水名瀬雅良 極上の恋人 全4巻の感想レビュー


✩内容紹介✩
モデル事務所でマネージャーをしている匡弘は、社長に頼み込まれ、ワケありの新人モデル・須田良海を預かる。良海は「ただ有名になりたいだけ」と言い切る、生意気で自信過剰な16歳の高校生だ。確かに素材としては抜群なのだが、銀行副頭取の息子という立場をいいことに、超ワガママな言動を繰り返して手を焼かせる。しかも、匡弘がトップモデルのアキトとつき合っているという噂を聞きつけると、男同士の“アレ”を教えろと迫ってきて……!?(Rentaより抜粋)

水名瀬雅良 極上の恋人

Rentaで作者買いをしてしまいました・・・。48時間のものも含めて何冊も読んだ~。
これも48時間でレンタルしたけど・・・どうしよ無期限にしようか。結構気に入りました。

マネージャー匡弘とモデルの良海とのおはなし。
この作者のおすすめな点は男性陣がかっこいいということでしょうか。色っぽいしかっこいいし、
受も攻も私のどストライクの作画です。
以前にも書きましたけど、可愛らしい顔の受は苦手なんです。

いかにも俺様!みたいな人が受とかのほうが萌えます(笑)

ではいつものようにネタバレ有りの感想レビューなので気になる方は続きから読んでくださいね。


敏腕マネージャーの匡弘が銀行の副頭取の息子の良海のマネージメントを頼まれることから
話がスタートしていきます。

この事務所の社長が匡弘の義理の父親のようですね。

良海は自信家な生意気高校生です。匡弘にとって最初の印象は最悪のようですね~。

でも写真撮影されてる良海を見て

性格は最悪なガキだが思ったより使えるかもな
とモデルとしての良海には惹かれているよう。

良海はというと、自信家でもあり親も権力のある人ですから何でも手に入って思い通りに生きてきた子です。
だからモデルを軽い気持ちで「顔やスタイルがいいから」と始めました。
トップモデルになれると自信があるようですが、匡弘にクスっと笑われてしまいます。

プライドが高い良海は匡弘に「実力がない君は選ばれない」と言われ頭にきました。
そんな時に、モデル事務所の瞬(匡弘がマネージャーをしているもうひとり)がオーディションに合格したので
ご褒美のキスをして欲しいということで瞬と匡弘がキスをしているところを良海が目撃してしまいます。

ニヤリ←なんか企みましたね(笑)

見~ちゃったと言って匡弘にあんたホモなんだ って聞きます。
匡弘はクールに そうだ それがどうした と答えます。 このクールさがたまりません~。

ほんと私ツンデレ系大好きですからこのクールな受というのがストライクなんです。

良海はマネージャーがホモなんて最悪じゃん なんて言ってます。(あんた後々のめり込むくせに~)

この業界は多いぞと言われ、車の中で匡弘からキスされた良海。
結構良かったようです(笑)頬染めしちゃっててかわいいです。

その後、瞬にあれこれ匡弘のことを聞きだしているのもかわいいですよね~。
瞬から匡弘がトップモデルのアキトとつきあってるらしいと聞きます。

アキトというのは良海も憧れるほどのトップモデルのようです。
そして、相談があるから家に連れて行けという良海。

~匡弘の自宅~
家に入るとアキトの写真が飾ってあるようです。

そして相談したいことはなんだ?と良海に聞きます。
良海は・・・男同士のS●Xを教えてくれよ と匡弘に言います。

もちろん匡弘はびっくり。そういう興味本位なことを聞きたいのか?と。。。
そういうお誘いもあるかもしれないと言ったのはアンタだろ・・・って。うまいね~良海!!!

まぁこういう誘い方をするってことは、良海は匡弘に興味があるんでしょうね。
今は無自覚かもしれませんが。

ふざけるな!と突っぱねる匡弘ですが、社長である父親の立場はあやうくなるんじゃないか?と脅します。

そして身体を重ねますが。。。良海にとっては思いのほか良かったようです。
そして
アキトにもこうして 抱かれていたんだろう   というセリフが出てきます。
この言葉からもこの時からすでに匡弘に対する独占欲が出てきているように感じます。

気が付くと2人ベッドの中。
顔をカラダは気に入っているようですが、やっぱり性格が受け入れなれない匡弘のようです。

寝ている良海を起こし、学校へ行けと言います。
良海は休むというのですが、モデルの仕事を辞めるなら休んでもいいという匡弘の言葉に起き上がって
匡弘の言うとおりにします。

シャワーを浴びている時・・・匡弘の態度にモヤモヤしている良海。
昨夜のことを思い出してまた可愛く頬染め。もう惚れてますやん!

なんとなくアキトと匡弘が付き合っているということを聞きたいみたいな感じですが聞けずに口ごもってしまいます。
そのあとはおとなしく学校へ行っている良海はかわいいですね。なんだかんだで俺様のようで
好きになったら忠犬のようになってしまうタイプかもしれません。

学校で匡弘からオーディションに受かったという連絡をもらいます。
そしてまたアンタの家に行く!と。匡弘は仕事がいつ終わるかわからないと言いますが
待ってると言って電話をきります。

~匡弘の自宅の玄関前~
良海は待たされてます(笑)そこに背の高い男がスっと通り過ぎて行きます。
これ、絶対アキトだな!とピンときました。

良海は遅い帰宅、電話に出ない匡弘に怒ります。
撮影中だったから電話を切っていたという匡弘にカッとなり、俺のマネージャーだろ!と怒鳴ります。

匡弘は良海ほ他に何名も持っているらしく、良海だけのマネージャーではない!といいます。
すると俺だけにしろ!とわがままくん。

匡弘は、まだ一度もモデルの仕事していないじゃないか。 良海くんだけの担当になったら暇すぎると言います(笑)

こういう会話いいですね~。ガツガツくんに対して冷静な皮肉まじりの返し!!!面白い!

売れて忙しくなったら専属になってやるよ
匡弘案外うまく良海コントロールしてます(笑)

部屋に入り、さっそく話をしようという匡弘に対し、オーディションに受かったから俺にもキスしろという良海。

キスするとまたまたがっつきます。
当然匡弘に拒否られますが・・・

そんなにアキトのほうがいいのかよ・・・

アキト・・・?なんでここでアキトが出てくる?という匡弘に対し、
俺とアキトとどっちがいいんだよ?と聞き返す良海。

・・・アキトに決まってる

あ~あ言っちゃった~。俺様くんには耐えられない言葉ですよね~。
なんでも思い通りになってきた子だもの。余計がっつくに決まってる~。

当然押し倒されてソファーでやっちゃいます。
そのご第2ラウンド突入しようとする良海。ベッドへ匡弘を運びます。
するとなんとベッドにアキトが~!!!

アキトは合鍵をもっているのですね。しかしこんなの現実であったら恥ずかしくてたまらんです。

修羅場にもならず普通に会話しているアキトと匡弘。
なんか変な感じですね。

良海の存在を忘れたかのようにいちゃつきます(笑)そしてアキト・・・「こいつ誰?」と・・・
良海くん悪いけど今日は帰ってくれないか?と匡弘に言われ結構傷ついているようです。

アキトは、良海が帰ったあとに「どういう関係?」と聞いています。
オレ以外の男に夢中になるなよ


その言葉を聞き、匡弘はいろいろと考えているようですね。
もうこうやって考える時点で匡弘の心には良海が入ってきているといころですね。

アキトクラスのモデルには興味はあるが、新人じゃ夢中になれるはずがない  と一生懸命自分の中で理由を考えてます。

帰りの車でまた良海は匡弘にキスします。車の中でやりたいと・・・・。

興味本位でやったのなら2度やれば満足だろ?こういう行為は好きな人とやれ と匡弘に言われ、
だからオレがやりたいのは・・・!といったところでハッとします。

気づいちゃいましたね~。顔を真っ赤にして帰って行っちゃいました。

良海は納得できないのか。アキトの恋人だから抱きたかっただけだと理由を考えています。
まぁ最初は本当にそうだったんでしょうね~。

匡弘の家にはアキトが普通にいます。おかえり・ただいまと言っているのでやっぱりつきあってるんでしょうね~。
と思ったら・・・

良海が直接「付き合ってんのかよ」とアキトに聞いています。
すると「まぁつきあってるわけではないが・・・」とアキト。え~付き合ってないの???

良海はマサヒロと別れろ!!ここから出てけと言ってます。

別れてくれじゃなく別れろですからね~。しかも出てけって。。。あなたがこの間は追い出されましたけど!
ほんとこの良海くんのキャラ大好きです(笑)

この話をもちろんアキトはマサヒロに言いますが、マサヒロは冷静に

良海は私をすきなわけじゃない なんでも欲しがる子供みたいなものだと言っています。
まぁそうなりますわね~。始まりがはじまりですから・・・。いきなり執着されてもびっくりになるよね。

そして自宅に帰ると部屋に不法侵入しちゃってますよ良海くん!!!
勝手に合鍵作って入ってました(笑)
なんて鍵渡したのは社長らしいです。

そしてマサヒロに抱きつき
アキトをやめてオレにしろよ オレのものになれよ

さすがストレート!
断る バシっ (笑)
マサヒロ・・・いいですね~。とことん跳ね飛ばします。

振られたことなんかない良海は
俺の何がいやなんだよとマサヒロに聞きます。

性格・・・←心の中で即答しているのがツボりました(笑)

そこは敏腕マネージャー。顔も良し、お金もある世界で働いている。良海くんレベルじゃ問題外だと焚きつけます。

良海も負けてません。
じゃぁオレがトップクラスのモデルになれば俺のものになるのかよ

そうだな、アキトレベルならつきあってやるよと言います。

ちょっと前までの良海なら付き合ってやるみたいな上から目線はカッとなってたのに今回はかなり大人しいです。
アキトを超えてトップになってやる!と本気モード。

ついでに押し倒します。
そして流されて行きます・・・。もう案外この時点でマサヒロもこころが移ってきてますよね。

そしてまた最中にアキト登場~。おいおい、こんなん漫画しかないよね。
普通は最中に入るなんて遠慮しますわ。

脅迫されたから寝たというセリフをアキトに聞かれました。
アキトはマサヒロを傷つけるやつは許さないと言って1巻は終わります。

1巻はまずまず面白かったです。レンタでは評価がわかれているようですが私は面白かったです。
これからどうなるのかな?という期待と良海も好きだけどやっぱりアキトがかっこいいです。

この人の絵はかっこいいですね~。
でもメガネはやめて欲しかったな。メガネなしのマサヒロがかっこいいから。

1感は匡弘よりは良海の心の移り変わりがよくわかった巻だったと思います。
はじめて男性を知ってのめりこんでいく良海の態度の変化よくわかって読んでて面白かったです。

さてさてこれからアキト・良海・匡弘の3角関係がどう動くか楽しみです。
アキトと匡弘はモデル時代からの付き合いのようなので絆も強そうです。
その中にどうアキトが入ってくるか、2巻が楽しみです。

ということで2巻のレビューは次回に書きますね!

関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ
 タグ
None