バラ・単話BL感想

ナツメカズキ【ヒズ・リトル・アンバー】BL漫画(ネタバレ注意)感想

NUUDE vol.1から新連載スタート!ナツメカズキさんの【ヒズ・リトル・アンバー】ネタバレありの記事になります。

【ヒズ・リトル・アンバー】はまだ連載中の作品です。作品が配信されるごとに感想を追記していきます。

最新話は 1話

この作品・・・ヤクザ関連なのでもしや!と思ってたのですが・・・雪鷹出てきてました!!!

もでテイスト的にはファンタジーBLです(*^_^*)すごく好きな獣登場!でテンション上がりました~。

【ヒズ・リトル・アンバー】作品紹介

内容紹介

ヤクザ稼業を助ける「道具屋」を営む源慈は、20年前、1999年の大晦日に怪我をした獣を拾う。 琥士郎と名づけられたその獣は、すくすくと育ち…?! 不器用なやもめ男と、“人ならざる”美貌の青年のミステリアス同居ラブ!

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みます

 

【ヒズ・リトル・アンバー】感想レビュー

1話あらすじ・ポイント

  • 20年前に拾った獣はすくすくと成長して。。。
  • 獣の琥士郎(こうしろう)は・・・人型にも変身できるらしい。
  • 発情期を迎えてしまった琥士郎を見て仕方なく処理を手伝う源慈だけれど、そのままズルズルと・・・
  • ずっとそばにいると言った琥士郎だけれど、源慈にはなにやら暗い過去がありそう!?

感想

今回もヤクザ関連ではあるのですが、全く違うファンタジ-BLになっているのがイイ!

個人的にはすごくファンタジーBL大好きなのでうれしかったです。しかも!ヒョウですか!?!?テンションあがります。

源慈が20年前に拾った獣は琥士郎と名付けられ。。。すくすくと成長。

しかし・・単なる獣ではなかったのですよね。

獣特有の発情期もあったりでなかなか面白いです。

1巻の時点ではまだ源慈➨琥士郎はなさそう。でも逆に琥士郎➨源慈はあります。告白してたので★

源慈・・・奥さんとか彼女を亡くした経験がありそうですね。だから・・・踏み込めずにいるのかなと思うような場面がありました。

琥士郎はちょっと天真爛漫そうなので・・・そういう琥士郎の性格なりが源慈を変えていけたらいいなぁ(≧∇≦*)と思いました。

次話からとても楽しみです!

ちなみに・・・今回琥士郎が発情期になりますが・・・源慈と琥士郎は関係は持ってません。

お手伝いはしてあげてます。ということで・・・いつ心も体も合体するのか・・・みどころのひとつになっていくのだと思います♥

琥士郎・・・とってもかわいいので、この先が楽しみ~。

1話はコチラ

電子書籍

ヒズ・リトル・アンバー

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

BLコミックスお気に入り作品

ここではお気に入りのBLコミックスベスト3を紹介していきます♪

【4月の東京は・・・上下巻】ハル

4月の東京は 下巻

初恋×初恋

イァハーツ連載時から本当にハマったボーイズラブ漫画です♪こちらは上下巻で完結。一途な気持ちが切なくもあり辛くもあり・・・だけれど諦めずに想い続けた分、気持ちが通じ合ったラストには感慨深いものが。

切なさありで一途な作品が好みな人は是非!

【食べてもおいしくありません】山田2丁目(現在2巻まで)

食べてもおいしくありません2

オニ×ヒト!

オニを惹きつけるやっかいな体質の日和(ヒト)は、巨ツノである穂高に目をつけられてしまい!?

オニの穂高がどんどん日和に執着していって【俺のもの!!!】感が強くなっていくのがスキ。クスっと笑いながら読めてエロいのはさすが!あっという間に読み終わってしまいます。

【In These Words 】Guilt|Pleasure(現在4巻まで)

In These Words 4

連続殺人犯に魅入られた精神科医・克哉は、監禁され、犯され、体を切り裂かれる!! 

謎謎で展開してきたけれど、4巻で2巻中盤までの伏線一気に回収でした!まだまだドキドキハラハラの展開が続くので、この先が楽しみ。

若干サイコサスペンスなので、グロイ系苦手な人はご注意ください。ただ・・・サスペンスとかそういうのがスキな人は絶対気に入ると思います!まだ・・・犯人にたどり着けないのですよね(T^T)

この作品の感想はどうでしたか!?

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-バラ・単話BL感想
-, , , , , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5