

感想にはネタバレ含みます。



三人吉三開幕!


いよいよ三人吉三~!始まる前にガッチリと手を組む二人がなんかいいですよね。
こういうのって女の子ではしないなぁと思うのでここら辺、男の子っていうのが意識できてすごく好きです。

舞台にはヒロトと西田くんが観にきてました。この2人が感想言い合っているのですが、これ先生の感想なのかな~って想像しながらうふふ・・・と読んでました。

そして惣様登場です!!!艶っぽくていいですね(n*´ω`*n)
そんな惣様に西田もかわいい~と言っています。

惣五郎と源介の掛け合いがあったり、数ページは舞台の内容や惣五郎の心情が描かれていますが・・・
二人の舞台を見て惣五郎のおじいちゃんもうれしそうにしています。

(舞台の場面はこれといって特に何かがあるというわけではありません)

舞台後


演目が終わった惣五郎と源介のもとに、西田とヒロトが来ます。
西田からかわいいだのきれ~だの言われてすんごいうれしそうにしている惣五郎がかわいすぎてですね。。。。

はっはっは おいおい
そんな褒めてもなんも出ねーぞ西田


↑って言いながら満足そうな顔している惣五郎がめちゃかわ。

そして惣五郎のおじいちゃんに呼び出される2人。今日の舞台に関してだと思いドキドキしている2人です(笑)

おまえたちの吉三悪くなかったよ
この調子でがんばんな


厳しいおじいちゃんにそんな風に言われ、一瞬固まり・・・目を合わせ・・・
惣五郎に抱き着き喜ぶ源介。

この目を合わせる2人がすっごくすっごくかわいいです!!!

この調子で頑張ろうな

そういう源介にぎゅっと抱き返して「うん」という惣五郎。

すんごい2人してうまくいっている感じがするのですが・・・・最後のモノローグがですね・・・・

まさかその後 あんな最低な気持ちになるなんて
考えもしなかった


えぇ~~~~~なんか悪いこと起こるのね・・・・(´;ω;`)
これで次号とか・・・。

やっぱり16Pだと少ないなぁ~という感じですね。三人吉三が入ってたので本当に2人の絡みは数ページ・・・
今回は何も進展はなく、次号から不穏な雰囲気になるのだろうな~というのだけは想像できました。


ちょっと感想と言っても・・・あまり何もないのですが(;´・ω・)
源介と惣五郎が何かなるのかなぁ~。最低な気持ちになるなんて・・・と言っているので
惣五郎に何らかの変化が起こるのでしょうね。

なんだろ~。うれしくてうれしくてもう今なら何でもできると思うくらい幸せで・・・とあったのでそうじゃない状況が来るのでしょう・・・あまりダメージが大きくありませんように。

こんな感じでした。


関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。