黒瀬くんの謎の明かされる第5巻!そしてついに二人は・・・。


今日電子書籍も配信開始ですね!コミックスは昨日届いたのですが電子も早くてどっちが良かったかなぁ?と考えちゃいました。今回は通常版を購入。フィギュアなどの特装版はどんなだったんでしょうね(n*´ω`*n)気になるところです♪
個人的には今回の巻は読みごたえあってかなり買いの巻だと思います。。。ふふふ。

テンカウント5巻のコミックス情報&電子書籍情報


テンカウント 5巻
宝井理人/ 新書館 (2016/8/30)

Renta!のみ10時~配信開始。(9/2)

5 満足度


コミックスの評価


評価項目評価・★
絵柄★★★★☆
ストーリー★★★★☆
エロ★★★★★
独自性★★★★★


テンカウント5巻 コミックスの簡単な感想タグ


二人の関係進展! 黒瀬くんの過去 新な登場人物


キュンあり ショタ黒瀬くん 謎あり エロすぎ 10項目め 謎の女

以下テンカウント5巻の感想です。ネタバレ含みますのでご注意ください

コミックスのContents・目次みたいなもの


■テンカウント count25~33

■黒瀬君と城谷さんと葛藤(描き下ろし)

■ドラマCD(テンカウント3)アフレコレポート(ディアプラス2015年12月号掲載)


5巻のみどころ


雑誌連載の時はすごく少ないP数で連載だった時もあったりしたのですが、コミックスで一気に読むとまた違った印象をもちましたね。そして!!!何といってもこの5巻は2人の絡みが~。。。

どんなストーリーでどんな内容だったかの詳しいネタバレ感想は雑誌掲載時に書いていますのでテンカウントの個別記事で25話~33話を読んでみてくださいね。雑誌での感想は書いているので今回は全体の感想でいきたいと思います。

仲直り


4巻は結構アップダウンの激しい巻だったと思います。城谷さんが黒瀬くんを拒絶してしまうような「気持ち悪い」発言・・・本当は自分に対しての感情だったのですがなかなか蟠りがとけませんでした・・・。そんな2人がエレベーターに閉じ込められて・・・・。

エグエグ泣く城谷さんのかわいらしさにキャ~となってしまった4巻最後。さてその後の5巻はというと、今回は城谷さんが動きました。動いたはいいけれど黒瀬くんにいいように操られてる気がしないではないですけども・・・キチンと自分の口から気持ちが言えましたネ!ホットしました(n*´ω`*n)ちょこっとウソついちゃう城谷さんとか可愛らしいです。

そして黒瀬くんも笑う回数が増えたような気がした5巻!黒瀬君の笑い顔ってすごい破壊力です(n*´ω`*n)なんていうか・・・キャ~ッ💛ってなるのは何ででしょう・・・(ワタクシだけかもしれませんなハハハ・・・)

俺のこと・・・めちゃくちゃにしてくれるんですよね?

城谷さんを一番めちゃくちゃにできるのは俺です

の2人の会話通り・・・それ以降はかなりすごいエロ・・・鼻血ブー・・・・。

足舐めから~の城谷さんの黒瀬君への顔面キック・・・・鼻血じゃなくて黒瀬くん唇負傷してたけどもハーハー興奮気味の様子もたまんなかったです。城谷さんは城谷さんで黒瀬くんからの言葉攻めで興奮しちゃっているし、本当にこの2人は相性バッチリだと思うんですよね。城谷さんのMが本当に黒瀬君によって開花させられている感じがします。

今回のエロは特別!


今まで2人がちょこちょこエロい事してた巻はあったけれど・・・・今回のエロは特別。もうね・・・黒瀬くんが興奮しまくっているのもわかるし何といっても・・・黒瀬くんのT子ちゃんが暴れまくります(笑)(盛りすぎました(;'∀'))

※T子とは(興奮すると目を覚まして起きあがってくるアレです)

このエロ・・・何がすごいかですって?もちろん絡みもあるけれど、ワタクシはねむっつり全面に出して話させてもらいますけれど黒瀬くんと城谷さんのT子の大きさの違いが地味にあるというのに萌え(笑)そして修正が白い太線(短冊?)ですがそれも太線と書いたけれど細いです!18禁並みではないかと思うんですよね。ここら辺、修正の基準てどうなっているのか不思議になるくらいです。。。もしかしたら電子だともっと修正くるのかな?と思わなくもないけれど同時配信なみの早さなのでここはさほど変わりなく配信される可能性のほうが高いかな。

T子ちゃんもだけど・・・城谷さんのアナ・・ゴホン(;´・ω・) すごいです。
指が入るところとか・・・しかも「自分でかき回して」命令をしちゃう黒瀬君がだんだんと顔が変わって興奮しちゃっているところとかもうもうものすごい描写です。5巻はエロ楽しんで!!!という巻かもしれません。

若干・・・城谷さんのアヘ顔はあまり好みではないものの・・・・とにかくT子ちゃんもお化粧しているがごとく色付けされてていやらしいのなんのって!!!あれ本当に色が付くのと付かないのとでは生々しさが違うしエロさが違いますねぇ。。。

暫く城谷さんを見てからの黒瀬くんのT子がもうT子じゃなくてT固!ってくらいガチガチでそりゃもう大きいのなんのって・・・。ごめんなさいね本当に今回の巻は気持ち悪い感想になっちゃうワ(笑)それでもそんだけエロがすごい破壊力だったってことは伝えたい~。

あのブルって出てきたときはかなりの衝撃で、雑誌で読んだ時も誰もいないのに周りを見渡したくらいです(笑)

ほんとこれは18禁級な修正なうえに描写ですのでエロに耐性のない方は・・・・ご覚悟を(n*´ω`*n)
あ~でも城谷さんのT子がかわいらしくてね・・・・・こういうの大好きです💛あの城谷さんのかわいい子をゴムで縛っちゃう黒瀬くんはほんとだんだんとSを発揮してきていますね。

城谷さんはやっぱ射精管理してあげないとダメですね

この鬼畜がかった黒瀬くん~からのデコチューの流れはすごくいいですのでここはぜひ読んでもらいたい。雑誌掲載時の感想でも転げまわった箇所です。

エロはかなりのP数ありますので是非是非楽しんでくだいね!!!

黒瀬君の過去


5巻では黒瀬くんの過去もわかってきます。黒瀬くんがどうしてカウンセラーになったかもわかる箇所でした。

黒瀬くんが幼いころ、両親が放任というか子供にあまり興味のない人だったようですね。そこで黒瀬くんが目をつけ徐々にある人の家に入り浸るようになります。今回ストーリーが★4になったのは、この西垣さんがどうなったのかがイマイチわからなかったのでマイナス1ということろでしょうか。個人的には西垣さんにまた登場してもらいたです・・・。

幼き黒瀬くんの初恋!?だった西垣さん・・・本当に気になります。

あの時の黒瀬くんの行動が実は西垣の背中を押してた・・・というエピが来ないでしょうか・・・。

そして潔癖症の人が自分だけを受け入れてくれるという事にかなりの喜びを感じているようですね黒瀬君は。まぁだからあの元女子高生が出て来たって黒瀬くんがなびくわけがないからそこは安心して見物しましょう・・・・・。

10項目め


5巻ではやっと・・・やっと城谷さんが10項目めを書きこんだのですが、実はまだそれが何なのかはわかりません。知っているのは城谷さん本人と黒瀬くんのみです。

さて・・・ここで10項目めは何なのかをかんがえましょう~。

やはりワタクシはお父さん関係だと思います。というのも、エロはもうしちゃったので消えましたね。あとは時々チューしかける描写があるのでチューというのも若干可能性はある・・・・。

城谷さんは、喫茶店でコーヒーなどが飲めないのでね・・・キスなんてかなりハードルが高いと思うんです。それでも今回黒瀬くんの入れたコーヒーが飲めた・・・・。ちょこっとキスはここで消えるかな?と思ったりもしたのですよね。

10項目めは何といっても城谷さんが潔癖になるきっかけになった一番のトラウマが来ると思うんです。それは何かを考えたらあの女子高生とお父さん・・・だと思うんですよね。

ちなみに、今回最後に出てきた女性ネタバレになりますが(34話で種明かしされています。)この人がここで登場してきたということは、かなりの確率で10番目はお父さん関係ではないかと考えます。お父さんどうなっているんでしょうね。。。

ストーリーも徐々にクライマックスに向かっているのではないかなぁと思ったりもするのですよねぇ。どうなのでしょうか。って残すはあと10番目ですからみんな思っているかもしれませんね(笑)

まとめ
5巻はとにかく城谷さんも黒瀬君もいろんな顔が見れますのでかなり楽しくて満足度の高い巻になるかと思います(o^―^o)1巻から読み返すと若干絵柄が変わってきたかな?というのも感じますが、今回の表紙は片目が黒瀬くんの目の色になっている城谷さんでとても印象的ですね。これは城谷さんが黒瀬くんを受け入れたからこうなったのでしょうか(n*´ω`*n)

色々な変化が起こってきた5巻、6巻ではどうなっているかも気になりますがまずはあの憎たらしい最後に出てきた女性を2人で撃退してほしいものです。。。黒瀬くん頼みますよ!!!

描き下ろしは・・・気持ちわかりますねふふふってなるエピでした。呼ぶまでが大変なのですよね。最後にはお互いに名前で呼び合っててほしいものです💛

ディアプラスで連載中のテンカウント最新話はここで書いていますので最新話をネタバレありで知りたい方はぜひ毎月チェックしてみてください♪だいたい・・・3日遅れくらいで記事書いています。

エロで半分くらい語ってしまいましたが・・・お粗末様でした・・・えへへ(〃´∪`〃)ゞ




テンカウント 5巻
宝井理人/新書館(2016/08/30)
Renta!のみ10時~配信開始。(9/2)

関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。