ディアプラス12月号掲載分の感想です。テンカウント6巻収録のストーリー。


今回は巻頭カラーで登場!このカラーなのですが、2,3Pで扉絵、4Pまたカラーです。その4P目!!!!きゃ~(*ノωノ)でした。すごい今回はキャッ(n*´ω`*n)キュン♥な回。読んでてとってもかわいらしくこの2人がやっぱり好きだなと思いました。

テンカウント/コミックス情報




テンカウント第37話掲載誌情報


このストーリーが収録されている雑誌はこちら。
Dear+ (ディアプラス) 2016年 12月号

電子
来月配信です。また配信日が分かればお知らせします(o^―^o)

 




テンカウント第37話の感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。


テンカウント最新話の感想です。コミックス派の方、ネタバレ不要な方はこれより下はご注意ください。ネタバレ盛大です。

気持ちを伝えることの大切さ


今回は本当にキュンが多かったです。まだまだこの先どうなるのかちょっとよくわかりませんが2人の関係は確実に近づいてしっかりと強くなってきているのではないかなと思います。

そして、城谷さんが気持ちを少しずつでも伝えようとしているがとても伝わってきてかわいらしくて抱きしめたくなりましたヨ。ワタクシでもそう思うのだからきっと黒瀬くんはもっともっとそんな気持ちになっているのでは!?と思います。

黒瀬くんのあの我慢しきれない顔がたまらない!黒瀬くんも城谷さんにだけあんな風に自制がきかなくなっちゃうのだろうなぁ(〃▽〃)。こういうイチャイチャ回は何度読んでも本当にイイ。

切ない展開はほどほどに、イチャイチャ盛大がいいなぁと最近思います。きっと疲れているのね・・・・切ないのは最近読むのに勇気がいるのよね。

そうそう・・・今回予想が外れてしまいました!城谷さん、黒瀬くんがついに!!!!です。もう合体はしちゃっているので順番が~ですが、城谷さんにとってはとてもとてもすごい出来事ですヨ。

しかし・・・・潔癖症は知らぬまにかなり改善されていますね。植田さん・・・ある意味グッジョブ(`・ω・´)bなのではなかろうか(笑)あまりに植田さんと出会って彼女の行動が衝撃的で・・・城谷さんいっぱいクリアしちゃったじゃない。

次植田さんに会ったら、思いっきり黒瀬くんとラブラブしているところを見せつけるといいと思う。植田さんきっと キ~ッo(>< )o o( ><)oクヤシイ!ってなるハズ。⇦これ見たい(笑)

ということで今回は安心回+うふふ💛回ですので楽しんで読めますヨ。19Pで普段よりやや多め。今月のディアプラスはテンカウントの次も火弦の元気いっぱいT子の回ですので買いではなかろうかと思います!

震えながらも自分の気持ちを伝えようとする城谷さん。。。かわいいです。やっぱり気持ちを自分の口から伝えるって大事だなぁと思った(o^―^o)という自分の感想を先に書いてみました(笑)

ではではネタバレ盛大感想行きますね。

穏やかな 二人だけの時間―。



今はこれくらいなら好きって認めても・・・・


前回、黒瀬くんからキスしてみましょうよというとってもテンション上がるお誘いがありましたね。その続きから。ワタクシこんなところではキスはしないだろうと予想していたのですが・・・・壁ドンされてぎゅっと手を握っていた城谷さんがびっくり行動に出ます。

ちゅ

これねぇひらがなが可愛いんですよ・・・・城谷さんらしいよね。チュッではなくてちゅっと書いてあるあたり、キュンときてしまいました。おそらくこんなひらがなかカタカナかでキュンとくるのはワタクシだけではないでしょうか(笑)

あっ、ちゅっキスしたのは唇ではないのですよ?かわいらしくほっぺにです(n*´ω`*n)

『今はこれくらいなら好きって認めても‥‥』

↑このちょこっと恥じらいながらの上から目線のようなセリフがたまりませんね。好きって認めてもいいという城谷さんの思わぬ言葉におもいっきり煽られた黒瀬くんは我慢できずに一気に城谷さんの口を塞ぎます。

黒瀬君のチュー・・・・カッコイイです(〃▽〃)

あの顎下に手を持ってくるのって本当にいいですね。くいっと相手の顎をあげるような手つき・・・・・・・・・

城谷さんは震えているのですがもう黒瀬くんはグイグイきます。舌がちょろっと見えるので・・・速攻舌を入れようとしているんです!こ・・・これはかなりしょっぱなからハードルが高いよ城谷さん(; ・`д・´)

『舌出してください』

涙が出ている城谷さんがこれまたかわいいし、黒瀬くんのお願いにもきちんと応えてかわいらしい舌をちょろっと出している姿もかわいい!!!ここのキスシーンは何度も読み返してしまいました。

魅せ方がお上手ですね・・・。きちんとどんな風に2人がチューしているのかスローで見ているかのようなカット(n*´ω`*n)

初めは黒瀬くんがガッチリと城谷さんの腰に腕を回しているのですが、最後は城谷さんもしっかりと黒瀬くんの背中に腕を回し、しっかりと抱きしめているという描写もとても素敵です。

今回のキスのカット細かい描写も合わせて実に6P!!!

6Pもキスのシーンがあるんですよ☆ベロチューがいやらしいので気になる人はぜひ絵柄で見てほしい。

ここが家なら絶対はぁはぁ言ってる黒瀬くんは城谷さんを押し倒しているだろうに。。。もったいない(すいません本音がでました(笑))

デートの続きしましょうよ


キスをした2人。黒瀬くんはまだ物足りなさそうですが(完全なる私の主観です(笑))、

『ねぇ城谷さん デートの続きしましょうよ』

と。でもあれこれしてたら予約の時間過ぎちゃってたようです。お店に電話するも人気店なため時間変更できず。

二人はコンビニでお酒と黒瀬くんはおでんを購入。城谷さんはコンビニの缶のお酒は大丈夫なようですね(o^―^o)

ベンチに座りながら話す2人。城谷さんは植田さんの事が少し気にかかります。(城谷さんが知らない間に帰っちゃったからかな)ですが黒瀬くんは彼女の希望通りにきちんとお茶もしたから大丈夫だと言います。

『はぁ~せっかく夕日見ながらデートっぽいことしているのに』

他人の事ばかり口にする城谷さんにため息をつきながら話す黒瀬くんがちょっと可愛らしいです。一方城谷さんは・・・・おでんを口にいれる黒瀬君を見ながら先ほどキスをする前の彼の言葉を思い出していました。

(キスしてみて嫌じゃなかったら俺の事好きって認めてくれますか)

(嫌じゃなかった)(気持ちよかった)

そして城谷さんは思うんです。黒瀬くんに大切にされているのは嬉しい。だけれど今日みたいな(植田さん)ちょっとしたきっかけで、彼が誰かに取られるかもしれない、そうなればまた一人になるかもしれないと不安な気持ちも出てきていたようです。

そう思ったら涙がじわり。

黒瀬くんはその様子にびっくりし、大丈夫ですか?と聞きます。

『・・・・今日無理してたんですか?』

黒瀬くんに寂しい思いをさせているのは誰!?


涙を流していた城谷さんに優しく声をかける黒瀬くん。なんかこうやって思いやれる黒瀬くん素敵ですよね。そして黒瀬くんはさっき自分が言った言葉で城谷さんが思い詰めたと思ったのかもしれませんね。すいません、さっきのは冗談ですよと言います。

城谷さんはそんな黒瀬くんの声が寂しそうだと感じます。何度も何度も自分に対して気持ちを伝えてくれる黒瀬君を今傷つけているのは自分なのではないかとふと考えるんですね。

(捨てないで下さいね)

そんな彼の言った言葉を思い出し、今寂しそうな顔をさせているのは自分だと思います。

そして城谷さんは黒瀬君の手をぎゅっと握ります。握った手は震えています。
でも今はこれが城谷さんの精一杯なんですね(o^―^o)

『なんて言えばいいのか・・・・』

そういいながら城谷さんは自分の気持ちを自分の口で話し始めます。黒瀬くんと会う前はいつも何か落ち着かなくて、頭が忙しいから気が付いたら嫌な事を考えるのを忘れてると。


ここで次号です。次号はどんな事を話すのでしょうか(n*´ω`*n)ちなみに、私は勘違いしそうになりましたが、「黒瀬くんと会う前は」というのはこのようなデートとか普段でも会ったりする前という事ですね。出会う前というわけではないのでこんがらないでくださいね。 ↑(。´・ω・)?モシヤワタシダケ?


テンカウント37話の感想まとめ


今回は19Pなのですが本当に初チュー回ですので個人的にはものすっごく楽しめました。もしかしたら次号は黒瀬くんに少しずつお父さんの事を話すのではないかな?と思ったりもします。

でもチューも良かったですが、1巻で社長が手帳を触っただけで嫌悪してた城谷さんがこうやって黒瀬くんに寂しい思いをさせたくないと手を握るのはキュンとしましたね。震えていましたがきっとこういうのはしっかり黒瀬くんに伝わると思います。

こうやって2人で話しながら10項目めが出てくるのかな!?黒瀬くんは知っているからどっちが10項目めの事を切り出してくるのでしょうか。。。すいません勘違いしてディアプラス6.7月号を読んでましたが、黒瀬くんは10番目、知らなさそうです!)次号はこの二人のあいだにまた植田さんが現れないといいな。←絶対ないけどなぜか植田さん気になる(笑)・・・。またどこから出てくるんじゃないかと思ってしまいます( ̄ー ̄)

というくだらない冗談が書けちゃうほど今回は余裕を持ってうふふ(*´▽`*)と読める回です💛
雑誌で読まれる方はどうぞ楽しんでくださいね!きっとあの6Pをリピしまくりになると思います。


関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。