おげれつたなか

『ネオンサイン・アンバー』-おげれつたなか/ギャル男のピュアラブ。BL漫画感想。

更新日:

おげれつたなかさんの描くホールスタッフとギャル男との恋!切なくもキュンよとなるストーリー展開!イチオシ作品。


やっと読めました!連載時から大好きだった作品。コミックス化まではちょっと時間かかったけれど、描き下ろし追加で大満足の1冊でした。改めて思ったのは・・・サヤちゃんかわいすぎ!です(o^―^o)

コミックス情報&評価


 おげれつたなか 
新書館/ディアプラスコミックス
評価項目評価・★
絵柄★★★★★
ストーリー★★★★★
エロ★★☆☆☆
独自性★★★★★


5 大満足


内容紹介


床ごと鼓動しているようなクラブで緒方(おがた)は、客のひとり、サヤと出会った。サヤはいつも違う女を連れた、アンバー色の肌をしたギャル男。正直、苦手なタイプだった。ところが、偶然サヤに金を貸し、お礼に手料理の朝食をおごってもらうことになる。真夜中に見る軽薄なサヤとはちがう、ていねいに作られた食事。緒方は加速度的にサヤに惹かれるが――。
「ごめん」というひとことが胸にささる、おげれつたなかの真夜中生まれの恋の物語!
雑誌掲載時のカラーを再現したデジタル版限定仕様!




ネオンサイン・アンバーの感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。




ネオンサイン・アンバー・Contents


  • ネオンサイン・アンバー1話~5話
  • Honey Honey(描き下ろし)
  • あとがき

【全213ページ】(Renta!)

※今回は紙到着が数日遅れるので待ちきれず、電子(Renta!)で読みました。紙到着は年明けかなぁ・・・・。


ネオンサイン・アンバーのみどころ


ブログを以前から読んで下さっている方にはわかると思うのですが、雑誌連載時から本当に大好きだったこの作品。正直ワタクシ、ギャル男とか好きじゃないんですよね。でもなんでしょ・・・サヤちゃんの見た目と内面のギャップにやられてしまいまして。

なんて可愛いんだ!!!

と一気にファンに。ギャル男とみると遊び人?かと思うでしょ・・・。
最初は本当にそんな感じなのかな?と思って読んでました。

でも実際は違うんですよね。心の底には抱え込んでいる悩み、暗い過去があるんです。その事が緒方と仲良くなっていくにしたがって抑え込んでいたのに出てきてしまう。

一方緒方は・・・表情に乏しくて結構誤解されて生きてきた人なのですヨね。そんな彼の表情の変化をサヤちゃんだけは気づいてくれる。惹かれていき積極的に近づこうとするのですが・・・緒方はもともとはノンケなんです。

サヤちゃんに惹かれていく事に戸惑いそしていざという時にサヤちゃんを「男」と意識してしまってハッと我に返ってしまいます。ここら辺のノンケだからこその酷い仕打ちや、その後の葛藤、受け入れの展開が実にお見事でした。

連載当初はお~が~たぁ~!!!と思った箇所も、彼がノンケだと思えば越えなければいけない壁でもあり葛藤も理解できる部分だと思います。こういった心理描写はリアルに近いのかもしれません。

思い返すと、ハラハラとしながら読んだ連載でした。そして・・・最後は緒方からまた積極的に動いたというのが良かったです(o^―^o)連載時は最後までいかなかった二人なので描き下ろし追加で絶対くる!!!と思って楽しみにしていました(n*´ω`*n)

描き下ろしは幸せいっぱいでしたね。先生にありがとうございましたと言いたいです♪やはりこういったハッピーになれる作品がいいなぁと思います。暗めの作品(トラウマだったり壁にぶち当たってたり、ハピエンかどうかわからなかったり)が続いていたので正直しんどいなぁ~と思ってた時にネオンサイン・アンバー!ヨカッタ!!

ネオンサインアンバーは軽くもなく重すぎでもなく、本当にちょうどいい浮き沈みがある作品で楽しめるのではないかなと思います。

表情豊かな絵柄にキュン


やはりおげれつさん・・・絵がお上手~♥ストーリーはもちろんなのですが、表情がやっぱり素敵だと思います。表情を追っているだけで結構楽しめるのは先生の絵柄の特徴ではないかなと個人的には思う。

無表情な緒方ではあるけれど、ここら辺はモノローグがしっかりカバーしているんですよね。そして、無表情な彼の少しの変化にこちらもキュンとしてしまいます。

それに、、、やっぱりサヤちゃんがかわいい!!!
あの上下にうごくちっちゃい眉毛とか大好きです(笑)ギャル男設定であのかわいさは素晴らしいです。

設定からのギャップが面白い


この作品の面白さってやはりキャラ設定。ギャル男とホールスタッフでイメージ的にはギャル男遊び人でホールスタッフがお堅い感じがしません?実際サヤちゃんは遊び人演じているんだけれどその裏にはある秘密があったりするんですよね・・・。

そんなサヤちゃん、特技がありました。なんとお料理上手!

反対に緒方は無表情で誤解されやすい~なんて言いながら彼女って結構いたっぽいんですよね。イケメン設定なのでしょうね。そして、そんな二人なのですがどちらかというと近づくためにガツガツいくのは緒方の方だったりします。

サヤちゃんは・・・やはり受け身なところがあるのかなぁ。ギャル男なのに内面はとてもとてもナイーブくんでこういうギャップにやられました。面白い!

緒方がサヤちゃんの事をかわいいって思うのもすっごくわかるんです。きっと読んだ人でこの作品が気に入った方なら・・・このサヤちゃんのかわいさに気づいたはずです(`・ω・´)bワタクシはメロメロ。

加筆でよりストーリーが面白く


そういえば読んでて思いました。加筆されている部分がありますよね。サヤちゃんの苦い過去についての加筆が追加されたことでとてもストーリーに深みが出たと思う。過去に関しては連載時ちょろっとだった部分がコミックスでわかってどうして女好きのふりをしていたのかとかよくわかりました。

そして、過去好きになった先輩の事も。
先輩の気持ちもわからないでもないけれど・・・大人になってからの彼はダメダメですね。ほんと緒方にがツンとやられてザマミロでした。緒方って喧嘩も強くてびっくりしましたけど・・・・。

緒方の葛藤と後悔の切なさ、そしてその後のぶつかり方が良い


中盤、サヤちゃんを改めて「男」だと意識してしまって関係が途切れてしまった二人。サヤちゃんを傷つけてしまった後悔と、自分の気持ちの行き場を失くしてしまった緒方はすごく葛藤します。

これが本当に胸がぎゅっとなってしまうんです。

ここまではちょっとふわふわとしててキュンとなる場面が多かったのに、一気に切なさが・・・・。
サヤちゃんに酷い事をしたと私も思ったけれど、やっぱりノンケくんだからこれは仕方がない所だしこれはサヤちゃんも理解していましたね。でもサヤちゃんはあの一件でシャッターをおろした感じになってしまいました。

お互い気になって惹かれあっているけれど、やっぱりそこには「男」という壁があってこういう葛藤は見ものでしたね。BLコミックスで「男と男だから」という葛藤が好きという人にはぜひ読んでみてもらいたいと思う個所です。

「男」を意識した時に一度今までの関係は崩れた二人。でも感じたのはここでまたスタートラインに立てたのではないかなと。

次はその「男」を理解した上での気持ちの積み重ねに変わっていくと思いました。だから緒方が終盤自分の気持ちをぶつけたときにはそういう迷いは消えていたのだろうなぁと。

そして、緒方の「サヤが誰かを好きになるのはキモいことじゃないよ」というセリフ。。。その後にサヤに好きになってもらえる男が羨ましいって言うんです。もうもうこの場面はぎゅ~~~~~~~ってなってしまいました。

知らないうちにとてもサヤちゃんの事好きになっていたんだなぁ~って。ちょっとぎゅとなりながら嬉しくもあった場面でした。そして・・・サヤちゃんの緒方の許し方がこれまたかわいいんですよね(n*´ω`*n)優しい子だわ本当に。

「どうすればいい?」「どうすればまた俺を好きになってくれるの?」

ここの緒方とサヤちゃんの表情は本当に見もので、ぎゅ~っとなってキュンとなってキャ~っとなって・・・忙しい場面でした。(忙しかったのはワタクシです(笑))

緒方の笑顔はサヤちゃんのもの♥


気持が通じ合って、エロはちょこっとありました。ここもサヤちゃんは初!という事で初々しかったです。でも最後まではいかないんですよ~。そう思うと、おげれつたなかさんの作品の中ではエロはずいぶん控えめな連載だったかなと思います。

そして、一番キュンとなったのは・・・やっぱり緒方の最後の笑顔!

サヤちゃん限定なのですねぇ(n*´ω`*n)赤面したり、必死になったり。彼もまたサヤちゃんだからこそ見せる顔があったりするのだなぁと思うとキュン。

描き下ろしが最高!読後感めちゃ良し!


そして楽しみにしていた描き下ろし!もうもう緒方がべたぼれです(n*´ω`*n)何がいいって・・・・二人のあいだをいったん引き裂いた「男のカラダ」。あの時は緒方が拒否してしまったんですよね。

そんな彼からお誘いするというのがこれまたワタクシの中ではポイント高しで嬉しかったです。そして・・・サヤちゃんはじっと待ってたのかなぁ~なんて。この2人やっぱり大好きだぁ~!となってしまいました。

それに表情が乏しいとか、一緒にいても楽しくないだの言われてきた彼が・・・サヤちゃんにはエラく積極的で甘いセリフ吐いてる(〃▽〃)こういうの大好物です。

あたまグリグリして甘えているとかなんという変化!

二人のお初は、サヤちゃんが本当に「初」ということもあって可愛らしかったです。良かった・・・無事に結ばれて。うれしかったです。

一番うれしかったのは、緒方のサヤちゃん愛!ずっと一緒に住みたいときちんと口にする彼に(`・ω・´)b

サヤちゃんはきっと過去の事もあって自分からグイグイいけないんですよね。それをカバーするかのような緒方のストレートさ。やっぱりいいカップルなんだよね・・・と読後もしばらくシアワセ~と浸っておりました。

あ~もっと読みたい。かわいすぎました。

ネオンサイン・アンバー/感想まとめ


面白かったです。待った甲斐がありましたね!おげれつたなか先生~加筆・描き下ろし本当にありがとうございました!

この作品、きっと絵柄な感じやギャル男設定からして好き嫌いはわかれると思います。ただ、ワタクシの中ではイチオシ作品です。とても素晴らしい作品ではないかと個人的には思います!ぜひ皆さんにも読んでもらいたい!

ちょっとギャル男なのでおげれつたなかさんのきれいなイケメンが読みたい~という人にどうかな?と思うけれど、サヤちゃんはそれをカバーするくらいのかわいさを持っていると思う(`・ω・´)b 

だからちょこっとでも興味のある人は読んでみて。私は断然『ヤリチン☆ビッチ部』より好みの展開でした。

こんな人におススメ
■ちょっと変わった設定が読みたい 
■ギャル男に抵抗ない 
■「男同士」というノンケの葛藤が読みたい 


ネオンサイン・アンバー  
おげれつたなか/ 新書館 /ディアプラスコミックス 


Renta!

6月~7月のMyベスト3 BLコミックス

かしこまりました、デスティニー~Answer~ 下(さちも)

かしデス~Answer~の下巻!待ちに待った人も多いかと思います。すごくいい終わり方でしたね。大好きな作品です!ずっとオメガバースは苦手分野だと思っていたのですが、この作品と出会ってどハマりしました。作品自体は短めなのですが、とても満足する仕上がりになっているのではないでしょうか。2人の幸せを見届ける事ができてとてもうれしく思いました! 同時配信のオメガバース6作品が【無料お試し版】オメガバース・プロジェクト‐Season III(2)で1話無料で読めるので活用してみてください♪

SUPER NATURAL /JAM(絵津鼓)

SUPER NATURAL /JAM

絵津鼓さんの【SUPER NATURAL/JAM】です。こちら【SUPER NATURAL】の続編になっています。いやぁ面白かった!なんていうか・・激しくはないのに読み終わった後にしっかりと心に残る作品ですね。流れがすごく自然だから、本当に入り込みやすい!2人とも本当に悩んでやっとぶつかってより深いところで結ばれた感じがしました。ほんと面白いので是非。電子でまだ配信されていないので早く配信されますように!

いろのあじ (端丘)

いろのあじ

端丘さんの作品です。ディアプラス連載時から注目していた作品だったのでより面白く感じました。2カップルの話が収録されているのですが、繋がっているのでそれもすごく良かったです。端丘さんどんどんストーリーも面白くなってきましたね~。今後の連載も楽しみです!売り専ボーイのストーリーですが、内容はとてもピュアです!オススメ!

-おげれつたなか

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.