コミックスの感想

【俺たちは運命力が足りない】藤峰式/BLコミックス-あらすじ・ネタバレ感想/オメガバースBL

もはや作家買いの藤峰式さん。なんでしょ、コミカルでサクサク読めるのがお気に入りの作家さん。

今回はラブコメ感は普段よりも控え目な印象でしたが、とても面白かったです。

今回はオメガバースBL。

一生懸命で健気さのあるオメガとスパダリ感満載なαの運命の出会い!?という感じでした。

基本的に藤峰式さんの作品は・・・安心して読めます(笑)好みはもしかしたら分れるかもしれないけれど、私は大好き。

絡みの方は普段よりはすこ~しだけ控え目だった印象ではありますが・・・それでも多いです( ´艸`)。

 

作品の内容紹介/テイスト・満足度

内容紹介

6人兄弟の長男・深草利勇(ふかくさ りゆう)はΩで、事故で他界した両親の代わりに家族の暮らしを支えている。
「運命の番を見つければ人生が変わる」
そんな怪しいウェブサイトを見つけた翌日、なんとサイトの予言通り、
利勇の前にエリートリーマンα・晴海丈(はるみ じょう)が現れた。
本能的に惹かれ合った二人はさっそく番になるため行為に及ぶが、どうしてもチ○ポが挿入らない!
そして例のサイトには「番になれない場合、2人とも死んでしまう」と書いてあって――!?

ストーリー
胸キュン
切なさ
エロ
満足度
藤雪の評価

【俺たちは運命力が足りない】感想/あらすじ・ネタバレ注意

読んだ感想としては、受のキャラがすごく好きでした。受がわりと個性が凄く強い分、訳ありな攻だったのですが喰われた感じになってしまったかな?と。

でも二人とも出会ってすぐに惹かれあってイイ感じになってくのは面白かったです。

藤峰式さんの作品はわりとコミカルさがあってサクサク読めるのですが、今回もやや重ためな雰囲気はあってもサラっと読めたのは良かったです。

運命の番

両親が他界してしまい、一家の長男として頑張っているオメガの主人公・利勇(りゆう)。

この作品は彼の奮闘記でもあったかな?という印象。もちろんαの方にも事情はあったものの・・・今回はオメガの方がキャラ的には強烈だったかも!

そして・・・「運命の番」探しというのもマッチングアプリを使うというのが時代に沿ってて面白いなと思った点です。

それにしても・・・オメガバースでまさかのT子入らない事件・・・新しすぎます笑

お初にしてもαの方に理由があったとしても・・・オメガバースでT子が入らないというのは初めて( ´艸`)

このT子がお邪魔しま~す!というのがラストの方はかなり新しいですが、αのほうの気持ちも関連していたというのは個人的にはポイント高かったです。

だって、好きとか嫌いと関係なくフェロモンによって左右されてしまうのがオメガバース。

その原理も踏まえつつ、尚且つ合体にはお互いの気持ちが重要だったという感じのテイストなので、もしかしたらオメガバース苦手という人にも読みやすく納得しやすい作品かもしれません。

合体はできないまま、お互いの気持ちが育っていくのでそれはそれでキュンがいっぱいです☆

運命の番は1ヶ月以内に関係を持たないと死ぬ

これは受がネット検索でみつけたものではあるのですが・・・【運命の番は1ヶ月以内に関係を持たないと死ぬ】というのがあり、それを回避すべく受が頑張ります。

ですが・・・いつもいつも痛くて最後まではできません。

これは気持ちが育っていないからなのうか?と考えたのですが・・・理由は違うところにあったのですよね。

攻くんは過去に親友を事故で亡くしているのですよね。その事故というのが攻が関係していたようでずっとそれを抱え込んでいたみたいです。

その出来事が【幸せになってはいけない】という呪縛となって攻を縛り付けていたようです。

合体できないのは、受がおかしいのかな?都最初は思っていたけれど、意外や意外、、、本当の真の部分では攻の気持ちの方が関係していたというのが面白い。

1ヶ月以内に・・・という気持ちばかり焦っては行くのですが、その中でも健気さのある受くん・・・可愛かったです。

この作品もオメガバース!

俺たちは運命力が足りない

最初このタイトルを見た時に、どういうこと?と思っていたのですよね。

でも運命力、というのは運命の番として出会った二人が合体できないことについてのことだったと。

両親の死や過去のことも色々あった二人ではあるのですが、それでも周りのせいにしない受くんは素晴らしい。そういう姿に攻くんも救われて惹かれていったように思います。

結局は、何があっても離れず惹かれ合って頑張った二人はとても運命力が足りなかったとは思えませんけども( ´艸`)

攻くんの過去ですが。。。こちらはあっさりと流れてしまってその辺はちょっと残念でした。

親友の死、その彼女からの言葉がトラウマになっていたようですが・・・この親友との関係をもう少し読んでみたかったなぁと思いました。

そして・・・攻くんと受くんが会うことになったきっかけを亡くなった攻くんの親友が後押ししていた、というラストの含み。。。

これがえぇぇぇ~~~~そういうオチ!?って思ってしまいました。

それならばもう少し、攻くんサイドのお話をもう少し濃く読んでみたかったです☆

そこがもう少し物足りないかな?と思った点でした。でもやはり藤峰式さんのBLマンガは楽しめる漫画だと思います♪

感想・まとめ

藤峰式さんの作品なので、基本的に安心して読めます☆

ほどよ~くすれ違うけれど実はラブラブみたいな展開が多いので、オメガバースで切なすぎるのはムリ・・・という人には超オススメ。

個人的には絵柄も好きで、攻の絵柄が特に好きです( ´艸`)

今回も安定の楽しさでしたので気になる人は是非♪

電子書籍

【俺たちは運命力が足りない】電子書籍

売れ筋ランキング(Renta!)

10月のオススメBL作品 ベスト5

【1位】秋山くん【新装版】4/のばらあいこ

先輩後輩BL・ワンコ攻/HertZ&CRAFT

完結巻です。秋山くんと柴くんの超ハピエンで終わっているので是非とも読んで欲しい。

読んでてほっこりするし、キュンいっぱいの作品です。

【2位】狼の花嫁 4/りゆま加奈

民族BL/ダリアコミックスe
4巻はアズラクに持っていかれる展開です。ゼスとルーイは離れたままですが、魅せられた4巻でした。

【3位】東京 ─四季─ 上・下/ハル

オムニバス/HertZ&CRAFT

3カプのお話が上下巻で読めます。なかなかシリアスなものからほっこりするお話まであって飽きないお話でした。(ただし好みは分かれるかも!?)

【4位】明日はどっちだ!8巻/山本小鉄子

幼なじみBL/HertZ&CRAFT
これも鉄板ですね。安心してキュンキュンしながら読める作品。

【5位】【新装版】兎オトコ虎オトコ4/本間アキラ

ヤクザ×医師/花丸漫画
抗争に巻き込まれていくのですが、すごくハラハラどきどき。先生と野浪の恋の行方は・・・どうでしょうか。早くラブラブして欲しい。。。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想
-, , , , ,