バラ・単話BL感想

両片想いBL【嘘つきのアトリエ 】衿先はとじ/BL漫画感想【ネタバレ注意】

【嘘つきのアトリエ】はまだ連載中の作品です。作品が配信されるごとに感想を追記していきます。

最新話はvol.5

ふと表紙に惹かれて読んでみた作品です。衿先はとじさんの作品は読んだ事がなかったのでコレは初。

絵柄もなかなか魅力的で、少し切なさのある作品がぴったりな作風だなぁと思いました。両片想いなので早く誤解というか・・・気持ちが通じ合えばいいのですけどね。

5巻まで読んでいますが、お互い気持ちは向き合っているのに相手が自分の事と好きだなんて思ってもいないというじれったい展開です!

【嘘つきのアトリエ】作品紹介

内容紹介

咄嗟の嘘からセフレになった、新鋭画家×元絵描きのすれ違いBL 小田若葉(おだわかば)は、老舗の上田画廊でスタッフとして働いている。 その上田画廊の専属作家・上田紅太(うえだこうた)は、美大時代の同級生で、憧れで、若葉が絵を描くのをやめた理由だった。 紅太の個展の準備に追われていたある日、疲れで朦朧とする意識の中、タガが外れて若葉は紅太とセックスをしてしまう。

ジャンル/テイスト/評価

ジャンル 両片想い/業界(絵描き)
ストーリー
胸キュン
切なさ
エロ
藤雪評価

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みます

 

【嘘つきのアトリエ】感想レビュー

注意ポイント

「嘘つきのアトリエ」の1話~3話は、著者の同人誌「アトリエ」を加筆修正したものです。 ※また、「嘘つきのアトリエ」はWEB雑誌『Charles Mag』に収録されているものの単話配信です。

同人誌のお話だったのですね!

もしかしたら終ってからどこかで続編とかそういうのも出るかもしれないのでチェックしておかなくては。

好き同士なのに最初で躓いた感じがあるのでズルズル・・・という感じですね。

切ない~。

どちらかが気持ちを言えばまるっと収まるような気もするのですが。。。

なかなか上手くいかないのでやきもきしながら見守るのが・・・面白いです。

両思いでありながら、セフレになってしまった二人。

順番を間違えてしまったためにズルズルとはっきりしない関係が続いていきます。

いいクッションになっているのが攻の双子の弟・蒼太。

彼が今後も色々とキーパーソンになってくるに違いないですね!

二人の関係は一度壊すか、誰かが間に入ってどうにかするか・・・ とにかく変わるきかっけがないと今は難しいのかなぁと思います。

みどころ① ものすごくはっきりした両片想い

順番すっとばしてセフレになっちゃったので誤解もありつつ・・・完全に両片想いになってしまいます。

そしてそれぞれの相談相手に蒼太がなるという不思議な展開。

蒼太が言えばすぐにでも分かるようなものなのですけど、蒼太は傍観者に徹しているのがまたみどころ。

二人の事をよく知るからこそなのかな!?と思ったりもします。

ドキドキしますよ~うぅぅぅ分かりやすい二人なのになぜ本人たちには伝わらないの!?って(笑)

みどころ① 絵描きと元絵描き

二人の共通点・・・絵描きということ。

主人公の若葉は元絵描きなのですけども。

紅太(こうた)は本当に絵の才能があって注目される存在。

その絵を描くということでもすれ違っていく二人。

一度すれ違ったらどんどん連鎖するかのようにすれ違って・・・・会わない日も増えていきます。

若葉が距離を置いたというのもあるのですけどね。

そこからまた絵と向き合うようになって進もうとする二人は・・・本当に読んでて応援したくなります。

関係を一度壊して進むのが一番いいのだろうなぁと思いました。

お互い好きだから大切なのは変わらないですしね!

あとは絵と向き合って、絵から伝わる何かで・・・それぞれの気持ちを理解していくのではないかなと思います。

紅太の個展・・・すごく楽しみです。そして若葉の絵も!

みどころ③

ここは後半の展開で♪6巻でたら書こうと思います。

感想まとめ

絵柄もイイし、それぞれのキャラもすごくイイ。

「絵」というキーワードがうまく絡み合っていくお話なので読み応えもあります。

二人の関係は切ないなぁと思いつつ、離れていてもお互い好き同士だからいつくっつくか・・・ワクワクしながら読んでいますヨ。

全6話か7話だと思うのですが・・・早く続きが読みたいです!

エロ度は低めなので、そういうのが苦手な人でも読みやすい作品だと思います。

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

電子書籍

コミックス版

同じようなジャンルのオススメ作品

売れ筋ランキング(Renta!)

10月のオススメBL作品 ベスト5

【1位】秋山くん【新装版】4/のばらあいこ

先輩後輩BL・ワンコ攻/HertZ&CRAFT

完結巻です。秋山くんと柴くんの超ハピエンで終わっているので是非とも読んで欲しい。

読んでてほっこりするし、キュンいっぱいの作品です。

【2位】狼の花嫁 4/りゆま加奈

民族BL/ダリアコミックスe
4巻はアズラクに持っていかれる展開です。ゼスとルーイは離れたままですが、魅せられた4巻でした。

【3位】東京 ─四季─ 上・下/ハル

オムニバス/HertZ&CRAFT

3カプのお話が上下巻で読めます。なかなかシリアスなものからほっこりするお話まであって飽きないお話でした。(ただし好みは分かれるかも!?)

【4位】明日はどっちだ!8巻/山本小鉄子

幼なじみBL/HertZ&CRAFT
これも鉄板ですね。安心してキュンキュンしながら読める作品。

【5位】【新装版】兎オトコ虎オトコ4/本間アキラ

ヤクザ×医師/花丸漫画
抗争に巻き込まれていくのですが、すごくハラハラどきどき。先生と野浪の恋の行方は・・・どうでしょうか。早くラブラブして欲しい。。。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-バラ・単話BL感想
-, , , , , ,