奏真と隼人がキスしていたところを昇に見られた!?そして動き出す2人の関係。2巻収録部分なのでネタバレ注意


今月号のダリア2015年12月号が昨日届きました。もうね・・・なんかツライ。
いつかは立ち向かわなければ、ぶち当たらなければならない壁。
ちょうど1巻の最後の方の予告に載ってたような場面でした。




紙書籍は偶数月に発刊されますが、電子書籍は奇数月に配信されるようです!
ですので今回の12月号は来月に電子書籍で読めるようになると思います(^^)
配信されましたらダリア 雑誌配信一覧で確認出来ると思いますので11月中旬~12月くらいにチェックしてみてくださいね。

ダリア・・・私はひなこさんの作品のためだけに購入しちゃってますがもう少し他作品に読みごたえあると
うれしいなぁと思います。。。やっぱりひなこさんのBlueLustは飛び抜けていい。。。

ではでは感想を。今回もネタバレ含みますのでご注意を。
きっかけは昇への償いだったんだ・・・

昇に奏真とキスしているのを見られたことを知った隼人。
いつの間にこっち側の人間になったんだよと言われますが、少し話すことにします。

そして奏真とは付き合っていないと伝える隼人。

昇は隼人も嫌がっているようには見えなかったと言います。そして隼人も奏真のことを好きなのか?と。

そう問いかけられた隼人は、奏真のことは好きだけれど、この感情は本物なのか自信がないのですよね。
奏真と昇を重ねているところが隼人にはあるので、奏真からの求めに応じることで昇にしてしまった過去のことが
許されるような感覚になるんだと思います。

だからこそ、奏真に対する隼人の気持ちが本当に純粋に「好き」という気持ちなのか
隼人自身もわからなくなっているようです。

答えられねぇの?そもそも男すきじゃなかったもんな
じゃぁ俺はなんだったわけ


そんな昇の言葉にばっと振り向き辛そうにする隼人。

・・・言ってみただけだ悪いと昇は言うのだけど・・・。

昇への・・・償いだったんだ きっかけは
奏真が昇と重なって見えたという隼人。あの時の後悔を繰り返したくないから、昇の味方になってやれなかった分、奏真のそばに、味方になろうと思っているようです。

ふざけんなよ!
その言葉を聞いた昇は激怒。
昇にはその言葉は綺麗事のように聞こえたらしい。それは単に隼人自身が楽になりたいからだろと。

奏真の気持ちを受け入れたようなふりして
裏切ってて満足なのかよ!!

俺が償えって言ったら
キスもセックスも出来るのかよ!?

もうね。。。激怒の昇です。

ブルーラスト ひなこ ダリア2015年12月号 BLメモリー

ひなこさん。。。本当に表情の表現がすごく上手ですよね。言葉もグサリグサリときます。

そんな昇の言葉にはっと気が付く隼人。

昇とは できない
昇と奏真とは違うんだということを思い知らされます。キスも何もかも奏真だからできているのですよね。

昇は自分への罪悪感で奏真の相手をしているのならやめろと言います。そんなのは償いでもなんでもないと。
その言葉を聞き、自分はまた間違えたんだという隼人。

奏真のこと 俺の二の舞にさせるなよ
昇は最初出てきたときは怖いし何かしでかすのかなと思ったけれど、いいやつでした(T T)
本当に奏真のことを心配しているお友達。
これからどう展開していくかわからないし、もしかしたら奏真と昇というのも一旦ありうるかもしれません。
それでも最後は昇は2人を応援してくれるそんな存在になると思います。

2人のことを知っている昇ですし、隼人のことをもっともっと責めればいいのに、
昇は自分が怒鳴ってしまったことも「悪い」と謝れる子なんですよね。

あぁ・・・俺 奏真が愛おしい・・・

隼人は昇から言われたことで、このままじゃダメだ、また繰り返すだけだと思います。
そして奏真に言わなければいけないと。。。

一方、奏真は昇からのメールで、昇も同じ性癖だということを知ります。
昇・・・何でも相談しろよってメールしてる(T T)

学校帰り、奏真の家に行く隼人。奏真はまだ風邪でお休みしてたんですね。
奏真の顔を見ると、どうしようもない気持ちになる隼人。

そんな隼人の塞ぎ込むような感じをみてぎゅっと抱きしめる奏真。

最近・・・たまに元気ないよね
俺じゃ・・・頼りないかな・・・?


隼人はその言葉で思うんですよね。自分のほうがずっと奏真に甘えていたのだと。
奏真が昇と被って見えたのも事実だと思うんです。だからこそ奏真が元気に明るくなっていく姿をみると
隼人自身も気が楽になるというか昇への罪悪感が薄れていってたのもね・・・。

涙ぐむ隼人をさらにぎゅっと抱きしめる奏真。
奏真はまた隼人にキスをします。

風邪なのに・・・ごめん
そんな風に隼人を見つめてくる奏真を見て

あぁ・・・俺・・・奏真が愛おしい・・・・
逆に、全てを素直に話したらもうこんな風に触れられないのかもしれないという不安も出てくるのですが
今度こそ奏真とは向き合いたいからキチンと話をしようと決心する隼人。

昇とのことは抜きで奏真自身のそばにいたいと思ったんでしょうね。だけれどそれは
昇のことをちゃんと奏真に話さないといけないわけで・・・。

汚くてずるい俺で ちゃんと奏真の前に立つ

奏真に全部話した隼人。奏真はかなりショックを受けたようです。
今まで自分と一緒にいてくれたこと、心配してくれたことも全部このことがあったからなんだと・・・。

一人にして欲しいと隼人を帰す奏真。

隼人は、嫌われてしまうかもしれないけどもう逃げないと、ちゃんと本来の自分で奏真の前に立つと決心します。
翌朝、学校に行くと奏真は学校にきていました。

おはよ 隼人
笑顔で挨拶する奏真に凍りつく隼人・・・。

<まとめの感想>
はぁ。。。ツライ展開でしたね。隼人自身が奏真への気持ちは昇とは重ならないと自覚したのは
良かったのですが、なんせ最後の奏真のあの笑顔が怖いです。

感情を殺したような笑顔。いつもの眉毛を下げてクシャっと笑う奏真じゃないんですよね。
隼人も凍りついてましたが私も凍りつきました(笑)

壁作っちゃった感じですね。これから更に隼人のターンになるでしょうがなんとかもがいて
奏真の心を解きほぐしていってあげて欲しい。

それと昇ですね、多分まだまだ出番はあると思います。むしろこのストーリーは昇自身も隼人との過去を
しっかりと昇華しないと話が完結しないと思います。
それが奏真への恋に昇華するのかは今のことをわかりませんが・・・。

今後、奏真の心の拠り所というか相談は昇に移っていくかもしれませんね。
同じ性癖だということを奏真に打ち明けた昇はその役目を買おうと思っているのだと思います。
奏真はまだ昇と隼人の関係を知らないですからね。

この2人の関係を知った時にまたストーリーが一気に動く気がします。
38P・・・読み応えありました。でもでもここで次回なんて(T T)2ヶ月長すぎる・・・。

昇とはできない というところの昇と隼人の中学時代のカットが本当に切なくて、昇にも幸せになって欲しいと
すごく思いました。昇わるい奴じゃないんですよね。本当に。

クールですけど、言うこともきちんと的を得ているし本当はとても友達思いなんだと思います。
だからこれから先、隼人と奏真の背中を押して上げれる存在になってほしいなと。

昇の幸せがもし奏真になっちゃったら・・・ツライなぁ。昇にも幸せになって欲しいからなぁ。
ブルーラスト ひなこ ダリア2015年12月号 BLメモリー

はぁ・・・奏真かわいすぎる゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚

奏真が泣く展開はツライから早く笑顔にしてあげて先生・・・。

今日も長文読んで下さりありがとうございました!ランキングに参加しています。
応援してくださると励みになります♫
BLマンガ 感想


Blue Lust【おまけ漫画付きRenta!限定版】
1巻です。私がダリアを購入するようになったきっかけの1冊。
本当にこれはおすすめです。せつないですが・・・
この1巻の続きはダリア 2015年10月号で読めます。

ブルーラスト1巻の感想はこちら
1巻の続き:ダリア2015年10月号の感想はこちら

1巻の帯・・・「傷つけながら それでもまた 求めてしまう―」って今の段階でこれ読んだらさらに切なくなった・・・。
もちろん求めるのは隼人ですよね??????
絵柄もさる事ながら本当にクオリティ的にもすごいと思う1冊ですね。電子で読んだけど、完結したらまとめて紙書籍で買ってコレクションにします。



関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ
 タグ
None