新装版第2弾!リスタートと知らない顔2冊で描き下ろし小冊子応募可能。


やっと届きました~。憂鬱な朝7巻2冊と知らない顔!憂鬱な朝7巻がツヤッツヤの表紙なのに比べ、知らない顔の方は艶消し仕様。そして分厚い~!面白かったです。今回は未収録作品2作品が同時収録ということで期待しておりましたが期待以上の作品でした。

中でも気に入ったのが一番最後の「灰色の海」。時代物なのですが・・・日高ショーコさんが描くとこれほどまでに美しいお武家さまになるのか(〃▽〃)と惚れ惚れいたしました。素敵です。


コミックス情報&評価


日高ショーコ 新装版知らない顔知らない顔 (バーズコミックス ルチルコレクション)


評価項目評価・★
絵柄★★★★★
ストーリー★★★★☆
エロ★★★☆☆
独自性★★★★★


5 満足度


 


内容紹介


日高ショーコ人気作品がカバー・口絵描き下ろし新装版で登場! ! 話題作「初恋のひと」の続編未収録作など2編を収録! !



新装版 知らない顔/の感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。



新装版 知らない顔:Contents


  • 知らない顔
  • 見えない顔
  • 消えない顔
  • 初恋のひと
  • 二度目の恋
  • 運命のひと
  • 運命の恋人
  • 灰色の海
  • あとがき
※2006年~2010年の作品の詰め合わせです💛

知らない顔・見えない顔・消えない顔の感想


こちら幼なじみBLなんですよね。日高ショーコさんの青春モノが拝めるというのと、この幼なじみだからこその拗れた感じがたまらなくてですね・・・大好きな作品なのですよね。個人的には最近の作品よりストーリーはちょっと粗いのかな?と思ったりもします。

ただ、、、歴代の作品の中ではまだ初期ほう?だと思うのですが絵柄も今の感じにすごく近かったのだなぁとコミックスを読みながら思いました。リスタートの時もかなりお上手でしたからね。クオリティ高いですよね本当に。

修正・加筆の方は絵柄に関しては少なかったと思うのですが、こまか~いセリフがちょこちょこ追加されたり変わっていました

あと新たに加わっているページなどがちょろっと。新装版 リスタートに比べたら少ないかな?とは感じましたが大満足。

ストーリーはというと、天才と天才に劣等感を持ち続けた幼馴染の拗れた一途愛という感じでしょうか。知らない顔・見えない顔・消えない顔とそれぞれテーマがあって、ストーリーからもそれが伝わってくるので読む際にはタイトルを頭にいれて読み進めると面白いと思います。

個人的には初々しい感じの高校生時代も好きなのですが、「消えない顔」の再会のストーリーが好きです。部活での最後の試合、見送らなければ、手を出していれば、頭で考えずに先に行動していれば・・・・ifの話だけれど後悔するときの気持ちがすごくよくわかるモノローグ・・・。

こちらは、最後のシーンとリンクしてくるので照らし合わせて読むとよりおもろいと思います。

再会してやっと・・・・やっと真正面から自分の気持ちだったりいろいろな事から向き合う事が出来た2人。長いですよ10年ですか・・・・(;'∀')10年経ってやっと通じ合うなんて。

そしてこの最後の試合のボールを見送ってしまうシーンはそのまま真にも当てはまっていたのかなぁと思いました。自己完結して向き合えなかった春山が真とやっと向き合えて・・・。最後は見送ったあの後悔したボールを真が持ってくるんです。(春山の心の中で)

見送らなければ・あの時手をだしていればというあのボールは、届かないボールだったんですよね。それを彼が拾って春山に持ってくる。これは何を意味するのか。

春山の見失った後悔のボールは、あの試合のボールだけではなくって真もだったと考えるとしっくり。あの日の最後の試合はボールを見失ったけれど、真の事は見失わなかったという事でいいのかなぁと。

あの数コマの無言シーンは色々と捉える事ができると思うのですが、想像しながら読むのは本当に楽しいです♪


初恋のひと・二度目の恋の感想


こちらは不細工特集での短編。これは本当になんていうか・・・味があります。こういう展開嫌いではないですね。きらっきらしている子がブサイクくん大好きという。。。

再会してみたらイケメンに変化していたから落ち込んで(笑)でもキュンとくるんですよ。不器用なブサイクくんだった時の方が輝いて見えてたなんてすごくよくないですか?過去の2人がちょこちょこ出てくるのもキュンとなるし、すっごく素敵なストーリーだと思いました。

最後には昔と同じところを感じながら、今の方が好きってなっていくんです。
日高ショーコさんがブサイク題材にして描くとこんな風になるのね!と。ブサイクくん出てくるけど、すっごくキュンキュンしてしまいました。

二度目の恋は、最初の唐橋のモノローグにドキッ・・・。いいなぁこの2人。かわいい。
そして付き合ってからの2人のストーリーでした。

ブサイク好きな藤原が飲みから帰ってきた時、メンバーを気にする唐橋なのですが・・・・イケメンには見向きもせず(笑)ブサイクにのみ反応してしまうのには笑いました。藤原の好みってほんとブサイクなんですよね(;'∀')

でもねぇ・・・・唐橋はこの藤原の好みでちょっと悩んじゃっていたりするんですよね。

中学の時の俺の姿を 今でも藤原は追っかけているのかも


そして同窓会。

いやぁこれも笑いました。同窓会あるあるをブッ込んできましたね(笑)
中学の時モテモテだった子が面影もないくらい太ってて。周りからしたら『時間って残酷だよな…』なんです。でも藤原にとっては「ブサイク」→「奇跡!」なんですよね。もうキラキラに見えて仕方がないという。。。

ほんとこの藤原の好みには笑わされます。

そのおデブになってしまったエースにフラフラ言ってしまう藤原。その姿を見て唐橋は深刻な顔になってしまいます。嫉妬しちゃっているんですね。

アイツの好きなのは昔の俺だったのかな。今一緒にいるのも「昔」の思い出に浸っているだけなのかなって思ってしまう唐橋。ここはすっごく切なくなりました。これって中学時代のシーンをいれてくるから余計に切なくなっちゃうんですよね。

そして・・・「お前の好きな感じにしたくて・・・」って坊主にしちゃうんです(´;ω;`)

なんかちょっと笑える作品なのにこの唐橋のシーンにはジ~ン・・・ってしちゃいました。それに・・・藤原がブサイク好きだと言ってもやっぱり唐橋は特別なのよね。

ブサイクだった昔じゃなく、「今」のほうがもっと好きなんだと。とってもこの2人大好きです(n*´ω`*n)って思ってたらまたまた最後で笑わせてくるでしょ・・・・。藤原が(やっぱ顔じゃないよな)って思ってたのに急に隣で寝ている唐橋をみて赤面するんですよね。

なんでかな?って思ってたら次のページで答えが!笑えるので是非ここは気にして読んでみて欲しいです💛
こちらのストーリーは新装版で新たに追加された作品ですのですごく楽しめると思います♪

運命のひと・運命の恋人の感想


それぞれのカップルの作品が続きで読めるのでこれはすごくいいですよね。こういう収録の仕方はすごくありがたいです。

こちらは歯医者さんと患者さんのストーリー。なんとなく・・・雰囲気が桜井さんに似ていますよね患者さんの方。痛みに我慢強い患者と・・ちょっとだけSっけのある歯医者さん(;'∀')

でも読み進めたらグイグイとこのストーリーに入り込んじゃうんですよね。すごくカチっとハマった二人なのね・・・とこのストーリーの持って行き方に感心させられた作品です。

あ~でも個人的には歯医者さん怖いから無痛がいいです(笑)あの音が本当に苦手です・・・。

灰色の海 感想


これが今回新たに収録された作品の2つめ。すっごく気に入りました。
余韻というか・・・この2人どうなっていくんだろう?という感じを残したラスト。知りたいけど知りたくないような・・・そんな感情を持たせるんですよね。こういうところはさすがです。

短編だけれどとても上手くまとまっててお見事。

そしてなんて美しいお武家さま💛
こちらは新しく追加してある作品なので、ぜひ読んでほしいなぁと思います。

硯でつながっている2人なのですが、切なくもありアツくもあり・・・。なんとも言えない不思議な読後感です。
お互いにはっきりとしたことばを言い合うわけではないから、作品の中のセリフや表情から感じ取っていかなければいけません。何度も何度も読み返して、理解してくような作品になっているのではないかなぁと思います。

この2人って本当はすごく想い合っていると思うのですよね。

読んでいるとキュンとくるけどその後に切なさも押し寄せて。きっと四男坊だからと安心しきってた部分があるんですよね。それがお家を継ぐかもしれないという状況になっていると知るんです。そこから吉次が一変します。

最後はお互いに「困った人だ」というセリフが印象的になっているなぁと。愛おしそうに壊された硯に口をつける幸四郎も切ない。切ないけど2人の気持ちが一気にく流れ込んでくるように感情移入してしまいました。

ちょこっとでも2人の幸せな挿絵でもあったらよかったなぁ。
でも立場的には結ばれるのは難しいのかな・・・・。

とにかく不器用な2人の一途な感じがたまらない作品だなぁと思います。

新装版 知らない顔の感想・まとめ


素敵でしたね。読んだことはあるのですがすっごく新鮮な気持ちで新刊を読んだかのような感じでした。未収録作品が収録されていたというのもあるのですが、やはり読み応えありすぎです。

1冊まるまる表題作ではないのにこの満足感・・・さすがですね。

まだこちらは電子配信日決定していませんが、情報が出たらまたお知らせしたいと思います。
eBookJapanさんでは配信開始されていました!(本日)
ちなみに・・・新装版リスタートとこちらの新装版知らない顔の2冊で日高ショーコさんの描き下ろし小冊子が応募できます。

全サなので個人的には今回は電子より紙かな!と思いました。応募券は帯についています。
普段は全サは申し込まないのですが、今回は申し込みます!

年明け帰国するのでその時に申し込みますよ~💛
〆切は2017年の2月28日まで。発送は2017年の5月から順次だそうです。

全サなので日高ショーコさん大好きな人は申し込みしてみてくださいね。

知らない顔 日高ショーコ/幻冬舎; 新装版 (2016/11/24)

 

 





関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。