再会BL

いつも!タケトコタトアオト

バラ・単話BL感想

2020/7/1

akabeko【いつも!タケトコタトアオト】BLマンガ(ネタバレ注意)感想/バラ4作目

akabekoさんの子持ち&再会BL。今作はとてもコタが可愛かったです(*^_^*) 【いつも!タケトコタトアオト】はバラ配信されている【タケトコタトアオト】シリーズ4作目です★ 読む順番はこちら。 【タケトコタトアオト】➨【ずっと!タケトコタトアオト】➨【もっと!タケトコタトアオト】➨今作 以前の感想はこちらを参考に♪ 【いつも!タケトコタトアオト】作品紹介 内容紹介 タケとコタが住むアパートに保育士で恋人のアオトが通うようになってから三人で過ごすことが増えた。アオトがコタの家に来ることはみんなに内緒と ...

タケトコタトアオト

バラ・単話BL感想

2020/6/20

akabeko【もっと!タケトコタトアオト】BL漫画(ネタバレ注意)感想/ 子持ち&再会BL

【もっと!タケトコタトアオト】はバラ配信の作品です。【タケトコタトアオト】【ずっと!タケトコタトアオト】を読んでから是非お読みください♪ 麗人uno!に掲載されていた作品です。同級生との再会BL。元ヤンのタケ受なのもグー。 子持ちBLなのでゲイ×ノンケの組み合わせになるのかな。。。akabekoさんの作品が好きなので、読んでみたのですがまったり安心して読める作品!という印象(*^_^*) 病み系でもないし、読みやすいと思います。 今回のお話はシリーズ3話目 【もっと!タケトコタトアオト】作品紹介 内容紹介 ...

恋をするには透明すぎる

バラ・単話BL感想

2020/6/19

【恋をするには透明すぎる】yoshi・阿賀直己/BL漫画感想(ネタバレ注意)/再会・年の差BL

【恋をするには透明すぎる】はまだ連載中の作品です。作品が配信されるごとに感想を追記していきます。 最新話は4話 yoshiさんの絵柄がとても好きで、作家買いになってます。今回はバラ配信の連載もの。 再会BL&年の差・年下攻です(*^_^*)相変わらずの美男子で見るだけでキュン。 まだまだどう展開していくのかはわからないのですが、グイグイ年下攻が読めるといいなぁと期待しています! 【恋をするには透明すぎる】作品紹介 内容紹介 ヘアサロンで店長を務めるゲイの一哉。私情を持ち込まないクールな恋愛を楽しんでいた。 ...

バラ・単話BL感想

2020/5/18

【好きなんて言わんといて インディゴ】ツバダエキ(ネタバレ注意)BL漫画感想/切なくてほろ苦い、ラブドラマ

【好きなんて言わんといて インディゴ】はまだ連載中の作品です。作品が配信されるごとに感想を追記していきます。 最新話は2話 こちらはツバダエキさんの【好きなんて言わんといて】のスピンオフになります。ママが主役!ツバダエキさんといえば。。。なんちゅーペンネームなんだろうと思って読んでみたのがきっかけなのですよね。 未だにちょっと慣れないです(^_^;) ペンネームに関してはちょっと汚いイメージのものは慣れないですね。これからしっくりくるようになるのかな!? 作品的にはホントにすごく丁寧で面白いと思います。絵 ...

バラ・単話BL感想

2020/5/1

【 或る日】BL漫画感想/【玉響】二人の幸せな再会その後♪(ネタバレ注意)

大大大好きなわたくしのイチオシ神作品である【玉響】の同人誌がなんと!!!電子配信されました。これね、なかなか手に入らない同人誌だったのですよ。 ワタクシも読んではいましたが、いつもいつも【玉響】を語るときにはこの【或る日】は欠かせないと思ってました。だから今回、この作品が電子配信されてすごく嬉しいです。 今回の電子配信は、同人誌を加筆修正していて、松本のその後も登場してるという。 絶対読むべし! 【或る日】作品紹介 同人誌・電子版 作家 ゆき林檎 出版社/レーベル 大洋図書 発売日 2014年/電子202 ...

二度めの恋は渇かない

コミックスの感想

2020/3/25

【二度めの恋は渇かない【単行本版】】晴屋うまこ/BLコミックス感想【ネタバレ注意】

【二度めの恋は渇かない】コミックス版の紹介です。バラ・単話配信で読んでいた作品のコミックス版が出ました。 こちらは同級生&再会BLの作品です。特にモヤモヤ感なく楽しめ読みやすいと思います。内容紹介には隣人兼セフレとあるのですが、基本的に邪魔な人は出てこないのでその点がお気に入りの作品となってます。 【二度めの恋は渇かない】作品紹介 コミックス版 作家 晴屋うまこ 出版社/レーベル  オーバーラップ /リキューレコミックス 発売日 2020/3/25 満足度・オススメ度 試し読み【無料】 内容紹介 内容転職 ...

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5