バラ・単話BL感想

【 或る日】BL漫画感想/【玉響】二人の幸せな再会その後♪(ネタバレ注意)

大大大好きなわたくしのイチオシ神作品である【玉響】の同人誌がなんと!!!電子配信されました。これね、なかなか手に入らない同人誌だったのですよ。

ワタクシも読んではいましたが、いつもいつも【玉響】を語るときにはこの【或る日】は欠かせないと思ってました。だから今回、この作品が電子配信されてすごく嬉しいです。

今回の電子配信は、同人誌を加筆修正していて、松本のその後も登場してるという。

絶対読むべし!

【或る日】作品紹介

同人誌・電子版

作家ゆき林檎
出版社/レーベル大洋図書
発売日2014年/電子2020/05/01
満足度・オススメ度

内容紹介

内容

不朽の名作『玉響』──本編では描かれなかった空白の物語。 長い別離を経て、再会を果たした二人は一緒に歩む道を選ぶ。前途は多難だが、甘やかな日々──…

全体評価

ストーリー
胸キュン
切なさ
エロ

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。

本編・玉響はこちら

【ネタバレ注意】【或る日】感想

ストーリーはラスト別れて再会した日からのお話。

立花の元に戻ってきた麻倉と、立花の幸せな日が描かれています。すごく温かくて読みながらじわり。

二人にもこんな幸せな日々があったのだと、そう思えるだけで・・・【玉響】のラスト「また会いにいくよ」の重みがズシリと増すようです。

本編【玉響】では、再度別れてからまた再会したのは解っていましたが・・・その後は描き下ろしでちょろっとなのですよね。

だから麻倉の「また会いにいくよ」のセリフがすごく切なくて・・・なぜだかハピエンなのに切ない涙も出ました。彼らは幸せだったのだろうか?そうだといいな・・・という感情がすごく強かったと思います。

本編のラストでは写真があって、立花の後ろに麻倉も写ってはいましたが、再会した日が読めて本当に良かったです。

この同人誌も本編に入っててもおかしくないなって思える程。

だから【玉響】が好きな人はこの【或る日】も絶対読んでほしいです!

もう表紙から泣ける。この二人ががっちりと抱きあってるシーン・・・・これは再会した日のカットですよね。このガッチリ抱き合うのがたまらないです。

何度も書きますが・・・

【或る日】は再会した日の夜の話だったり、二人が初めて会った日の事だったりが描かれています。

あとは松本はやっぱり・・・麻倉が好きだったのかぁ~と(≧∇≦*)

彼は麻倉にとってはよき相談相手で親しい友人でしたからね。彼らを見守ってきたのだろうなというのはわかってました!

ラストの写真にも一緒に写ってましたから★

この【或る日】で個人的に一番好きなシーンがあって、それは・・・

松本が帰った後に立花が麻倉に「幸せにしてやらないとな」って言うの。

でも麻倉は「そばに居てくれたらそれだけでいい」って言ったあとの~立花の涙を堪えるシーン。

すっごく立花の気持ちが・・・ズンと伝わってきて一緒に泣きそうになりました。

【玉響】もすごく素敵な作品だけれど・・・この【或る日】の展開、セリフもまさに神。

あとがきにかえて:の二人の幸せな1シーンにもほっこりしました★

はぁ~この同人誌は何度読んでも・・・余韻が。すごく素晴らしいです。

同人誌の電子配信でこのお値段って・・もっと高くしてもいいのにって思います。それで先生に還元して、また新たな作品を生み出して欲しい!正直安すぎる!って思いました。

バラ・単話でもすごく高い作品あるのに。。。同人誌で手に入らないこの作品が200Ptって・・・いいのかしら( ̄。 ̄;)って。読者想いですね(T^T)(T^T)

ということで!!!本当に素晴らしい同人誌なので、【玉響】を読んでから是非!手にしてみてください♡

電子書籍

コミックス版

 

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

この作品の感想はどうでしたか!?

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-バラ・単話BL感想
-, , , , , , , , , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5