コミックスの感想

【千 長夜の契】【千 螺旋の錠】すごく面白かったBL漫画感想♪ファンタジーBLで切ないのに愛は感じる-岡田屋鉄蔵

2018年1月3日

こんばんは。三が日も終わりますね。お正月気分もそろそろ切り替えなければと思っているのですが、ダラダラしてしまいそうです。

BookLive!のキャンペーンでポチってた作品を昨日読んだのですが、すごく私のツボ作品でして・・・紹介したいと思います。

この作品は、BL作品なのかなぁ・・そういわれたらそうかな?と思う感じの作品です。 ファンタジーBLでやや時代モノです。

特殊設定なのでそこが受け入れられるかどうかだとは思うのですが、本当に面白かった!!! 契約者のねがいをかなえるかわりに、その人の魂を喰らうという設定。

相手は魂をささげるかわりに、願い事をかなえてもらうというものなんですよね。 だから・・・願い事が叶ったらその願った人は消えてしまうんです。 だから・・・切ない。切ないけど願いが叶う過程にあたたかさがあったり人とのつながりがあったりでもっと読みたいなと思いました。

千 長夜の契/螺旋の錠  の作品紹介

千(1) 長夜の契 (上)

千(1) 長夜の契 (上)

千(1) 長夜の契 (上)

 

千(2) 螺旋の錠 (上)

千(2) 螺旋の錠 (上)

千(2) 螺旋の錠 (上)

 

シリーズは2作品あります。Renta!は1冊が上下巻でわかれているのですが、Renta!以外は上下巻ではなく1巻1巻で読めます。

内容紹介

願いを叶える代償に、その者の魂を喰う謎の座頭・千載。奇妙な縁で出会った剣豪・草薙とともに人々の命を賭けた願いと 向きあっていく…。妖しく強く、BLの枠を超えた壮大な物語が始まる!!

作品のポイント

◆ファンタジーBL ◆作品はすべてに主役の2人は関わっているものの、読み切り。

◆結ばれるばかりのBLではないから切ないストーリーもある。相手を想って消えていく姿にぎゅっとなる。

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みます。

ライアテア (上)

ライアテア (上)

ライアテア (上)

 

千(1) 長夜の契/千(2) 螺旋の錠 の感想

まずは何度も言いますが、ファンタジーBLです。

特殊設定なのでここが受け入れられるかどうかもあるかと思います。 そして、絵柄も千載(千)はキレイなのですが、草薙はTHE男!!!という感じです。

きれいな男性とかとはちょっと違う、力強い男らしさを感じる絵柄。

私はかえってこの絵柄が素敵に思えましたが、好き嫌いはわかれるかもしれません。

さて、内容は・・・紹介にもあった通り、剣豪・草薙が途中で出会った盲目の座頭・千載(千)と旅をしながらいろいろな人と出会っていくストーリー。

千にはある特殊な能力があって、依頼人のねがいを叶えるかわりにその魂を喰らうんですよね。 魂を喰われた人間は、人々の記憶から消えてしまったり、その後何等かで命を失ったり(命を失う前に千に依頼してたり)するので作品的には切ないです。

ただね、契約をする人達は皆自分の大切な人を想って自分を犠牲にしたりするんですヨ・・・。 でもすごいなと思うのは、切なくて胸がぎゅっとなって数話涙が流れたのですが・・・それでもそこに至るまでにきちんと作品的に救済があるんですよね。

契約を結んだ方も、気持ちが満たされてるにちがいないと思えるストーリー展開なので、切ないのにどこかあたたかさも感じられます。

実際旅をしている千と草薙のBLではなくて、彼らが出会う人々の間にBLが感じられるというようなストーリーになっていると思います。

私の好きなエピソード

天狗様のエピは、千 長夜の契の第3話です。

大切なもの、守るものがあってそれぞれが同じようで実は少しずつ違うの。

天狗・・・最後の天狗総出で悪を退治するシーンは鳥肌ものでした。 そして。。八咫と白鷺の結末は・・ほんとヨカッタです。

ここは切なさとうよりはほっとしたのが大きかった(´;ω;`)

しかもまさか白鷺まで天狗だったとは!ですね。

どんでん返しがあってさらに面白く感じました。 中盤から後半にかけて辛くなってくるのですが、すべて天狗様たち登場!から好転していくのもさすがでした。

このエピが1巻では一番好き。

そして、【千 螺旋の錠】はどのエピも好きかも。

お相撲さんと絵師さんのストーリーはじわりときちゃったし。。。ここはBLでしたね。

お相撲さんがピュアでいい奴すぎて。。。だからこそ展開的にグサグサ突き刺さって、生きていないのがツライ。・・・それでも2人の愛は深くて涙でした。

次の世で会えたらいいなって思うと、ほんと切なくて自然と涙がでてしまいます。

本当に素敵なストーリーでした。

ファンタジーだけど、ストーリー重視さんにはぜひ読んでほしい。

何度知らず知らずのうちに涙が出てたか・・・。

感情移入しやすい展開になっているんですよね。 最期に海賊のお話。

これもね・・・切なすぎるでしょ(´;ω;`)って読んで思いました。 思ったけど。。。千との契約で救われたのだろうなぁ~って思います。

思いあってたのに・・・ちょっとしたすれ違いで大切な人を死なせてしまった後悔ってすごいだろうなぁと。

最期の「今がいい 連れてってくれ今ー」と言った後に昔の2人にもどって消えていく姿を見てこれまた号泣。 号泣して次どうなった・・!?って思ったらすぐにストーリーが終わっちゃったのでほんとうにもっと読みたかったです。

救いのある作品ではあるけど、千と契約を結んだ人は犠牲になるので(魂を喰らわせるので)ハピエンではないんですよね。

そこがつらいのだけど、そこがこの作品の良さなのかな、と思います。

感想まとめ

それぞれでBLが繰り広げられてるといえばそうかな?と思うのですが、片方が千と契約を結んでたり、先に死んでたりするのでハピエンなカプは少ないです。

ハピエンじゃないけど、千によってほぼ気持ち的に救われていってるので切ないけど悲しくて泣くというのではなかったです。

とっても不思議な作品。

多分BL枠じゃおさまらないだろうなぁ。スバラシイなって思いました。

続きがでるなら読みたいし、千と草薙ももう少し恋愛色濃くなってもいいかな。

身体の関係はあるけどもっともっと気持ちも近づいていってほしいです(n*´ω`*n)

絵柄は、草薙は男くさいけど、他はすごくきれいな美男子が登場してたと思いますヨ。

気になった人は是非読んでみてください。

※ハピエン主義の人は・・もしかしたらちょっと辛くなるかも。。。

契約者が望んだ願いだからある意味ハピエンだけど、BL的にはハピエンじゃないエピがわりとあります。 あ~でも面白かった!!!

電子書籍

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

キャンペーン・無料で読めるBLコミックス情報

BL雑誌のすすめ。(雑誌最新話/ネタバレ感想)











バラ→コミックス版のオススメ!

【囀る鳥は羽ばたかない6巻】ヨネダコウ

囀る鳥は羽ばたかない6
大切だから、離れない。大切だから、手離す。 平田との抗争が切迫する中、百目鬼を捨て、ひとりでけりをつけようとする矢代だったが…… もの凄い展開を見せた6巻。今回はまずは区切りの巻になるのではないかなと思います。7巻からはまた状況が変わってくるかと。 これでハピエンでなかったらちょっとツライなぁ・・・と思う今日この頃。
未読な方は【【無料】漂えど沈まず、されど鳴きもせず】、【無料】囀る鳥は羽ばたかない 第1話】がありますのでぜひ読んで見てください。 そして【囀る鳥は羽ばたかない1巻】が5/30まで半額で読めます。

【僕のおまわりさん2】にやま

僕のおまわりさん2
10年愛の、その先。「これからも、ずっと俺といて」 二人の愛がすごく育っているので読みながらキュンキュンしてしまいました。幸せ止まらぬ蜜月同棲編です! コミックスはバラ配信の全5話に加え、単行本収録描き下ろし8P/電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)【全200ページ】。

【レムナントー獣人オメガバースー】羽純ハナ

レムナント
「お前との契約はもう終わりだ――」気持ちがすれ違い、深い溝が出来たまま過ごすジュダとダート。 そんな時、嫌々ながら参加したパーティーでダートは幼い時を一緒に過ごし、 教会の闇取引で売られていってしまった友人のフリオを見つける。 どんどん面白くなっていく・・・ツンデレ二人なのでもどかしいのですが、反発しながらも気持ちが向かい合っていく姿がたまらない。3巻はバラ配信の14話まで。 3巻以降のストーリーはこちら。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースの食わず嫌いがなくなり、今は気に入って読んでいます。

-コミックスの感想
-, , , , ,

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.