山本小鉄子

山本小鉄子『今夜も眠れない』1巻~3巻まとめて感想。エンドはデカイほうが好み!BL漫画感想

更新日:

キミトコレカラ2巻を読んで感想を書こうとおもったのですが、こちらを先に書いておかねば!と思って感想を書くことに。キミトコレカラはスピンオフですからね。改めて読み返してみるとファンタジー設定だけどこういう面白いストーリーも描けて幅広いなぁ~って思います。ガッツリ恋愛!というよりは色々な出来事の中で気持ちを深めていくストーリーだったでしょうか(#^.^#)

コミックス情報&評価


今夜も眠れない 全3巻/幻冬舎コミックス
3.5~4 満足度

 



内容紹介


樋口力也は、恋愛対象が男性で18年間ずっと恋人がいない。大学生となり、出会い系サイトで知り合った男と会うが、騙されてラブホテルへ連れ込まれてしまう。危機一髪、救いを求めた力也の前に一人の少年が現れる。力也はなんと上級悪魔・エンドを召喚してしまったのだ!! 人間界にきたせいで、少年の姿となったエンドは力也の家に住み始め……!?



ファンタジー設定になります♪

今夜も眠れないの感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。



悪魔と人間のLOVEストーリー


この作品、1巻から3巻まであるのですが、1巻は導入で終わってしまうと言う・・・なんともゆっくりなペースで進行していきます。だから主人公の樋口がゆっくりエンドの事を好きになっていくのがよくわかって面白かったです。

ただ・・・見方によったらじれったいかな!エンドは悪魔なんだけれど・・・・悪魔という設定が3巻あっても生きてたかどうか(^_^;)
サラサラと読めてしまってあっとまに3巻読み終わってしまいます。

もう少しエピソード的に濃かったらよかった気がするのですが、この辺は山本小鉄子マジックとでもいいましょうか・・・エンドにキュンとなったりしてそういうのも忘れてしまいます(笑)

やっぱり絵柄がイイというのはそれだけで得だなぁと思うところも(≧∇≦*)

1巻は本当に導入的なモノになっているのでここを面白いと思った人は2巻・3巻は絶対面白いと思えると思います。

ちょこっとコメディなところもあるけど、やっぱりつかみどころの無いような攻めって萌えますね。


ベルデと吾郎


この『今夜は眠れない』で吾郎は最初樋口が気に入っていたんですよね。でも途中からベルデとイイ感じになっていきます。ここがまた気になるんですよね~。

だからこそ、キミトコレカラはすごく楽しみにしていました。

カップル的にはやっぱりエンド×樋口が好きなのですが(エンドが好きなので)ベルデのかわいさと吾郎の雰囲気もたまらなく好きです(#^.^#)

この3巻の間ではちょこっと脇役だったので若干中途半端なところで終わっていますが、もっとベルデが吾郎に惹かれる様子を詳しく読みたかったなぁ・・・・と思ったりもしました。

エンドと許嫁だったベルデ。結婚に疑いなどなかったから「好き」という気持ちは確かにあったと思います。ただそれはエンドしか知らなかったからなんですよね。

でも吾郎と出会って、一緒にいる事で楽しかったりキュンとしたりドキドキしたり、そんな様子がもっと見たかった!

ここってちょこっとバカップルなところがあるので余計にそう思いました(#^.^#)でも今回はエンド×樋口なのでね仕方ないです。



今夜も眠れないのまとめ


感想が短いように・・・・サラサラと読んで楽しむ作品かなぁと思います。ファンタジー設定だからあれこれ考えて読むよりは、ふむふむと読み進めていくほうが楽しいです。

おっきいエンドが最後3巻にちょこっと出てくるのですが、個人的にはこのおっきなエンドがすごく好き。やっぱりかっこいいんですよね山本小鉄子さんの攻め!

ぜひおっきなエンドと樋口の絡みを読みたいです♪

ということで感想でした。

キミトコレカラはスピンオフみたいな感じですがこの今夜は眠れないの3巻の続きみたいな感じから始まっているので興味のある人は是非セットで読んでみてください。

ちなみに・・・3巻あってもエロは少ないです。




Renta!

おすすめ作品 3タイトル

ブルースカイコンプレックス 3巻(完結巻)

ブルースカイコンプレックス3巻がやっと電子配信始まりましたね!紙書籍ではずいぶん前に読んだのですが電子派さんは待ちに待った3巻だと思います!完結巻だと言う事なのですが、なんと!Cab vol.52より大学生編がスタートすることが決定しています!こちらも楽しみです。 3巻は、すごくいいまとまり方をしていたなぁという印象でした。やっぱり高校生ものは市川けいさんだなぁと思うような代表作になっていると思います!

君は夏のなか(古谷渚)

古谷渚さんの【君は夏の中】です。青春ものですね。すんごく甘酸っぱい青春BL漫画だと思います。古谷渚さんは高校生ものを描くのがお上手ですね。お気に入りの1冊になりました。紙書籍の方では小冊子付ですので(やや値段UP)気になる人はそちらもチェックしてみてくださいね。

いろのあじ (端丘)

端丘さんの作品です。ディアプラス連載時から注目していた作品だったのでより面白く感じました。2カップルの話が収録されているのですが、繋がっているのでそれもすごく良かったです。端丘さんどんどんストーリーも面白くなってきましたね~。今後の連載も楽しみです!売り専ボーイのストーリーですが、内容はとてもピュアです!オススメ!電子書籍は8/4~(Renta!先行配信)

-山本小鉄子

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.