あのひとを、自分のものにしたい。ゆっくりと確実に変わっていく二人の関係。


雑誌掲載時にストーリーとともに感想は書いているのですが1巻まとめて感想は書いておこうと思います。今回もあの場面、カラーで載っていましたね。そういえばカバー絵なのですが、裏を見て表を見るとやっぱり矢代が百目鬼を見つめているようにも見えますね。このカバー絵すごいなぁと思います。広げると向かい合っているんですけどね。面白い!

4巻コミックス情報&評価


囀る鳥は羽ばたかない4巻 ヨネダコウ囀る鳥は羽ばたかない 4 初回限定小冊子付 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
ヨネダコウ/大洋図書 (2016/9/30)
評価項目評価・★
絵柄★★★★★
ストーリー★★★★★
エロ★★★☆☆
独自性★★★★★
5 神作品
電子情報


 

作品内容


真誠会若頭の矢代は、男好きの淫乱と噂されているが、部下とは関係を持たないと決めていた。
しかし、矢代の命が狙われる抗争のなか、付き人兼用心棒の百目鬼との関係が、大きく変わりつつあった。
自分の気持ちを自覚し、矢代を守ることを決意した百目鬼。
守られる立場から、守る立場にーー。
欲望を向けられることのない存在であったはずの百目鬼に、矢代は別の感情を持つようになる。
そんなとき、矢代はある事実に気づき……



囀る鳥は羽ばたかない4巻の感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。



囀る鳥は羽ばたかない4巻・Contents


◆表題作のみ。(17話~22話)

そういえば、裏にイァハーツ9.11-2015, 1.3.7-2016
と今回のストーリーについて書かれているのですが・・・あれ?5月号もあったと思うんですけど・・・???カラーの21話って5月号ですよね?そして描き下ろしと書いてありますが、どこが描き下ろしなのだろう?とずっとパラパラとめくっておりました。表紙が描き下ろしとかそういうのでしょうか?「遠火」のことかなぁ?


4巻の感想・みどころ


4巻は何といっても・・・百目鬼と矢代の関係が変わり始めたという点でしょうか。個人的には実は2巻が一番好きな巻だったりもするのですが、この4巻も好きです。百目鬼と矢代はもちろん、矢代と七原、竜崎と矢代、三角さんと天羽さん・・・それぞれに見どころというべきものがあったように思います。

こういうのは先生うまいですよね。場面がパッと変わるのですが、すごく流れのあるストーリーと言いましょうか。読み始めると一気に入り込んでしまうストーリー展開は圧倒されます。

百目鬼の気持ちの変化


この4巻の見せ場はやはり百目鬼と矢代。中でも百目鬼の気持ちの変化がすごく表現されている巻だと思います。百目鬼は勃たない時分に対し、そういう欲求そのものが欠落しているのだと過去の巻の中で思っています。

でもそれは同時に妹に襲い掛かてった父親と自分は違うんだと思えるので、勃たない事に対してなにも感じなかったのですよね。そんな欲求が脱け落ちていると思ってた彼が4巻では

汚してしまいたい欲望と 自分が自制のきかない人間であること

と自覚しています。こういう衝動は3巻でも見せ始めていましたよね。矢代に対してはどうしようもない衝動に駆られてしまうという事なのでしょう。
ある人に対してだけ発動するこの感じがワタクシ・・・たまりません。あまり表情の変化のない百目鬼が矢代の事で必死になったり守れなかったと涙を流したり・・・そういうキャラが一貫しているからこそ少しの変化にぐっときてしまいます。

あと個人的には17話の冒頭の、車の中で矢代がちらっと百目鬼を見たら、百目鬼がじ~っと矢代を見つめていたというシーンがすごく好きなんです。この百目鬼の横眼の視線がたまらなくカッコよくてですね・・・このシーン自分も好き!って人いませんか(n*´ω`*n)

矢代は色々と3巻であったことなどを思い返してしっかりと百目鬼が見れないんですヨ。こういうところにこっそりと萌えたりしています。

  • 影山のコンタクト

4巻で影山のコンタクトが百目鬼の手に渡ります。これは矢代の部屋からチャカ(銃)を取ってくる時に見つけたのですよね。でもね~ワタクシここで思ったんですよね。大切なものであるコンタクトがゴムや大人のおもちゃに埋もれていたというのが矢代の中ではある程度片のついた気持ちなのかなと。大事だったらその下のチャカと一緒にしまっているのではないのかな~なんて勝手に思ったり。

でもこのコンタクトに書いてある「K.K]というイニシャルを見て百目鬼の顔が変わりましたね・・・。百目鬼にはだれのコンタクトかわかってしまったのね。そしてそのコンタクトをこっそり持ち出してしまった百目鬼・・・。

コメントで矢代が影山からコンタクトを持ち去ったように、今度は百目鬼が矢代からコンタクトを持ち去ったと・・・。このコンタクトは今後どのようにかかわってくるのかも見ものですね。矢代にとってはとても大切なコンタクトケース。きっとこれを百目鬼が持っていることが今後バレるでしょうしその時彼はどうするのでしょうね。

黒幕は平田


4巻では竜崎と七原の会話で平田が10年以上も矢代を消したかったというのが分かります。それはやはり三角さん絡みで。

三角さんの矢代の扱いに納得いかなくて画策したこと・・・・。竜崎もその計画に乗らされて自分も追われるハメになってしまっていますね。ただ、この七原と竜崎との会話では、竜崎も竜崎なりに矢代の事を思ってたのだということが凄くわかります。

竜崎は・・・影山の次に矢代との関係が長いといってもいいですよね。三角さんが初めて会った時にはもう竜崎と矢代はそういった関係でしたからね。19歳の頃から知っているからこそ、矢代がヤクザになど向いているわけがないと・・・なんだかこのシーンはぐっときてしまいました。

雑巾のエピもそうですが、竜崎はきっと矢代の事が好きだったのではないかなと思ったりもします。そうでなければ自分が追われるとわかっていながら矢代を助けたりはしないでしょう・・・・(急所は外せと殺し屋には言っていたので)

矢代と七原


この過去編、とっても良かったですよね。矢代と七原が今の関係になる前にどんなエピがあったのか・・・。最初は苦手だったのかぁと思うと余計にこの2人は良い関係だなぁ~っと思います。そして七原の律儀でアツイところなど昔からだったのだなぁと。このエピで思ったのは・・・何だかんだ言って矢代は面倒見がいいという事です(笑)

この辺からもきっと矢代は七原の事を実は最初から気に入ってたのかな?と思ったりもします。(気に入ってたというのは性的にではなく)。このエピを読んでから余計に七原・矢代の関係もちょっと愛おしくなりました。

それに3巻でも七原は矢代という人に惚れているというのが分かるんですよね。それに矢代もまた、七原救出のためにあれこれ自分が動いて考えているというところも好きです。百目鬼と七原、矢代の中では違う感情ではあるのですがどちらも彼にとっては大切な人なのだろうなぁと。(七原には容赦なくボコボコにケリを入れたりするのとかも好きだったりします(笑))

あと、関係ないですが・・・甘栗大好きな短髪くんと、ちょこっとおバカな長髪くんとのカーチャイスの時、「転ばなくてホッとしたよ ウッカリ七原まで殺しちゃうもんなぁ」という矢代のカットがめちゃくちゃかっこいいです(n*´ω`*n)

そして、矢代ピンチで飛び出してくる七原。矢代の代わりに撃たれてしまったんですね。
この撃たれた時の2人の会話がかなり面白いしとてもほのぼのするので(状況はほのぼのでないのに)注目して読んでほしいなと思う個所です。

七原の涙ながらの「俺は・・・っ 絶対 頭、裏切らねぇ・・・・っ」もね、ぐっときます。孤独であると知ってしまった高校生の時の矢代に聞かせてあげたいですね。きっと矢代にも届いていると思うんです。だから「・・・・」と矢代がなっているのではないかと。

平田対峙にキーとなる掃除屋2人


この七原の件で、平田に飼われていた短髪くんと長髪くんが矢代側に付くことになります。きっとこの2人は平田との対決で必ずキーになってくる存在になるかと思います。

でもね、、、、矢代がこの2人に言ったセリフにププってなってしまいました。

「殺さない代わりに俺が飼ってやってもいい」
「お前らが好きなものは何だ? 金か?女か? 甘栗か?

(笑)そうなんですよ・・・この短髪くんいっつも甘栗食べてるです!この時も矢代に食べられてすっごく嫌そうですしね。でもお金と女と同列に扱われている甘栗がね・・・・笑いました。

矢代の気持ちの変化


4巻では百目鬼の変化もそうですが、矢代の変化も描かれていました。先ほどの掃除屋との対決であわや撃たれそうになった百目鬼。(弾はあたらなかったです)その場面を思い出し硬直する矢代がいました。

これもね・・・七原は撃たれているのですが、撃たれていない百目鬼の事をおもいだしているんです(n*´ω`*n)
そして・・・百目鬼のほほのキズを触り・・・社内に連れ込みキズを舐めて欲情する矢代。

その矢代につられて百目鬼も・・・・。の流れですね。この時に七原の撃たれた場面も思い返しています。きっと・・・・自分を守って死ぬかもしれない部下という存在を初めて意識した場面なのかもしれません。

この時の2人の抑えられない感じが本当に絵柄から読み取れて・・・すごかったですね。このいい場面で次号に続いたので2か月が待ち遠しくて仕方なかったのを思い出します(笑)

そしてカラー絵で登場。今回のこのコミックスでもしっかりとカラーで収録してありますのでご安心を~。
同じなのですが・・・雑誌でのカラーの方が大きいので迫力はありましたね(n*´ω`*n)

この時の百目鬼のちょっとした独占欲によってお預けくらった矢代の反応がちょっと新しかったです。今なら矢代は影山に見られてもどうってことはないと思うんですよね。でも百目鬼はまだ矢代は影山が好きだと思っています。
だからこそ、影山にこの場面が見られたらと思うだけで腹が立ったと・・・。

そして・・・・場所を変えて再開した2人。百目鬼の矢代に対する「汚したい」という衝動がこれまた読み取れるほど勢いのある描写だったなぁと思いました。

ここでのポイントは、同じような事をさんざんされてきた矢代なんですよね。そしてさんざん味わってきた快楽。
それでも矢代にとっては

こいつの舌は知らない

なんです。今までどれだけ淫乱で数知れず男と寝てきた矢代にとっても百目鬼とのこの行為は矢代の記憶にはない感覚だったという事ですね。このことを読んだだけでも矢代にとっての百目鬼は他の人とは全く違うということがわかるのかなと思います。

百目鬼の顔、百目鬼の目を思い出してる矢代の顔が意味深ではありますが・・・。

三角さんと天羽さん


三角さんにも黒幕は平田ではないかというのではないかという状況証拠がどんどん耳に入ってきます。ですが…三角さんは甘いですよね。まだまだ平田の事を信じたいようです。

この甘さが・・・・ほかの人の死に繋がらなければいいなと願うばかり。竜崎が殺されたら絶対三角さん恨みますヽ(`Д´)ノプンプン

ワタクシ、竜崎好きなんですよね。憎まれ口をたたいていても矢代に甘いというね・・・大好きなんですこういう人(笑)

さて・・・天羽さんも今回の件では三角さんが矢代を若頭にすることを平田が良く思っていないと言っています。(直接的な表現ではないですが)。。。三角さんは平田と兄弟の盃を交わしているのにそれでは不満というのか!というのですが、天羽さんは、自分もそうだが、親の三角さんに惹かれているのだと言います。

兄弟盃がどうこうではなく、三角さんに認められたいと思っているのだと。それが直にわかるのが「若頭」という座に就くことなのでしょうね・・・。その座に三角さんは矢代を選んでいます。だからこそ平田は矢代の方が「三角さんに」認められていると思って面白くないわけです。

そしてね・・・天羽さんと三角さんは義親子ではないようですね。確かに天羽さんの母と入籍していた三角さんですが、天羽さんとは養子縁組をしていないという事がわかりました。。。(先生のツイッターでそのように話されていました。)

(疑似でもいいからこの人の息子になってみたかった)
そういう天羽さんの心情がやっとしっくりきました。今はもう叶わないが・・・というのもね、三角さんと入籍した母親はもうこの世にいませんからね。三角さんがこの先天羽さんだけを養子縁組するとも考えにくいですしね。

平田の画策と豪多組


終盤、また気になる奴が出てきましたよね。豪多組の組長と平田・・・。この組長がまた胡散臭い顔しています。最後平田は裏切られるんじゃないかと思うんですよね。

「ウチの奴らが納得しねぇんだ あんたと本物の兄弟になるのをよ」

って言っています。まだ本当に盃を交わしていない間柄なんですね。だからこそ・・・・平田はこいつに裏切られるんだろうなぁと・・・直感ですが。

すべてが変わる時がくる


さて場面は変わり、百目鬼と矢代です。矢代への感情が暴走しちゃった百目鬼。矢代が車内で自分のほほの傷を舐めたことで求められていると錯覚してしまった・・・と一人反省をしていました。

最初の場所は影山の病院の外でしたね。だからこそ・・・影山に見られたらと思うだけで腹が立ったと。ここは百目鬼の独占欲です。そして、百目鬼は改めて思うんです。

自分のものにしたい
こんなに誰かを求める事がこの先あるのだろうか


でも・・・この感情に百目鬼は悩むんです。自分の存在意義は矢代の手となり足となること。それ以外は求められていないと。この道でしか彼の側にいられないと言うのに、どうして自分の衝動を抑える事が出来ないのだろうかと・・・。

これは、矢代が部下には手を出さないこと、自分に好意を持った奴はことごとく切られてきたことというのも関わってくると思います。だからこそ、百目鬼は自分の気持を矢代には知られてはいけないのですね。

矢代を自分の部屋へ連れていったとき、寝ている矢代を見て言った「・・・強ければいいのに あなたが俺よりも」っていうセリフがね、たった少しの言葉の変化ですが、あぁ百目鬼は自覚したのだなと思いました。

「頭」でなく「あなた」と使ったことにちょっときゅんとした場面です。「頭」として惹かれているのではなく「一人の男」として見ているという場面なのだろうなぁと。

矢代は矢代で裸で浴室から出てきた百目鬼をガン見してましたね・・・(笑)やっぱりこのあたりを読んでも矢代も徐々に百目鬼に抱かれたいと思うようになっているのではないかな?と思う描写でした。

そして、最後に驚きの事実が!百目鬼はまだお試し期間だったという事です。いつ読んでもえっまだ3か月しか経っていないの!?とびっくりしてしまいました。3か月でこれだけ惹かれあうってなんだか余計にキュンとするではありませんか!

でもここを読んで矢代は百目鬼をカタギに戻そうとしているのかなと思いました。まだ組員じゃないということ、七原はカタギに戻そうとしていたことなどを話し始めます。

そして・・・矢代は自分の気持ちを話し始めます。
自分は百目鬼をかわいいと思っていると。他の部下よりも甘々だと。

「ところが 可愛い筈なのに怖いとか思うようになった この俺がさ」

矢代はこの怖いと思うのは「百目鬼が自分しかいなくなるかと思ってた」けど違ったと。そしてインポだからと安心しきっていたんだよなぁという矢代。

ここはね・・・23話で明らかにされるのですが、この22話ではちょっとイマイチわからないですよね。矢代はそのまま百目鬼にシャクらせろと言い、舐め始めます。すると・・・百目鬼のT子が勃ったんですね・・・。

いつからだ?と聞かれた百目鬼はしっかりと勃ったのは病院で口でした時だと言います。(ここは3巻ですね!)あの洗面台で蹲った描写がありましたが・・・自覚したからああなったのだなぁと理解しました。

「そっか 我慢させていたなら悪かった」「せっかくだし・・・」の最後のセリフはここでもよく意味が取れなかったのですが23話を読むと理解できるようになっています。

何が言いたいかというと・・・・4巻での疑問は、5巻で明かされているということです。言葉があいまいでちょっと受け取りにくいセリフもあるのですが、5巻を読むとしっくりくるかと。23話を読むと、この最後の「そっか我慢させてたなら悪かった」の取り方も違ってくるんですよね。ほんと言葉って面白いなぁと思わされました。

4巻感想・まとめ


この4巻の最後・・・こんな終わり方はちょっとコミックス派の人には拷問級ですよね(;'∀')また1年くらい先の5巻までのお楽しみになるかと思いますが、本当にこの2人はもどかしい・・・。手探りな感じが好きではあるのですが。

百目鬼たん・・・・高校生の時に2人と付き合ってたと言ってたけどどんな付き合いしてたんでしょうねぇ・・・。気になります(笑)矢代は百目鬼に2度目の恋をしているので(自覚があるのかないのか・・・おそらくまだ自覚はないでしょうね)。この他の部下よりかわいい、怖い、という感情を早く突き止めてほしいなぁと思ったりもします。

この4巻では、インポであった百目鬼が勃ったことで大きく関係が変わり始めると思います。個人的には・・・矢代が百目鬼を欲するターンになっていってほしいと思っているんですよね。
百目鬼は自分の気持ちがバレたら一緒にいられないと思っているので何かきっかけがないと動けないんです。ちょこっと起爆剤があれば・・・ドカンと爆発しそうではありますが、それが今後の展開にあるかどうか。楽しみですね。

そして、矢代百目鬼の関係も気にはなりますが、平田との対決も気になるところです。短髪くん・長髪くん他、三角さんの行動、そして・・・竜崎もほとぼりが冷めたらやらなければならないことがあると言っています。これが平田を追い詰めていくキーになるのではないかと思っているんですよね。ただ、竜崎はその前に連れていかれてしまったのでどうなるのか。

本当に巻を追うごとに目が離せなくなっていきます。単なるBLだけに留まらず・・・・抗争もハラハラしながら読んでしまって相変わらずの神作品だなぁと思いました。

今回だけは・・・ちょこっと雑誌読んじゃおうかな?と思った人・・・本日イァハーツ配信されています!でもこれ読むともっと先が読みたくなっちゃうんですよね・・・。コミックスまで待とうか・・・ちょっと手を出しちゃおうか・・・葛藤する終わり方ですね。(ワタクシは雑誌に手を出した人ですので、お仲間増えるのはすごくうれしいですヨ💛)←雑誌よもうよ~とお誘いしています(笑)

ということで、囀る鳥は羽ばたかない4巻の感想でした。
初回限定版小冊子「遠火」の感想は別途記事にしています(o^―^o)➡「遠火」の感想

毎度ながら長文ですいません。
お粗末様でした。

23話の感想はこちら。(ネタバレ注意です)

その後の23話↓





関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。