大人気花鳥風月の最新話のネタバレありの感想


花鳥風月は1巻から4巻まで出ていて読んだのですが、今雑誌では火弦編に突入しています。
4巻では大輝とサバトがね・・・うまくいってよかった~なんて読んでたら最後の方で雲行きが怪しくなっちゃって。

火弦といえば曜明。。。辛い恋としている火弦を応援しているのですが。
4巻では丹羽から先代の克也を殺した人物がわかったからそいつを殺して来いという命令がありましたね。

それがなんとよく知っている身内・・・おいおい誰なんだろう~???
って思ってたんだけれど。次のぺーじにいるのは吉利谷なんだけど・・・。私その後のストーリーが
載ってる雑誌未読だからよくわからないんだけど犯人だれ???

ちょっとその人物がわからないんだけれど、その人物の始末に駆り出される火弦は、
最後にと曜明にキスをお願いします。

その後の話が今回ですね。。。

ではではネタバレありの感想なので追記から~。

迷子札がわりのキスマークなんて、ほんとはいらない。
心臓に、あなたの名前が刻まれているから。


煽りから切ない・・・。
キスをねだられた曜明は・・・火弦の身体を吸います。
吸われただけで軽くイっちゃう火弦。本当に曜明のことが好きで好きで仕方ないんだな。。。切ないよぉ。

脚にキスしようとズボンを下ろそうとする曜明に必死に抵抗する火弦。
確か・・・キスマークつけてくれって言ったんだっけ?どうだったっけ?
身元不明のしたいが上がってこのマークがあったら引き取ってくれみたいなやり取りがあったような。

違ったかな?確信もてないけど。すいません。。。

だから曜明はいろんなところに痕を付けるんですね。

だけれど火弦はもうそんなことはできないといってトイレにいきます。
トイレから帰ってきたら曜明がいなくて焦る火弦。

曜明は勘のいい人だから自分がしようとしていることがバレたのではと思います。

ここで勝又という名前が出てきました。。。勝又が先代をやった人物だったのかな。
勝又といえば先代に使えていた人物ですよね。

火弦が所持していた銃も曜明がもっていってしまったようで必死に捜す火弦。

その途中で糸くんにあっちゃいます。
糸くんは一見となんかあるようで~こちらはラブラブです。

そんなところに丹羽登場。ことの経緯を丹羽に話します。そして銃をもっていないか?
今なら曜明さんよりさきに勝又を殺って来るという火弦。

そんな火弦にスタンガンを放つ丹羽。
予定が変わったといって火弦を拉致ります。

そんなやり取りをみちゃった糸くんまで拉致られちゃってどうなるの~っていう展開です。

丹羽から糸くんとはどんな関係だ?と尋ねられます。するといとくんは友達です!と。

火弦は今すぐにでも曜明のところに行きたいと思っているのですが、糸くんをほっておくわけにもいきません。
そこへ吉利谷登場。

自分を曜明のところへ行かせてくださいと懇願する火弦。
予定が変わったからダメだといいます。

曜明は火弦の携帯から情報を抜き取って色々とことの経緯を知ったようです。

そして吉利谷を話しをつけたようです。火弦に命令出来るのは自分だけだと。
曜明は吉利谷に
勝又の始末がついたら引き取りに行く
それまでは俺の後を追わないようにおまえがあずかっておいてくれ

というお願いをしたようです。

そして火弦の服をめくり・・・色々な場所にマーキングされているのをみて吉利谷
愛されてるなぁ・・・火弦

<感想>
火弦編もいよいよクライマックスに向かうんでしょうか。
お願いなので曜明が無事でありますように。。。そしてちゃんと迎えにきてやってください。

切ないのはいいんです。でも誰かが死ぬとかはちょっと耐えられない・・・。

そういえば吉利谷って火弦のことすきなんかなぁなんて思ったこともあるんだけどどうなん???

火弦は切ない恋だと思ってたけどちゃんと大切に扱われてますね★
だからこそちゃんとしっかり結ばれて欲しい!!!

あと私にとったら悲報・・・10月号に花鳥風月ない・・・11月号まで読めないの???
しかも11月号に載るともかぎらんし。。。
早く読みたいわ。

そしてそして朗報も!!!
9月30日、10月21日にそれぞれ花鳥風月の②、③のBLドラマCD発売です!!!

沢斗が興津さんだって!!!こないだウノハナさんの声はしてでもキャストだったじゃん~
あの声がサバト★これはイイ!!!

初回特典は書き下ろしプチコミック、ミニドラマCDだって。

大輝×サバト編は人気高いからなぁ~。私は断然曜明×火弦押し!!!火弦がんばって★と言いたい。
ちょっとしばらく読めないけど、その間に花鳥風月の1巻から4巻までの感想を書くようにします。



絵柄 ★★★★★
ストーリー★★★★☆
エロ ★★☆☆☆
ですかね~。今後みんながラブラブになるといいな・・・。

関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。