コミックスの感想

【不遜な恋愛革命】BL小説のコミカライズ作品/BLコミックス感想

人気のBL小説のコミック化。オリジナル番外編付きのレビューです

 

著者・香坂あきほ 原作 青野ちなつ の不遜な恋愛革命 を読みました。サンプルで面白そうだから購入したのですが・・・

 

 

正直読んで損したなぁ~という作品でした。辛口でごめんなさい。

 

設定はトップモデルとハーフの子とのおはなし。ハーフの子といっても格式高い家の子で後妻の子。

 

家では風当たりの強い生活をしていたんだけれど、モデルの泰生と出会ったことで生活が一変します。

 

 

だけれどなぁ~よくありがちなパターンもそうだけれど読んでて全く感情移入できないのよぉ。

 

小説ではすごい人気のようですが・・・・

 

 

俺様のモデルくんなんですけどねぇいいのよバイでもなんでも・・・でもなんで急に執着してるのかもわかんないし、

 

おねえちゃんもなんだかんだいってあっさりだり・・・

 

 

コミックなんだからもっと人物を効果的に表現してほしかったなぁ~。

 

 

ストーリー構成があまり上手とはいえないし、絵もなんだかちょっとね。。。ということで私の好みな感じではなかったです。

 

そう思うとくちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~は完成度高いですね。

 

小説も文句なしで面白くて一気読みしました。コミック⇒小説をよんだけれどきちんと小説読みながらコミックの人物が動きましたしね~。

 

今回も小説を読めば評価かわるのかなぁ~。

 

今回のこの作品は・・・48時間レンタルがあればよかったなぁという感じです。

 

 

 

 

 

不遜な恋愛革命 

 

<内容紹介>

 

万引き犯に間違われた高校生の潤を助けてくれた、傲慢オレ様なトップモデルの泰生。特殊な家庭でひとりぼっちの潤には、乱暴な言葉遣いとスキンシップで自分を振りまわす泰生の強烈なオーラがまぶしくて、ドキドキして……。B-PRINCE文庫で絶大な人気の甘々シンデレララブ小説がオール描き下ろしでコミックス化!! コミックスオリジナルの番外編つき!

 

 

(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)

 

 

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想
-

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5