ディアプラス10月号掲載。テンカウント6巻収録ストーリーの感想


前回にあの元女子高生(植田)が出てきてこの先の展開気になってた人多かったと思います!注目は黒瀬くんのこの女性に対する対応ですよね!!!今回も16Pという短さではありましたが、きっとスカッとした方多いのではないでしょうか(n*´ω`*n)読み終わった後に黒瀬君が黒瀬君だったのでテンション上がりました( ̄ー ̄)b

テンカウント コミックス情報





テンカウント35話の掲載誌情報


ディアプラス10月号Dear+(プラス) 2016年 10 月号 [雑誌]
新書館; 月刊版 (2016/9/14) アマゾンで詳細をみる

電子書籍

来月(10月に配信されます)現在は9月号配信中





テンカウント35話の感想は以下より。ネタバレ盛大ですのでご注意ください。


テンカウント6巻に収録されるストーリーです。コミックス派の方はご注意ください。また、ネタバレ不要な方もご注意を!感想はネタバレ盛大です。。。
煽り

その視線の先には・・・・



城谷くんです( ・`ー・´)  あっ言っちゃった。。。。(笑)

年の差考えてよ植田さん・・・


冒頭からキャピキャピしている植田さんを見て若干イラ・・・っ。

わぁ このビルの上にこんな素敵なカフェがあったのね


(人•▽•♡) ステキ!(植田さん)これみたアタクシ➡눈_눈(・・・)

やっぱり一緒にくっついてきてましたねこの人!!!全く空気読みなさいよ!!!そして上から目線で言うんです。

ただく・・・城谷くんが
こんなお店知っているなんて大人になったのね



このセリフに城谷さんもはは・・・・って愛想笑いするしかないですね。そしてどうしてこの植田さんがついてくることになったのか・・・いきさつの回想が入ります。

「お茶くらいおごらせてほしい」という植田さん。城谷さんは全く気が進まないのですが、何も知らない黒瀬くんは「予約しているお店に向かう時間まで」ということで一緒にお茶をすることになったようです。

城谷さんも黒瀬くんが自分の様子を伺ってくれていることなどをかんがえ、あまり拒否したら不自然か・・・と思いおっけーすることに。

それに予約の時間までという事であれば、お店の時間が来たら強制的にバイバイできるのでそれもあってオッケーしたようです。

歳の差考えようよ植田さん!!


もうね~ほんと黒瀬くんに近づきたいアピールが凄いですね彼女。。。やたら身を乗り出してきている気がするし・・・と城谷さんが思っているけど勘違いではありませんヨ。もうもう読みながらイライラしちゃうくらいのアピール!

予定より早めに切り上げてやる


のイライラ城谷さんが新鮮でちょっと良かったです。イライラしちゃうよねこういうの!

お決まりでしょうか?とウェイターに聞かれ自分の注文をさっさとする植田さん。黒瀬くんは自分の注文をしてちゃんと城谷さんにも聞くのですよね。ここの違いよ!!!

城谷さんは黒瀬くんと同じくアイスブレンドを頼んだのですが、この時に「俺もそれでいいですか?」と疑問形を使ったんですね。これは城谷さんはカフェでまだ飲むのに抵抗があるので黒瀬くんに飲んでもらうつもりでいたようです。

なので黒瀬くんに問いかけの疑問形ですね💛黒瀬君も当然のように「はい」って言っててちょっと萌え。

そして城谷さんは黒瀬君の紹介を植田さんにします。

「友人」って紹介していましたね!そして次は植田さんの紹介を黒瀬くんに。

「小さいころ地元で交流があった・・・植田さん・・・」と。

そして植田さんはペラペラ自分のことを話します。城谷さんは植田さんに何か言われるのではないかと気が気でないようですが、もう大人だしさすがに変な事は言わないよな?と・・・。

この人俺より黒瀬くんに興味がありそうだし



挙動不審な感じの城谷さんとは対照的に、黒瀬君は落ち着いて対応していて貫禄あるなぁと感じました。どんなお知り合い?と聞かれて慌てる城谷さんの横で「もとは城谷さんの会社の人と俺が知り合いで・・・」と。

これに対して心の中で突っ込んでいる城谷さんが面白いです(n*´ω`*n)会社の人っていうか・・・社長ですからね(笑)

そして植田さんは黒瀬くんの職業を聞いてきます。いるいる・・・すぐ職業知りたがる人!

俺は心療内科の診療心理士です



へぇ~なんだかかっこいい~なんて言ってる植田さんを横に(黒瀬さん黒瀬さんって・・・)ってちょっとムスっとしている城谷さんがかわいいです。なんか今回は城谷さんの色々な顔が見れますよ。展開的には植田さんがいるからイライラしちゃうけれど、黒瀬くん取られた感じでちょっと嫉妬してる城谷さん・・・いいです!

そしてその診療心理士と言うのを聞いて植田さん。

そういえば―城谷くんの家にも昔
心療内科系の本が置いてあったことあったよね



あれはお父さんの城谷先生が買ってたのかな?手洗い良くする城谷くんを心配してて・・・と。ハイここで何気に家に行ってましたアピール。そしてお父さんと親密アピールですね。。。

だから今は立派な社会人やってて安心しちゃったって言う植田さんに、うつむきぎゅっと手を握りしめる城谷さん。

そんな城谷さんの様子を黒瀬くんが見逃さないワケないですよね。しっかり見てました(n*´ω`*n)

黒瀬くんは 父の代わりじゃありません


久々に過去に引き戻されそうで吐きそうな感覚になる城谷さん。でも黒瀬くんとのことを必死に思い出し、

俺だって 少しは前に進めたんだ
戻りたくない



握りしめた手を放し、植田さんにしっかりと自分の言葉で伝えます。

―あの頃よりは俺も少しは大人になったので

それに今はいつも黒瀬くんが支えてくれますから



この言葉に「わぁすごく仲がいいんだ素敵」って思ってもないような事を言う植田さん。。。なんかねぇここのやりとり・・・本当に30代の人がするやり取りだろうか?と。。。やっぱり植田さんに対して嫌な感情があるから城谷さんも昔に引き戻されちゃいそうになるんでしょうね。植田さんの上から目線のセリフもちょっと鼻につきます。。。

黒瀬さんが今は城谷くんのお父さんみたいな感じなのかな



これってね~ようは「今執着しているのは黒瀬くんなのね?」って言っているんでしょうね・・・。

その言葉に、普段は飲めないカフェのドリンクを手に取り、ゴクゴクゴクと飲み干す城谷さん。その様子をみて黒瀬くんも驚いています。

黒瀬くんはっ・・・
父の代わりじゃありません



興奮した城谷さんはちょっとお手洗いにと言って席を立って行ってしまいました。城谷さんのところへ行こうとする黒瀬くんの手に植田さんは手をのせ、
ただくん昔からああいうところが可愛いんですよ」と。

これやっぱりこのセリフって・・・・城谷さんをいじめて楽しんでたパターンですよね?

すごく甘えん坊で小学生の時お父さんにベッタリだったんですよ
ちょっと怖いくらいに



アナタも怖いけどね!って突っ込んでしまいましたわ。そしてそういうのは女の子ならわかるんだけれど彼はもういい大人なのにかわいいと。それだけ「黒瀬さんが頼りがいがあるってことなのねっ」て・・・・。

でももし そういうのに疲れたら
いつでも飲みに誘ってくださいね



今度は大人二人で飲むのも楽しそうだという植田さん。

その言葉にニコっと笑う黒瀬くん。その顔にワタクシ彼女はドキっとしてしまいます。

そして・・・黒瀬くんは植田さんに顔を近づけ耳打ちをします。
「俺」

会ったその日に股開きそうなビッチは
好きじゃないんですよね



((o(>皿<)o)) キィィィ!! ってなってる感じの植田さんの顔みて・・・スッキリしました(笑)

黒瀬くんはそして言うのですよね。もっと食べられる前みたいに警戒心でびくびくしてくれないと・・・・って。フゥ~植田さんとはぜ~んぜん違うからね!!!さすがです黒瀬くん。

ここで次号です。

テンカウント35話のまとめの感想


きっと35話を読んで黒瀬くんイイヨ~!!!って思った人多いと思います。あのすました顔した植田さんの最後の顔!!!この顔をぜひ城谷さんがいるところで見せてあげてほしい。。。

そしてトイレに行った城谷さんは大丈夫なのでしょうか?(;´・ω・)コーヒーも飲んじゃったし・・・

次回はそんな城谷さんを迎えに行く黒瀬くん・・・でお願いします。
でもねぇ~植田さんってこんな事言われたら余計に燃えそうだと思いませんか?余計に城谷さんより自分を!って振り向かせたくなるタイプだと思うんです。そしてそれは城谷さんが悲しむ事だからね・・・。その顔を見たい!ってなっちゃうかもしれません。
なんだかまだまだ登場してきそうかなぁって思ってしまいました。黒瀬くんを落とせないなら城谷さんに何かを吹き込んで落ち込ませそうですよね。またお父さんの時と同じように、黒瀬くんと会っている場面とかを目撃させたりして・・・・・・・・。

今後の展開ですが・・・やはりお父さん出てくると思うのですよね。家に本が置いてあったと話していたのでやはり同棲っぽいのはしていたのかもしれませんね?次回もお名前があったので早く植田さんが消えていってくれるように願うばかり。散る時はヒール役らしく盛大に散ってほしい!!(笑)



テンカウント5巻の感想はこちら。

関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。