圭市のいる場所まで行った真悟。2人の関係は終わるのか!?気になる12話


今月の目玉はやはりクロネコさんだったかもしれませんね~。
やっと・・・・やっとです(´;ω;`)
いやっほ~い!!!なテンションになっちゃう回だったと思います。

ということで早速ですが感想を♪
というか・・・来月号がクライマックスのようですね。
クライマックスは超超イチャイチャしてくれないと私泣きます(笑)



電子書籍の配信は1か月後でしょうか・・・?

【アオリ】
ついこの間まで、この男が俺のものだったなんて。

信じられないくらい、美しくて、こわい、この男が。


以下ネタバレ含む感想になります。
3巻に収録されるストーリーですのでコミックス派のひとはご注意を!

真悟の涙

圭市に会いに行った真悟ですが、「なんの用?」と冷たくあしらわれます。
いつもの真悟ならばここで怒って「もういい」となる場面な気がしますが
今回の真悟は決心して来たのがわかるくらい自分をぶつけていきます。

圭市に会いたかったという真悟。その真悟になんで?と聞き返す圭市。

真悟は、ユージンから預かった指輪を差し出し・・・

兄ちゃんはつっかえして来いって言ったけど
俺はそんなつもりでここまで来たわけじゃねぇ


あんたの手から直接もらいたい だから来た。そう伝えます。

それを聞いて別れたのに?別れたいって言ったのは真悟の方だという圭市。
そして言います。なぜ気が変わったのか?と。
指輪を見てほしくなっちゃった?

なんだかここの圭市は好きじゃないですね。でも言いたい事もわかるんです。
圭市は今までどんな事でも許してきたし、頑張ってきたと思うんですよね。
いつもするりと逃げるのは真悟。

今回の事だって、真悟から別れたい、やっぱり無理だと言われたんですよね・・・。
なのに急に目の前に現れて、「指輪をもらいたい」だなんて。

嬉しいのだろうけどそりゃ文句のひとつも言いたくはなるよね・・・と。

ですが真悟はそのように圭市に言われ、涙を流します。

真悟は指輪はまだ見ていないし、指輪がほしいわけじゃないと。
そして、圭市の仕事の事など理解したつもりでいたけれど
今みたいな感じで圭市の自分に対する気持ちが薄くなっていって
終わりが来るのかと思ったらニオイがしなくなったと真悟は言います。

真悟がずっと言えなかった言葉

ここで、真悟は全部思っていることを言うのですよね。
今まで避けてた言葉。絶対言いたくなかった言葉を。

軽く扱われるのもいや、いちばんじゃないとイヤ、でもそんなことを考える自分もいやだと。

捨てんなっていうのもやだった

おそらくは、真悟の一番言いたくなかった言葉はこれだと思うんです。
「捨てるな」。

二度と言いたくはないと思っていた言葉。これからもこれは叶うことがないと思ってから
口には決してしなかった言葉。
それが「捨てるな」だったのでしょうね。今まで自分からこれほどまでに誰かにしがみついたことは
なかったのかも。もしかしたら過去にはあったかもだけれどちょっとそれはわからないです。

ですがその言葉を圭市に言ったということは、真悟にとっては
圭市がずっと一緒にいたい、大切な存在だと認めたことに同時になると思います。

別れても平気、そう思って過ごしてきたけれどそうではなかったということですね。
本当は平気じゃない、捨てられたくない。。。なんだかじ~んときました。

そんな真悟の心からの言葉が圭市に届かないわけないですよね(n*´ω`*n)

こんなふうに真悟を傷づけるようなこと またしてしまうかもしれない 
それでもいいの?


それに対し、真悟は意地悪言うな 

おれのこと 捨てんなバカァ・・・っ

圭市はそういう真悟を抱きしめます。

捨てない

もうこの時点でわたくし足ジタバタさせておりました(笑)

やっと・・・・・・望んでた2人に💛


そしてさらに真悟に言います。それでもまだ不安があるならば指輪を返してと。

実はこの指輪にはある仕掛けがあったのですよね。
この仕掛けは・・・・コミックスのお楽しみに~(n*´ω`*n)

二度と消えない僕のものだという印

指輪はこういう圭市の願いもあったのですね。。。ふふふ。
そして真悟はしっかりと指輪を受け取ります。というか圭市が指輪をはめてくれます。

ということで~、、、指輪をした時点でもう二度と離れたりしないということ決定ですわ★

圭市は指輪をはめた真悟の手にキス。そして・・・お口にも・・・・・・(*ノωノ)
はぁ~やっとです・・・本当につらい2巻を手にした皆さま~やっとですよぉ!!!

もうここからは甘々スタートです。。。ふふふ。もうこんな声が出てしまうほど。

これから初夜なので

そのまま圭市に抱きかかえられ退場していった2人。
ホテルでは・・・・指輪を眺める真悟💛

そこへ圭市が入ってくると消えていたニオイが復活します!
復活というか…今までよりも甘く刺激的なニオイ。

真悟もウズウズとしてしまうほどです。
もうねぇ~ここからの甘々は読んだ方がいいと思います(笑)

言葉にしちゃうとたぶんうまく伝わらないですね( ̄▽ ̄;)

とにかくとにかく!!!真悟が乙女です(笑)

でもでもただ気になった・・・真悟の胸がやけに膨らんでてリアル乙女ではないかと!!!
胸筋ありすぎじゃない?なんて変なところを見つけては突っ込んでしまいました。

いや・・・見間違いじゃないな~圭市の「ほかの誰ともしてない?」のとこのカット。
真悟おっぱいあるよ~(笑)

って思いだしたらすべてのカットがおっぱいにしか見えなくなって(;´・ω・)
というのも、そんな事を考えちゃうくらい最後の数ページは甘々できゃ~って感じだということです(笑)

次号はおそらく・・・思う存分いじめられちゃう真悟が読めるはずです。

それにしてもすんごくひつこくて申し訳ないけれど、読んだ人・・・あれはおっぱいに見えるか見えないか
できたら教えてください(笑)気になります!!!

ということで、長かった・・・本当に長かった暗い展開がようやく(´;ω;`)
2人がうまくいってチューしてるところを高見沢携帯で絶対写メとってユージンに送ってるよね。

次号は安心して甘々が読めると思いますので~甘々が大好きな人!!!
次号は買いですよ~💛

ランキングに参加しています。応援してくださると記事更新の励みになります(n*´ω`*n)
BLメモリー




関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ
 タグ
None