ディアプラス1月号掲載分の感想です。花恋つらね2巻に収録されるストーリーかと思います。今回から源介のターンということで!楽しみにしていました!まだまだ動きはないけれど、強力なアシストのおかげで次回はちょっと動くかな・・・?という展開です。

詳しいネタバレ感想は別ブログへ記載しています。

ネタバレオッケーという方のみ進んで下さい。

こちらには、ガッツリネタバレは嫌だけど触りだけ知りたいという人のために感想をちょろっと。

花恋つらね第10幕のちょこっと感想(ネタバレはちょこっと)


今回は、正直さほど距離は縮まっていません。でも、源介の気持ちがちょっとわかったかな~と思うような回でした。

源介の惣五郎愛と執着はわりとあると思います💛

躓いても躓いてもめげない源介がなんだか愛おしく思えるこの第10幕。

次回は強力援護のおかげで関係が動きそうな予感~・・・・です(o^―^o)


面白かったですし、相変わらず絵柄が素敵ですね~源介のちょっとした表情の変化がとてもかわいらしく思えてきゅんとなりました。早く蟠りがなくなるといいなぁ~・・・。

そう、アマゾンをのぞいていたら、花恋つらね2巻は3月1日発売のようです!!!早い~~~~!!!うれしいですね(o^―^o)

ということは・・・・この作品は3巻以上のものになるのですね。ドキドキ。
上手くいってからの二人の関係も読みたいので何巻くらいになるかなぁ~なんて想像しています。

花恋つらね面白いです(o^―^o)

では、ネタバレオッケーという人はこちらへどうぞ~。





関連記事