コミックスの感想

愛しいろくでなしの手放し方【単行本版】/ 田中森よこた BLマンガ感想 年の差・幼馴染みBLでかわいい依存系

2018年3月18日

田中森よこたさんの【愛しいろくでなしの手放し方】の感想です。こちらはバラ売りで配信されていたのですが、コミックス版も出たようですので紹介です。

田中森よこたさんの作品をじっくり読むのはこれが初めてだと思います。

この作品は幼馴染みくん達のお話で、引きこもりな年下くんの世話をせっせと焼いている6つ上の主人公。

読んでいる時は、この年下くんの方が依存しちゃっているのかな?と思ってましたが、ラストにむけて色々変化していくのでそこが面白かった!

依存系といってもドロドロな感じではなく、トータル的にみたらかわいい作品だったと思います。

愛しいろくでなしの手放し方【単行本版】の紹介


内容紹介/あらすじ

メシに風呂に寝かしつけ、性欲処理。
甘ったれで泣き虫な隣に住む幼馴染・真央(まお)は、俺がいないと何もできない。三年前に引きこもりになり、ニート状態のろくでなしなのだ。
「ちー兄ちゃんは、ぼくのことほっとくなんてできないよ」・・・・

暴君王子×世話焼き幼馴染の共依存ラブ。
◆単行本収録の描き下ろし後日談付き


作品のポイント

  1. 年の差ありの幼馴染みBL
  2. 依存や執着は結局するほうもされるほうも結果として矢印がむいているから面白い。
  3. 引きこもりニートくんは終盤ニートではなくなる・・・
  4. エロは普通にある。

感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。



愛しいろくでなしの手放し方 感想 (ネタバレ含む)

基本的に病み系は苦手なのですが、苦手なくせに病み系をけっこう読んでたりします(^_^;)

病み系の中でもかわいらしい作品があるからなんですよね。

今回の作品も、執着・依存系で若干病んではいると思うのですが、ストーリー的にはかわいらしいストーリーになるかと思います。

それぞれが想い合ってて依存しあってる。

ドロドロの怖さというのがほとんどなく、読んでても疲れなかったです(笑)

病み系すぎるのは苦手だけれど少しくらいなら大丈夫!という人は読んでみてもいいかもしれませんね!

こういうのは好き嫌い分かれるテイストではあるのですが、執着系・依存系では読みやすいと思います。

登場人物のこと

今回は、幼馴染みなのですが年の差ありというのもポイントです。

【隣に住む6つ下の幼馴染み】と冒頭であるので、6歳差。以前は明るかった真央があるコトをきっかけに引きこもりになってしまいます。

そんな彼の面倒を見ているのが社会人の千種(ちぐさ)。

真央は、千種の隣の家(マンション)なのですが、今一人で住んでいるんですよね・・・ずっと隣同士なのになぜ今一人!?!?と驚くところではあるのですがこれは作中にちゃんと理由が描かれています。

真央の親はネグレクトなんですね・・・。その後家にも帰ってこなくなってしまったという・・・。

千種は、そんな状況でもかわいらしくニコニコしている真央を見て、彼の母親が捨てるなら誰もいらないなら自分が真央を・・・と思うようになります。

だからせっせと世話を焼くのも自分の意志なんですね。

ニートがニートじゃなくなったら

真央は引きこもりなので、千種の世話が必要なのですがある日、思い切って外出することに。

外出先でなんと!モデルにならないかと声をかけられそれがきっかけでモデルになります。(もともと人気者で顔はいいのですヨ・・・)

真央がどうしてモデルになろうかと思ったかは、全部千種のため。

「ちゃんと頑張ってちー兄ちゃんにほめてもらう」って。

でも千種は、真央が外の世界と繋がってくれるのは嬉しいはずなのに微妙な気持ちになってしまいます。

どんどん外との接触が増え、しっかりしてきた真央を見て千種は自分から離れていくんじゃないかという不安に襲われてしまったんですね。

(俺の手の中だけで生きて俺がいないとどうしようもない真央に ほんとはずごく安心してた)

って思っています。依存されているようで、本当は千種自身も依存していたという訳です。

でも真央のコトを思ったら自分が離れるのがいい、そう思った千種は転勤の話もあり、少し距離を置くことにします。

展開は王道

身をひこうと思ったら・・・・・・いろんな誤解も解けて最後はめでたくくっつくというパターン。

このあたりはよくあるストーリー展開だったと思います。

でも、2人の気持ちの深さはなんだか読んでてじ~んとしましたヨ。

気持ちが繋がったあとは甘々な2人。

真央も立派に脱ニート。だからなのか、世話するされるという関係じゃなくそのあたりは対等な関係で恋人になっていると思います。

こういうところの発展性があって良かったなと思いました。

エロ作中に3回くらい!?

かわいらしい絵柄なのですが・・・エロ場面はまぁまぁあったと思います。

がっつり白抜き(ぼやっとした白抜き)なので、お口で奉仕の場面もちょっと残念な感じにはなっていますが・・・。

挿入の部分もそうなのですが・・・がっつり大きめの白抜きさんは画的にはちょっと惜しい、残念!って気持ちになってしまいますね(*^_^*)

エロはまぁ・・・普通かな!?!?と。

感想まとめ

依存系の作品の中ではとても読みやすい作品だと思います。

もやっとする感じがないので。結局はお互いに依存しあっているのでそのあたりも面白かったと思います。

真央が千種に依存するのもわかるような過去もちゃんと掘り下げて描かれてましたし、個人的には納得!!!

千種の方も自然というか。

それにしても真央の母親は今は完全に帰ってこなくなっちゃったんでしょうか!?

家賃とかどうしてるんだろう?って気持ちはあるのですが、たまに帰ってきてはお金だけ置いて行くとあったのでずっとそんな感じなのかもしれませんね。

絵柄もかわいい作家さんですので気になる人は是非。


ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

キャンペーン・無料で読めるBLコミックス情報

BL雑誌のすすめ。(雑誌最新話/ネタバレ感想)











バラ→コミックス版のオススメ!

【いつか恋になるまで 上下巻】倉橋トモ

いつか恋になるまで
最高に胸キュンいっぱいの幼なじみBL! 兄弟同然に育った千秋と和馬がそれを覚えたのは、中学3年のこと。自慰に耽る千秋に気づいた和馬がもちかけたのが最初で、遊びの延長みたいなものだった。少なくとも和馬にとっては。
【推しアピール】 幼なじみBLの中でもすごく印象深いこの作品。大人のふたりが描かれた作品が最初に出ているので過去編かぁと思いながら読み始めましたが、思った以上に面白かった。併せてふたりのその後【家族になろうよ】もぜひ読んで欲しい。

【恋をするつもりはなかった】鈴丸みんた

恋をするつもりはなかった
イケメン大学生×恋を知らないゲイの会社員が紡ぐ不器用で幸せなラブストーリー ちょっと大人な雰囲気の超ピュア系BL!すごく面白かった。この作品は何度も何度も読み返しました。やっぱり純愛一途系最高だなぁと思った作品でもあります。遊び人が変化するのって読んでて楽しい。。。

【烏ヶ丘Don’t be shy!!】夕倉アキ

烏ヶ丘Don’t be shy!!
カチコミ!防犯チームのリーダー同士のツンデレ胸キュンBL!出原想は、ライバルチーム「烏会」の代表で犬猿の仲の榛馬鉄二に恋していることに気づいてしまい…!?
【推しアピール】とにかく絵が綺麗!綺麗だから余計に胸キュンが楽しめる作品。犬猿の仲かと思ったら好きで意識しすぎて。。。というのもとても可愛いのでぜひ!今は続編の【烏ヶ丘Don’t be shy!!2】が連載してます。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースの食わず嫌いがなくなり、今は気に入って読んでいます。

-コミックスの感想
-, , , ,

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.