シェリプラスで連載中のBy My Side 第2話。右山視点のストーリー


第2話では高校生の時の2人のストーリーも盛り込まれてました。
そして右山視点ということもあり今回は切なさのあるストーリーだったように思います。

お前と出会ったのは 高校1年の春
あの日からずっとお前のことが好きだ


バイ・マイ・サイド第2話の掲載誌情報


今回の第2話はこちらで掲載されています。

Cheri+(シェリプラス)(20) 2016年 05 月号
新書館; 不定版 (2016/4/30)


※シェリプラスは電子配信されていません(´;ω;`)

バイ・マイ・サイド2話のざっくりとしたあらすじ


高校1年の時に初めて左京を見て好きになってからずっと想いを寄せている右山目線のストーリー。
どうしようもなく左京に惹かれてしまう右山の気持ちがすごく表現されているストーリーでした。

今回の重要なキーは手袋。

バイ・マイ・サイド第2話の感想は以下より。ネタバレ要注意!




出会った日から ずっとお前のことが好きだ


出会いは高校1年生の時。この時の右山が左京に目を奪われるカットがすごく素敵だし、左京のカットが実に色っぽくてきれいです。

好きな男に告白し、それがもとで友達が一人もいなくなってしまった中学時代。
そのことがあってか一人でいることになれ、誰ともかかわらないようにしてきたのかな?
裏庭でお弁当を食べようした時に左京と出会います。

左京はどこかつかみどころのない感じがよく出てていいです(笑)
右山が作ってる壁をものともせず超えてくるところとかね。
だから右山が左京に惹かれていくのもわかる気がするなぁと・・・。

きっと左京に変な壁がないから右山も隣にいることが心地よかったりしたのだろうなぁと(n*´ω`*n)

ですが惹かれ、一緒にいることで中学時代に味わった不安や恐怖が襲ってくるわけです。
左京は右山にべったりだから、ほかのクラスメートに「いつも一緒にいるよな」って言われるだけで身体が固まってしまったり。

でもそういうのも「そりゃおまえ左右コンビだからなぁ」ってさらっと受け流せる左京はスバラシイです!

でも右山は中学のようなことは繰り返したくない、気持ちがばれたらきっとそばにいられなくなると思って彼女を作ったりするのですよねぇ。
これが第1話で出てきた黒髪の口元にほくろのある女の子ですね(o^―^o)

  • 雪の日

右山と左京は一緒に帰っていました。彼女ができても右山は左京と優先なようです。
そりゃそうか・・・右山にとっては彼女は単なるカモフラージュ的なものだものね。。。

そして帰り道では・・・空から雪が。
寒そうにする右山に「恋人つなぎ」とかって無邪気に手をつなごうとする左京。
そんな左京の手を右山は反射的に振り払ってしまいます。

しまったと思って謝る右山ですが、こういうのもちょっと冗談交じりに
まずい雰囲気をひきずらないように対応しちゃう左京ってやっぱりすごいなあって読んでて思いました。
ちゃんとキャラが生きているというか!!!うまいですね見せ方が。

そして左京は寒そうにしている右山に自分が使ってた手袋をあげます。

その手袋に穴があいてて、もういらないから捨ててという左京。そんな手袋を大事そうに、うれしそうにもらうよ・・・といった右山がすごく印象的です(n*´ω`*n)

出会った日から ずっとお前のことが好きだ
叶うなら ずっとそばにいたい


そして時系列的には1話に戻ってきます。
左京のあのお方をペロペロしてしまった1話ですね。

酔った勢いでとはいえ・・・と後悔している感じです。

もう捨てなきゃと 何度もそう思ってるんですが・・・


職場にて。
右山の職場って花屋さんなんですね~。なんかイメージ的には左京のほうが花屋っぽい(笑)
左京はシェフの見習いっぽい感じでしたよね。

そこで披露宴用の装花について相談しにきた金子さんという人に、右山が持っている手袋のことを指摘されます。

あの雪の日に左京からもらった手袋は職場でまだ活躍してました(´;ω;`)

右山さん それずいぶん年季の入った手袋ですね
指先のほつれも繕ってお使いなんですか?


この金子さんのセリフから、右山がすごくこの手袋を大事に大事に使ってきてたというのがわかりますね。
そして右山の腰の道具入れに下げられている手袋も・・・指先が色あせてて左京からもらった時とは違う、年季の入ったような感じがよく表れててこういう細かいところ私すきだなぁ~と。
そう思ってたら次登場したときに手袋の指先の色あせあったりなかったり(笑)

右山は、その手袋を捨てられなくて。と金子さんに言います。

・・・もう捨てなきゃと 何度もそう思ってるんですが・・・
切ないなぁ~と。。。友達でいられればいい、自分が普通にしてたらきっとまだ戻れると必死に思ってる感じがね。

仕事から戻った右山は身体も心も疲れているのかそのまま寝てしまいます。

すると・・・「右山」と呼ぶ声が。
目を覚ますと目の前に左京が右山を見下ろしていました。。。

ここで次号です(;'∀')

上手いなぁ~ほんと次号めちゃくちゃ読みたい!!!!
左京はなんというか右山があれこれ考えてるのをいつもす~っと飛び越えてきちゃう感じがするのでこの状況もきっと左京はサラリとかわしていきそうですね。
左京が右山の部屋へ来たということは、右山が考えているよりも受け入れられているんじゃないかなぁと。

いやぁ・・・でもでも2人で合鍵もって勝手に部屋出入りするならもうルールシェアしちゃいなよ!って思っちゃいますね。
ふつう目を覚まして自分以外の人がいて自分の顔覗いてたら・・・・
私だったら家族でも「きゃ~~~~~~~~~~~~~~~~」って叫んでしまいそうです(笑)

すんごい状況だなぁ・・・ははは。

次号は9月30日発売の11月号らしいので、このバイ・マイ・サイドのお話しはちょっとあきます(´;ω;`)ウゥゥ
この状況で9月までお預けとは・・・・お忙しいのかな?
Cabの方のMODSが次号で最終話だからそのあたりの作業とかがあるのかな!!
最終話終わったらコミックス作業とかあるかもしれないしね。

そう思ったら年内にもしかしたらナツメカズキさんの2作目のコミックスが読めるかもしれませんね~。
シェリプラスも7月30日から隔月化されるし、今までのシェリプラスのペースよりも早く作品が読めるのはうれしいです。

コミックスになったら通して読むのも楽しみですね★

関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。