木下けい子

BL雑誌最新話

2020/7/18

【夜空と君と初恋】木下けい子(ネタバレ注意)BL漫画感想-君恋20

【君恋20】に掲載、木下けい子さんの【夜空と君と初恋】のちょこっとネタバレあり感想です。雑誌最新話の感想ですのでコミックス派・ネタバレ読みたくない方はこの記事は避けてください。 今回の【夜空と君と初恋】は【嘘とキスと純情】の続きです。 【夜空と君と初恋】掲載誌【君恋20】 君恋20 電子書籍 Renta! eBookJapan 楽天kobo BookLive ひかりTV kindle 木下けい子 / カキネ / 柄十はるか / 三池ろむこ / 八神あき / 千葉たゆり / 緒花 / 茶柱ぷぅ / 仔縞楽々 ...

嘘とキスと純情

BL雑誌最新話

2020/7/18

【嘘とキスと純情】木下けい子(ネタバレ注意)BL漫画感想-君恋8

【君恋8】に掲載、木下けい子さんの【嘘とキスと純情】のちょこっとネタバレあり感想です。アンソロジーの感想ですのでコミックス派・ネタバレ読みたくない方はこの記事は避けてください。 今回の話は【嘘とキスと純情】に収録される予定です。 【嘘とキスと純情】掲載誌【君恋8】 君恋8 電子書籍 Renta! eBookJapan 楽天kobo BookLive ひかりTV kindle 【嘘とキスと純情】あらすじ 自分だけが知っている、会社の先輩の秘密とは…!?  リーマンもので会社の先輩後輩。 終電に乗ろうと急いで ...

17 生徒/好きだからキスしたの? 【応募者限定小冊子2017】

バラ・単話BL感想

2020/3/14

【17 生徒/好きだからキスしたの? 【応募者限定小冊子2017】】BL漫画感想-木下けい子

木下けい子さんの【17 生徒/好きだからキスしたの? 】の小冊子が配信開始されました。こちらは、【応募者限定小冊子】とあるように、コミックス発売時の全サだったのですよね。 これ・・実は応募し忘れていたのでほんと配信決まった時は嬉しくて。ただ、全サ内容なのでさらっとした内容なのだろうな~とは想像してました。 読んでみてほっこり★かわいかった。ただ、もっと何か違う(激しい感じ)を求めてた人にとっては物足りないのかもしれない。 【17 生徒/好きだからキスしたの? 【応募者限定小冊子2017】】作品紹介 コミッ ...

同級生棲活

コミックスの感想

2020/5/19

正反対な同級生BL☆【同級生棲活】木下けい子/BLコミックス・ネタバレ感想/素敵なツンデレに胸キュン。

これ、ディアプラスでちょこっと読んでたのでコミックスになったら絶対読もうと決めてた1冊。第1話は2014年10月。5話目が2015年12月なので2か月に1回ペースの連載だったのかな。読んでいないところもあったのですごく満足のいく1冊でした! そして、あのほんわかと進むストーリー。やっぱり木下けい子さんですね。私の好みど真ん中。 同級生だったり、幼馴染だったり★一途愛大好きです! 同級生棲活 作品紹介 作品の内容・あらすじ 【ネタバレ注意】同級生棲活 みどころ・感想 理解者 冒頭から三田園の上から目線の発言 ...

恋とは不思議なものだから

バラ・単話BL感想

2019/9/21

【オススメBL漫画】木下けい子【恋とは不思議なものだから】(ネタバレ注意)感想ー『君恋』掲載作品

【恋とは不思議なものだから】は集英社で発刊『君恋(学生編)』で掲載された作品です。重複注意 「君恋」の学生編は1巻だけ購入してその後は読んでいなかったのですが、こうやって単話配信してくれるとすごく嬉しいですね。木下けい子さんの不思議ワールド炸裂でキュンキュンしました。 面白いしやっぱりテイストが大好きなのですよねどの作品も。できれば続きが読みたいけれど、これで終わりなのかな。。。 【恋とは不思議なものだから】作品紹介 恋とは不思議なものだから [著者]木下けい子   内容紹介 集英社“君恋“が贈るボーイズ ...

コミックスの感想

2019/12/27

木下けい子『17 生徒』生徒・教師の切ないBL漫画・感想。先生が欲しくて、おかしくなる。

17歳・生徒×26歳・先生の二人の心の揺れが面白い!切ない展開から目が離せません。 この1巻はCRAFTのVol.68の部分まで収録されていました。この先はCRAFT vol.70で読めるはずなので早く配信されないかなと思っています。紙で追ってしまいそう。 最近木下けい子さんはわりとラブコメ要素の強い作品を多く描かれている印象ではあるのですが、今作は切ない系。ヒリつくような切なさともどかしさがあり、その中でとても熱い想いが感じられる。。。そんな作品になっているのではないかと思います。 見どころは生徒→教師 ...

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5