BLメモリー BL漫画感想ブログ

おすすめBL漫画の感想を書いています。BLコミックスのネタバレがあるのでネタバレ不要な方はご注意ください。

BLを読むのにオススメ電子書籍サイト

Renta!


BLコミックスが豊富。バラ売り・単話売りも早い!

BookLive!


よく利用している電子書籍サイト。クーポンガチャで毎日割引クーポンGETして★

eBookJapan


まとめ買いにお得な電子書籍サイト

ひかりTV


ポイントバックがけっこうある。BLにチカラを入れてる気がする!

ねこ田米蔵

ねこ田米蔵『魅惑仕掛け甘い罠』第2話の感想(ネタバレ注意)

投稿日:2016年11月2日 更新日:

オネェな攻めにハマリそう!ビーボーイゴールド12月号掲載分の感想


本当にこれ面白いです!エロエロだけじゃなくって、心理戦がたまりません。やっぱりねこ田米蔵さんだなぁと思うようなストーリー展開!一筋縄ではいかない感じにワタクシもハマってしまっています。

ねこ田米蔵/新刊コミックス情報




魅惑仕掛け甘い罠 第2話の掲載誌情報


ビーボーイゴールド12月号BE・BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2016年 12月号

リブレ; 隔月刊版 (2016/10/28)

今回はヨネダコウさんが表紙!そしてポスターが付いてきてましたヨ💛

 




 




魅惑仕掛け甘い罠 第2話の感想は以下より。ネタバレ注意!


まだコミックス化されていない作品です。コミックス派の方、ネタバレ不要な方はご注意ください。これより下はネタバレ盛大です!


本当は気を許せる相手!?


今回もドタバタもどかしい展開でしたね。わたる・・・振り回しているつもりが完全に振り回されちゃっておりますヨ。
しかし蜂鳥さんイケメンすぎる。。。。本当にねこ田米蔵さんの絵がきれいでキュンとなります。真矢とはまた違った雰囲気でいいなぁ~。
個人的にはこのつかみどころのない蜂鳥さんのキャラものすっごく好きです。

さて、、、今回は前回蜂鳥のうわさ(ノンケ食い散らかし!)を聞きとにかくイライラしちゃっているわたる。
なのですが・・・・だんだんと蜂鳥さんに踊らされている気が・・・・(笑)

それでもわたるには「愛想笑いは疲れる」とぽろっと本音が言えたりするのかな?と思うとそれだけでキュン💛

そして前回、蜂鳥と一緒にいた男性は社長だったんですね!!!社長に嫉妬しちゃったわたるはなんだか恥ずかしくなります。

が・・・

「なんか興ざめだな」

ゲイアレルギーだからどんなもんかと思ったケドずいぶんチョロいのねという蜂鳥。もう少し楽しめると思ったのにシラけちゃったと。。。この言葉に怒り心頭(笑)

それと同時にかなりショックをうけたようです。

ほらやっぱり・・・俺の事スキなんじゃん


会社では、数日蜂鳥の姿が見えず、心配する社員。
わたるは言われたことのショックからまだ立ち直れていないのか(笑)「俺には関係ないしどうでもいい」と答えます。

「このまま出社しないほうが平穏でいいです」

と言いながらじわりと悔し涙出してる姿がすっごくかわいい(n*´ω`*n)すごく大人びた蜂鳥さんに子供メンタルなわたるの凸凹感がこれまた面白いんですよね!!!

「あまりそんな風に言っちゃダメだよ ハッチさんなりに雨深くんの事気にかけてくれてるよ」

わたるが入社するまでは週一くらいしか顔だしてなかったと伝える社員さん。⇦前回も出てきてたけど名前忘れました(笑)

それを聞いてわたるは・・・・

(・・・ほら やっぱり・・・)
(俺のコトスキなんじゃん・・)

だけれどどうしていじめたり嫌な事を言ってくるのか意味不明で理解できない様子。

そして相談は・・・・やっぱりトミ子さんのところですね(笑)なのですが・・・・トミ子さんのお店でまたまた蜂鳥と関係があったっぽい男の子と会話をして荒れちゃうわたる・・・・(;´・ω・)

「ホントにブラックホールじゃねーか・・・信じらんねー・・・」
「なんであんな奴に俺のケツを・・・」


ただの欲求不満で魔がさしただけ


翌日、蜂鳥が会社へやってきました。企画書を見せたわたるはこれまたボロカスに言われてしまいます(笑)
「シラケちゃった」発言を根に持ってるわたるは、アンタのこと好きじゃねーし!!!と言い返します。

「ただの欲求不満でちょーっと魔が差しただけで誰でもよかっただけだからな!」と。うぬぼれてカンチガイしてるあんたの方がよっぽどチョれぇんだよ!!な~んて言っちゃいます(笑)こういうところもなんだかお子ちゃまっぽいですよね。。。

「・・・・・ふぅん・・・・」「・・・・で?」

これに対してわたるは「今晩デリヘルを頼む!」とわけわからぬことを言ってます(笑)蜂鳥も「は?」ってなってますがこの返事は正しいと思います(笑)ワタクシも・・・「はぃ?」ってなりましたから。

「かわいい女の子のおっぱい揉んで俺は理性を取り戻す!」だそうです!!

そういって出て行ったわたるですが、蜂鳥さんはなんだか楽しそうにふっ・・・と笑っていました。

ここでもお預け~


さて・・・本当にデリヘル嬢を頼んでいるわたる(笑)かわいい子がやってきて舞い上がっていますが、なんとその後ろには蜂鳥が。

「ゴメン 俺たちゲイなんだ」

と言って女の子を返しちゃいます。なんで・・・と驚くわたるに、「言ったじゃないか欲求不満だから誰でもいいって」と・・・。

「だから俺がしてやろう ご奉仕」

この蜂鳥のギャップがたまりませんよね。オネェ言葉話すんだけれど「俺がしてやろう」とかって上から目線だったりするんですよね(n*´ω`*n)そしてこのプレイがまたね・・・・・エロ・・・・。

ねこ田米蔵さんのエロってすごくエロいんですけど、今回は指とか言葉とか、手の動きとかそういうのでとにかくエロいんです。
最後までやっていないと言うのに・・・このエロさを演出するのはさすがですヨ。。。

ただ・・・・ただねぇ~T子の描写がもったいない!!池玲文さんの作品は短冊修正だったのにこの違いはなんだろう?
ねこ田さんもわりとしっかり描いている印象だったのですが。。。トーン貼り(縁が描かれてない)T子でしたね!

蜂鳥さんの汗のかきかたが尋常じゃなくてですね・・・・スリスリ指をしているだけでも汗ってかくの?ガマンしているから汗かいていると思えばかなり萌えるのですが(n*´ω`*n)でも一か所蜂鳥さんのT子もおっきしてる感じに見えるカットありましたよね???

それは置いといて・・・・いやぁエロかったです。楽しいこういうのもたまには(n*´ω`*n)蜂鳥さんのSっぷりが拝めました!

結局ぐっちゃぐちゃに泣かされてしまって・・・・・・・・(カワイイ♥)

事後・・・わたるは最後までしてもらえなかったことでモヤモヤしているんです(笑)でもね、蜂鳥さんは言います。

「デリヘルは本番禁止だろ」

一応デリヘル役だったのね・・・(;'∀')

「なんで・・・イジワルばっかすんの・・・?」
(アンタに優しくされたら・・オレは本当はチョロいと思う…―)

このね・・・問の返事がこれまた面白かったです。。。

「小動物を・・・」

手の中で撫でまわしてかわいがっているとだんだんたまらなくなってきて・・・・という蜂鳥。

「このままめいっぱい力を込めたら・・・この子はどうなるのかしら…―って思うコトない?」
「そんなカンジ。」

キュートアグレッションというやつですね~!!!!ふふふ。
そういっているという事は、とにかく蜂鳥さんの中ではわたるはかわいくて愛おしい存在なのだということなのでしょうね♪

感想・まとめ


面白い!!!早く次回が読みたいです。今回もちゃっかりわたるのデリヘル阻止しているのには萌えましたが、もっと蜂鳥さんが必死になる姿もみたいなぁ!!!なんだかわたるがドタバタしている感じが目につくので次回からはちょこっと蜂鳥さんの焦った姿も見てみたい。

ゴールドさんの中ではお気に入りの作品になりましたヨ。どうなるのかなぁ~この2人。なんだかんだ言ってこの2人が結ばれるのは最後のほうになりそうかな?

それにしても蜂鳥さん色っぽすぎる~~💛

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

キャンペーン・無料で読めるBLコミックス情報

のお気に入りBLマンガ(電子配信)

【ドラッグレ・スセックス 辰見と戌井】エンゾウ

辰見と戌井
戌井の強引な押しに負けて付き合い始める二人だが… 前作【ドラッグレス・セックス】に読み切りで登場した辰見&戌井のその後を描いた待望のシリーズ続刊!! もうすっごく良かった!!!エロイけどストーリーもしっかりあって、フェロモン症っていう題材もうまく調理されててエロさのある純愛!みたいなのがとっても良かったです。 辰見の相手が戌井で本当に良かった(*^_^*)

【トワイライト】西本ろう

家にも学校にも居場所がなく、いつも一人で過ごしている高校生の陽平。そんな時、同級生でサッカー部エース・稜と出会い、二人は次第に惹かれ合うが…。 ある事がきっかけでいろいろと世界が変わってしまった二人。でも気持ちは一途でそこがとても感動しました。 西本ろうさんのデビュー作ということなのですが、ものすごくクオリティ高く読み手を満足させてくれる作品だと思います。

コヨーテ2 (座裏屋蘭丸)

コヨーテ2
君に出会った時から 僕は恋に狂っている コヨーテの発情期がきっかけで深く結ばれた2人だが、それを余所に人狼とマフィアの抗争が激化していく。 そして、ついに人狼達はマフィアの解体に動き出すが、コヨーテに再び発情期が訪れて――。 本当に切ない。ロミジュリ愛だけれどその先には希望の光があると信じて読み進めたいなと思うような作品。 絵柄・ストーリーとも文句なしの作品だと思います。

-ねこ田米蔵

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.