CRAFT連載作品

コミックスの感想

2019/12/27

木下けい子『17 教師』生徒×教師・切ないBLマンガ感想/【17-2巻】CRAFT連載作品【冷たくされても優しくされても・・・】

こちらも先日やっと感想書きました。木下けい子さんの【17】の2巻目です。 【17 教師】とあって巻号がついていないのですがこれは続きものですのでご注意ください。 毎回思いますが・・・巻号をつけないのは読者には優しくないですよね・・・17生徒/17教師で読み切りみたいな感じになってればいいけれどそんな感じでは全く無いから、なんとなく今回の作品に関しては巻号を付ける方がよかったのではないかなってすごく思います。 1巻1巻ですっきり読めるような作品だったらいいですけど、違いますからね。。。 ちょっと触れましたが ...

複雑で単純で幸福な時間を 里つばめ

バラ・単話BL感想

2020/4/12

【複雑で単純で幸福な時間を】里つばめ/単話売りBL漫画感想「あの時の失敗を取り戻したいと思った」

最近ハマっている里つばめさんの作品が配信されましたので読んでみました。同級生のストーリー。 「宮原 俺 お前が好きなんだ」 高校の卒業式の日、小林は友人の宮原に告白した。 そして、それきりになった。 あれから数年後、エリート官僚だったはずの宮原が、数学の教師として小林と同じ高校で働くことになり!? 大人の甘苦い再会ラブストーリー。 ※このお話は『CRAFT vol.57、58』に掲載された作品です。 CRAFT vol.57.58に掲載だったんですね。読んでない号だったのでこうやって単話配信してくれてすご ...

no image

BL雑誌最新話

2019/5/20

CRAFT vol.72掲載/俺が好きなら跪け 新連載スタート/里つばめ

CRAFT vol.72掲載の里つばめさんの新連載がとても面白そうでしたので個別に感想を書きました。里つばめさんの作品で好きだなぁと思うのは、攻・受!っていうのがちょっとわからないところ。 どちらでも攻になれるし、どっちが受になってもちょっと萌える♥そんな絵柄と設定というか性格的なものがとてもツボ。 今回の【俺が好きなら跪け】はエリート2人のBLになりそうで、わくわくしてしまいます。 里つばめさんと言えば、わりと設定が好きなものが多いんですよね。 お気に入りは続編が出てから【GAPS】が好き ...

no image

BL雑誌最新話

2019/5/20

CRAFT vol.72/笑う鬼には福きたる第2話/17 第7話の感想をUPしました。

昨日はCRAFTの発売日でしたね。電子で読んでいたのすが、大洋図書の電子(イァハーツ・CRAFT)が配信日がなんか遅くなってきたので紙書籍で購入しました。以前は1週間くらいで配信だったと思うのですが今はどちらも2週間くらい後になっていますよね。 さて、前回から連載スタートした山本小鉄子さんの『笑う鬼には福きたる』。とても面白いです!山本小鉄子さんだから1巻で終わるとは・・・・あまり思えないですがCRAFTは3ヶ月に1回だからテンポよく進んでほしいなぁって思ったりも。 そして、CRAFTで何が楽しみかって木 ...

no image

BL雑誌最新話

2020/3/7

【笑う鬼には福きたる】山本小鉄子/【GAPS-INTERVAL-】里つばめ CRAFTvol.71掲載の感想をUPしました。

CRAFT vol.71で面白かった作品、注目した作品の感想をUPしました。BL雑誌のすすめ。の告知記事です。昨日はこちらが書けませんでしたので、今日はこちらのコミックスの感想を中心にUPしたいと思います。 その前に・・・今月のCRAFTはなかなか面白かったです。 山本小鉄子さんの新連載【笑う鬼には福きたる】、そしてGAPS-INTERVAL-これはGAPSの番外編のような扱いなのでしょうか?まだ感想は書けていませんが、一番今回おもしろいゼ~と思ったのは木下けい子さんの【17】です。こちらもまた書きたい ...

コミックスの感想

2020/3/11

ゆき林檎【玉響】BLコミックスの感想 私の神作品

大正時代、貿易商の跡取りと商人の息子の静かで激しいボーイズラブ 別ブログの方でも書いたのですが、こちらのブログしか読まない!という方もいると思いますのでこちらにも記事作成することに。 玉響は大好きな作品の一つなので、何度書いてもいいかな~と!!!きっとこれからも何度も何度も登場する作品だと思います(n*´ω`*n) 【ゆき林檎/玉響】作品紹介 内容紹介 ストーリー 胸キュン 切なさ エロ 【ネタバレ注意】【玉響】感想 まず。。。玉響はこんな人にお勧め! 一途愛が好きな人・切ないけど素敵なストーリー・泣ける ...

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5