ディアプラス9月号で連載スタート・夜の世界で知り合った2人のBL


新鋭 おげれつたなかが描く、夜明け前の恋・・・
こうやって書いてありました。かっこいい~!!!

感情が表に出にくい黒服の緒方といつもクラブに通って女の子と遊び回るサヤとの恋なんだけどね、
サヤちゃんいい具合に焦げてるわぁ~。

ディアプラス9月号 おげれつたなか 新連載


この新連載が載っているのはディアプラス 2015年9月号です。

ではではネタバレオッケーな人は追記より読んでくださいね!
その前に・・・ランキング参加しているのでついでに応援お願いします★
BL漫画感想ランキング、  人気ブログランキングへ



うまく笑えない俺が 水槽の底みたいな 青いハコの中でみつけたのは
琥珀色のよく笑うヤツ・・・


だからアンバーなのかな???琥珀色のだもんね。

黒服の緒方くんはしょっぱなから彼女に振られます。
もっと楽しそうにしてよ。一緒にご飯食べててもそんなつまんなそうにされたらこっちだって楽しくない。
不味そうに食べないでよと・・・。

楽しいしおいしいと言っても、そんな顔して何言ってんの?といって振られちゃうんです。

緒方くん・・・感情がオモテに出にくいタイプのもよう・・・。

そんな緒方くんが務めるのはクラブ。
そのクラブで琥珀色のよく焼けた肌をしたサヤちゃんがいました。といってもサヤちゃんは常連客のようで
つねに女の子と一緒にいるから緒方くんはナンパ目的できているんだと思っています。

そして女の子にラインブロックしてんじゃねぇ!!!と怒鳴られているサヤちゃん(笑)

緒方くん他のお客さんにサヤちゃんの噂をちょろっと聞きます。

一回もお持ち帰りまで成功させたことないらしいよぉ

えっそうなんだ意外。びっくりしたとこんな顔で言っています。
おげれつたなか新連載 ネオンサイン・アンバー ネタバレ感想

緒方くんは思っていることが顔に出にくいんだけどそれは自分でも自覚しているようですね。

そんな緒方くんとは対照的によく笑うサヤちゃん。
そして仕事終わりに帰ろうとすると・・・ふざけんな!とまた女の子に怒鳴られているサヤちゃんを目撃してしまいます。

どうやらラブホに入ったはいいけどサヤちゃん逃げようとしたらしい(笑)

そんなサヤちゃんを最初はほっとこうとするんだけれど気になって介抱しようとする緒方くん。
そんな緒方くんの服に・・・リバースしちゃうサヤちゃん。

すいませんと謝るサヤちゃんをみてしおらしい・・・なんて感じちゃっている緒方くん。
ゲ●掃除はなれているからなんとも思わないらしい(笑)そうか仕事柄そうだよね。

そんな緒方くんはさっきのことをサヤちゃんにいいます。

てゆうかいいの?さっきの女の子のがしちゃって

いーし別に!元々エッチとかしたくなかったしー
え?ヤリ目でクラブきてんじゃないの?
とストレートに聞いちゃう緒方くんに目が点になっちゃうサヤちゃん・・・

ち・・・ちげーよぉ!ナンパはすっけど!なんてムキになって言っちゃうサヤちゃんかわいいです。

やりたいいんじゃないんだ・・・じゃぁなんで女の子とっかえひっかえしてるわけ?
女の子といっしょにいると なんか安心する

ちょっとサヤちゃんの表情がいろっぽい~。

なんだかんだで言い合いしている緒方くんとサヤちゃんですがちょっと緒方くん笑っちゃうんですね。
でもいつも無表情な緒方くんは自分でバレないかと思ってます。

そんな緒方くんに
あっ!笑うなムカつく!
とサヤちゃん。緒方くんもびっくりしています。

そして帰り際にこれからはあまり飲み過ぎないようにね。といって頭をクシャっとして帰る緒方くん。
サヤちゃんもときめいちゃった?これ・・・という表情しています★

そして緒方くんも・・・自宅で。。。

サヤちゃんのあたま 丸くてやわこかったな
な~んて思い返しています。

クラブで
気づくと手を振る2人。
なんだかんだで緒方くんの「表情」がわかるサヤちゃん・・・
緒方くんもサヤちゃんとのやり取りにちょっとほほを赤らめたり。

そんな時クラブでロッカーの鍵をなくしちゃったサヤちゃんがいました。
5000円かかるけど開けられるよという緒方くんに今お金もってないというサヤちゃん。

金欠だしロッカーに家の鍵とか携帯も入っているといいます。
そんなサヤちゃんに俺が建て替えるという緒方くん。本当はダメなんだけれど「特別」なんだそう。

立替るということで連絡先と名前を書いてもらうんだけれど、サヤというのは苗字だったんですね。
名前はマサキ。

緒方くんの名前も「勇介」だとわかります。ありがとね緒方くんというサヤちゃんに
勇介でいいよという緒方くん★

さらに2人は仲良くなっていきます。
もうクラブでもゆーすけって読んじゃってるしね。緒方くんはサヤちゃんなんだけど。

立替の件は・・・来月もお金ないというさやちゃん。
もうお金は返さなくてもいいという緒方くん。いつも来てくれるからいいというのですが
サヤちゃんは5000円分毎朝美味いモン食わせる!と言います。

サヤちゃんの実家は小料理屋さんのようです。
お店に行く途中で中学のことを聞くと俯いたサヤちゃん。何かありそうかな~。

髪の毛をくくって料理をつくるサヤちゃん。その姿を見つめる緒方くん・・・乙女です(笑)

一食500円分を毎日作るんだって★サヤちゃんの腕前はいいみたい!!!
うっ・・・まい・・・
って思っている緒方くんに

・・・うまい? うまそうな顔してたもん
とニコっと笑うサヤちゃん。

元カノにも「不味そうに食べないでよ」と言われた過去がある緒方くんはサヤちゃんの言葉に驚きます。

・・・俺、わかりにくくない?
と聞く緒方くん。

思っていることがあんま顔にでないみたいで 何考えてんのかわからないってよく言われる
サヤはすごいな なんでわかんの?


と聞く緒方くん。

・・・俺他人の顔色伺うの得意だもん

久しぶりの感覚だった 
この子が気になるもっと知りたいなんて思うのは


<感想>
これは緒方くんとサヤちゃんのプロローグですね~。
これからどんどん近づくんだろうけど、過去のこととかまだまだ出てきそう。

案外サヤちゃんは乙女だなぁというこのギャップがたまりませんね。

きっと緒方くん攻・サヤちゃん受ですな~。
10月号にものるかな??早く続きみたい★1食500円なら10日で返済完了かぁ~。
その約束が終わってからがどうなるかだよね。

面白かったです。表情が出にくい緒方くんと顔色伺うのが得意なサヤちゃん・・・。
いいように作用すればいいけど、きっと一度はすれ違うんだろうなぁ~。
顔色伺ってサヤちゃんが誤解しちゃうとかね。

どうなるかなぁ~色々想像できちゃうわ。

<作者のそのほかの作品>
    
関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 タグ
None