コミックスの感想

松基羊【パパは先生と×××シたい。】BLコミックス/ネタバレあり感想

最近ハマっている作家さん。デビュー作が収録されているコミックスです!

ダリアを愛読しているワタクシですが、最近本当に気になってた作家さんです。

コミックス化早かったですね!!ちょっと前に「たなごころの燈」を読んだと思うんです。
ダリア8月号雑誌全体の感想

すっごくどの作品も味があって好きです。

パパは先生と×××したい。コミックス情報

パパは先生と×××したい 松基羊
松基 羊/ フロンティアワークス (2016/7/22) (ダリアコミックス) おススメ!BLコミックス
【内容紹介】
えっちなパパ受けは好きですか?冴えない保育士・七瀬は色気あふれるワケありなパパ・浩二とその子供・鉄となりゆきで一緒に暮らす事に。お水の仕事をしている浩二に最初は不信感を募らせていた七瀬だが、優しい浩二の父性と美味しい朝ごはんにほだされていた。
そんなある日、七瀬は自慰の現場を浩二に見られてしまう。 日頃のお礼にといやらしく誘う浩二に劣情を感じた七瀬は、勢いでセックスしてしまい…!?
※本作品は、ダリアコミックスアンソロジー「雌お兄さん」収録の「パパは先生に知ってほしい。」を含む内容です。

ちなみに、雌お兄さんは8月1日にRenta!さん先行配信のようです!

コミックスの評価・満足度

パパは先生と×××シたい 松基羊
■デビュー作品収録。
■絵柄は線がしっかりめ
■ストーリーも幅広い
■読後感も満足度も高い。

■今後期待する作家さん

パパは先生と×××シたい の感想は以下より。感想にはネタバレ含みます。 7月22日に発売された新刊です。まだ未読の方、ネタバレ不要の方はご注意くださいませ。

パパは先生と×××シたい 目次

■パパは先生と×××シたい
■パパは先生に知ってほしい

■たなごころの燈 前編
■たなごころの燈 後編

■君にかけて落ちる

■ボクとパパと先生の×××
■たなごころの先
■君と恋に落ちる

パパは先生と×××シたい、パパは先生に知ってほしい 感想

子持ちパパ×保父さん エロ

こちらの作品を読んですごく松基洋さんが気になったんですよね。。。

私が気になったのは「家族になろうよ」だったと思うんです。それがパパは先生に知ってほしい。だった気が・・・・。ダリア12月号だったかと!

絵柄はね、みちのくアタミさんやエンゾウさんのようにしっかりと太い線で描かれるタイプ。そしてたれ目ちゃんです。たれ目もいいですよね・・・キリッとした感じも好きですが、たれ目もまたいい!

今回のこのストーリーは、「雌お兄さん」にも「パパは先生に知ってほしい。」が収録されていますが個人的には・・・もしはじめ「雌お兄さん」を読んで松基先生の作品気に入ったら是非こちらも読んでほしいです。

というのも・・・3人の7年後のストーリーが描き下ろしでありますので★

これがまたね・・・鉄くんがきゃわわです。

さて本題。

パパは夜働いているのですが、鉄くんを迎えにこれなくて保父である七瀬くんに預けます。そのうち、入り浸るようになり・・・パパさんに手を出される七瀬くん。これね、自分でしているのを見つかっちゃって・・・というパターンです。

ですが次第に2人が惹かれあっていくというストーリー。

パパさんには秘密があってね。私はてっきりホストかヤクザだと思ってたんです(笑)そしたらほっほう~~~~^そうでしたか(;'∀')

イメージと違ってΣ( ̄□ ̄|||)。そして実は鉄くんもストーリーを読むと本当の子供じゃないんですね・・・。

一夜をともにした女性が置き去りにしてしまった子のようです。気づかないなんてどんだけ爆睡してたんだ(笑)って突っ込みたくもなりますけどね。

だから結局はその子を引き取って血はつながらないけれど育ててきたという設定のようです。こういうのってどうなのでしょうね。

これと言って大きな山場はないのですが、本当に1話、2話と面白くて夢中で読みました。パパさんも彼と一緒にいたいから夜のお仕事もやめて主夫になっちゃって・・・。

快楽に溺れた人生だったのに彼に出会ってがらりと変わったでしょうね!

ちなみにですね・・・・先生があとがきにおっさん2人が背徳感を感じながらメイクラブする姿が描けて楽しかったみたに書かれてたんです。

うんうん。って読んでたんですけどね、実はパパさん28歳、七瀬くん26歳なんだって!

えっ26歳っておっさんなの!?!?Σ( ̄□ ̄|||)って思ってしまいました(笑)

松基さんきっとお若いに違いないわ!!ますます応援しなくちゃ~と。

そうかぁ~若い子には26歳はおじさんなのね・・・・ショボ~~~~~~ン。

あと気になったのはRenta!さんで読んだのですが、こちら思いっきり白抜きでした。雑誌ではどうだったのだろう?今手元にあるのは4月号からしか手元にないので確かめようがないです(´;ω;`)ウゥゥ

修正って線だとまぁ・・・輪郭はわかるからいっかぁ~ってなるけど白抜きはね・・・ちょっと酷いね(笑)

どんだけデカイんだヨ~って思うときありますもの。(すいませんむっつりで(n*´ω`*n))

せめて白い線にしてほしい・・・・。ダリアさんってほとんど白抜きでしたっけ?

また調べてみよう・・・。

たなごころの燈 前後編の感想

職人×大学生 エロナイヨ

こちら・・・あれ?ちょっと前に読んだよね?と思った作品。ダリア8月号に収録されてました。コミックスになるの早い~!!!すごいです。
記憶にあるうちに描き下ろしも読めて楽しかった。デビュー作, 

このストーリーは職人さんとすべてに絶望を感じている大学生くんとのはなし。前後編でやや尺が足りなかった感は否めませんが、よくまとまってて読みやすかったと思います。

できれば・・・・もっと要の過去の掘り下げがあってもよかったかな?

さらっと説明だけで流れていくのはもったいなくて。

出会いは最悪な二人でしたけれど、一緒にいるうちにまたお互いの存在で自分のやりたかったことを思い出して前に進もうとするストーリーはとても印象深かったです。

あとそうですね・・・・要が頼人好きになったエピがイマイチ弱いです。

あれ?好きだったの???と思っちゃって。頼人は読んでいればわかるのですけどね。そういうのがもう少し欲しかったなぁ~と。もっとキュンキュンできたかなと思ったりもします。

ですが「たなごころの燈」というタイトルすごくいいですよね。なにか温かいものを感じます。

「たなごころ」というのは「てのひら」っていう意味なんだそう。手の中にあるひかり(燈)という意味なのでしょうかねぇ・・・

要と頼人の接点である和蝋燭にもかけてあるのかもしれません!

後編のラストがバタバタバタと駆け抜けてしまってもう終わり!?となってしまいましたが私はこのストーリーすきだなぁと思いました。

あと・・・何気に安西先生出てませんでした?(笑)スラムダンクの・・・。カーネルおじさんにも見えるけれど教授のセリフとかも安西先生かと思っちゃった!!!

懐かしいなぁ~と。安西先生はもう少しポヨンポヨンしてますけどね!!

君にかけて落ちる の感想

幼なじみ エロ

こちらがデビュー作のようです。デビュー作これ読んだことあるんですよね・・・どこで読んだんだろう?何月号だったんだろう?気になる・・・・。

デビュー作って言われるとそうかも!と思うくらい勢いがある作品だと思います。

ストーリーはある女性と駆け落ちしようとした高校生の章吉。ですが直前でフラれてしまいます。

そんな章吉に一緒に駆け落ちしてくれと頼まれたのが幼なじみの伴蔵でした。伴蔵は文句言わずに付き合うのですが・・・実は伴蔵は章吉が好きなのですよね。

残念ながら伴蔵の告白は断られてしまいます。この時の伴蔵がかわいそうで・・・。

所持金ないからと節約して駆け落ちごっこをしていた2人。

ですがひょんな流れから伴蔵が章吉にキスをしてしまい、真剣に考えてくれるならこのお金でどこかへ・・・と言うのです。

ですが章吉はその言葉で目が覚めた、帰ると言い出すという(;゚Д゚)

それじゃ諦められないからと最後に伴蔵は触らせてほしいとお願いしてのペロペロ。

ほんの数カットの場面ですが、この場面わりと好きなのですよね。伴蔵の目がなんだか訴えかけている気がしてね。。。

迎えが来て車に乗った後も握りしめてた5000円がとてつもなく切なかった。

そんなこんなで暫くは伴蔵を避けまくる章吉ですが、避けても避けても考えるのは伴蔵のことばかり。もう伴蔵でいっぱいになってしまった章吉は限界だ!と言って伴蔵の元へ。

最後はもう一度駆け落ちをやり直させてほしいと言うのです。

この時のあきれたような顔ではにかむ伴蔵がかわいかった・・・。今度こそあの握りしめた5000円が使われるのかなぁ~と思ったらキュン。

最後はちょっと意味がわからなかったのですが、章吉がくるというのはわかってたという意味でいいのかな!?

枚数が少ない読み切りですごく良くまとまってたと思います💛この2人、先生も思い入れがあるようで、いつかまた描きたいとあとがきにありましたからもしかしたらいつの日かまた読めるかもしれませんね!

伴蔵がすごく好みなので実現したらうれしいです。。。

描きおろし

描き下ろしが本当にうれしいですねぇ。3作品どれもに描き下ろしがありました。

たいてい・・・1作品のみというのが多いのですが、3作品も読めるなんて・・・、1作品のページ数は少なくてもすごく満足度高いです。

内容は、7年後のパパと先生と鉄くん。鉄くんがなんといういい子なの~となるストーリーです。そしてかわいい!!!

たなごころさんはエロ回です。「抱いたる」と言った要が抱かれてしまうというなんとも私好みの描き下ろし(笑)ありがとうございました💛

そして「君と恋におちる」は良かったですね・・・ドキドキの描き下ろしでした。伴蔵がかっこいい!かわいい!そりゃ章吉も泣きたくなるでしょうよ・・・

こんなに伴蔵が自分のことを想ってくれてたとは知らなかっただろうしね。多分この2人はこれから立場が逆転しそうだなぁ~なんて想像しながら読みました。

感想まとめ

デビュー作を含め、恐らくこれが松基さんの初コミックスになるでしょうか?どうなのでしょう~。3つのストーリーそれぞれに味があってとても面白かったです。

まだまだストーリー展開は見せ場がもう少しかなぁとは思いますが、期待も込めておススメ★4にしました(o^―^o)

本当に次回作読むのが楽しみです。

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想
-, , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5