コミックスの感想

百瀬あん【愛されたがりのサーフェイス】BLコミックス(ネタバレ注意)感想

【愛されたがりのサーフェイス】コミックス版の紹介です。バラ・単話配信で読んでいた作品のコミックス版が出ました。

この作品はバラ/単話配信で読んでたのですが、業界BLでヤリチン系か・・・と思わせてからの一途攻にやられました。

そして受くんがとてもピュアというか透明感のある子でお気に入りです。

【愛されたがりのサーフェイス】作品紹介

コミックス版

作家百瀬あん
出版社/レーベル東京漫画社/マーブルコミックス
発売日2020/07/20
満足度・オススメ度

内容紹介

内容

若手俳優の比留間 樹は、憧れていた年下の人気俳優・春日井 圭と兄弟役として共演することに。 役作りのために撮影期間は同居することになった二人だが、 爽やかで品行方正だと思っていた圭の素顔は、 誰彼構わず寝てしまう遊び人だった…!! そんな圭を「兄らしく」諌めようとするも、 圭に「樹さんが俺を更生させてよ」と襲われてしまい?! 俳優同士の誰にも秘密vなスキャンダラスなラブ!

全体評価

ストーリー
胸キュン 
切なさ 
エロ 

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。

【ネタバレ注意】【愛されたがりのサーフェイス】あらすじ・感想

あらすじ

人気俳優の春日井 圭と兄弟役をすることになった樹は、役作りのため同居することに。

圭はかなり素行が悪く、要注意とマネージャーに言われるのですが・・・圭に「樹さんが俺を更生させてよ」と言われて関係を持ってしまいます。

そこから奇妙な関係が続いて・・・!?!?

最初は更生させるためにと体を張ってた?樹ですが、いつしか圭に惹かれるようになっていきます。

でも、自分を役に推したのは圭だと知ってしまった樹。推しておいて何故知らないふりをしていたのか・・・そこには後ろめたいことでもあったのかと考えてしまいます。

ここでショックを受けた樹は、こんな関係はもう止めようと言って・・・・

樹は圭の事は何もしらなくて、もし圭に【好きな人】が出来たら送り出さないといけない。勘違いはしたらいけないと言い聞かせるための【こんな関係はやめよう】と言ったようで・・・

そこから1ヶ月ほど圭から連絡がなく、そんな時に樹にマネージャーから電話がかかってきます。

圭が渡米すること、そして芸能界引退も視野に入れていると言う事。それを聞いた樹はいても立ってもいられず空港へ向かいます。

空港では、圭の姿が。

圭の口から本当の事が語られて・・・・!?

感想

今回は業界BLでした。人気俳優の圭がけっこうヤンチャで、遊び人だから樹に手をだしてそこから恋に発展するかと思っていました。

最初はそんな感じで展開していくのですが、あとから実はとても一途な子だとわかってキュン。

圭に振り回される樹は少し不憫だなぁとは思ったのですが、樹の気持ちもその間に徐々に育っていったようで良かったです。

もともと圭のファンだということもありましたが(*^_^*)

でも圭の方が早くから樹の事を知ってて、気になっていたんだなぁと思うとキュンキュンしますね。

エロは、基本的に遊び人の圭の相手をするのがはじまりなのでそれなりに多いです。

これもラストまで読んでからまた改めて読み返すと・・・圭は自分の性欲を発散するために寝ていたわけなじゃいんだなぁ~と思うから、違う見方ができて面白いです♪

一読してから読み返すと、けっこう圭➨樹はわかりやすいかも( ´艸`)

ラストの初めて出会った頃の話は・・・確かに圭にとっては衝撃的だったでしょうね!

ウソを見破られたんだから(*^_^*)

それがあって今の圭がいると思うと・・・けっこう感慨深いです♥

あとは・・・マネージャー同士の関係がものすごく気になります(笑)いつかスピンオフで読めたらいいのですが・・・

まとめ

内容的にはさらっと読める内容だと思います。

圭と樹の間に誰かが入ってきて引っかき回すってこともないので、エロいのが大丈夫であれば初心者さんにも読みやすいと思います!

絵柄も素敵で、ちょっとずつ二人の接点が明かされていく展開は面白かったです。

ドロドロな感じが好きな人は向かないかもしれませんが、遊び人だと思ってた人が実は一途に受の事を想ってた!というどんでん返し一途愛が好きな人は気に入るのでは!?と思いました。

気になる人は是非チェックしてみてください♪

最近はお名前みるとポチっちゃうので、作家買いになりつつあります(≧∇≦*)

電子書籍

コミックス版

 
 
 
 
 

こちらも気に入って読んでた作品

 

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想
-, , , , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5